新 ゆるすぎ日記 姫路文学館 「中原淳一展」に行ってきた

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

姫路文学館 「中原淳一展」に行ってきた

ポスター
文学館(この建物は司馬遼太郎さんの展示コーナーがあります)
こちら側の棟に会場がありますよ☆人間サイズのパネルも素敵(*´ω`*)
中原淳一さんのスタイル画はどれも上品で美しいです
会場の外の塗り絵コーナーで配布されていた塗り絵
お土産に買った絵葉書(大好きなシルエット絵本の絵葉書が!)
私の好きな中原淳一さんの言葉の絵葉書
私に中原淳一さんを教えてくれた田辺聖子さんの女学生時代についての本
   

   どうもです(∩・∀・)∩キャー
最近、夜間の冷え込みが厳しくて、ようやく両親がガスストーブを引っ張り出して台所に設置してました(;´∀`)
  ガスストーブをつけますと、犬たち大喜びです(*´ω`*)
特に寒さに弱いチワワの梅ちゃんは小躍りしてますよ~(*´▽`*)
先日、妹2号の誕生日でしたので、ちっちゃな子犬の文様のハンカチとお祝いのカードを贈りましたよ(*´ω`*)
ハンカチですが、馬関連のが無くて残念でした(´・ω・`)
  カードは、乗馬教室に通い馬が大好きな妹2号にと、北欧風の赤い馬の立体カードにハンカチの子犬の文様に合わせて、犬のイラストのフレークシールをあしらいましたよ~(*´艸`*)ウフ
  気難しい一面のある妹2号ですが、ハンカチとカードを気に入ったらしく、ハンカチを洗濯カゴに入れたり、カードが飾れると気付くと、妹1号に見せびらかして(`・∀・´)エッヘン!!としてました(;´∀`)
  次は、妹1号の誕生日なんで、別の文様のハンカチにしたいと思います(*´ω`*)   
    
   さて、先日のことになりますが、姫路文学館にて、昭和初期から半ばに一世を風靡したイラストレーターの中原淳一さんの企画展を見に行きました(`・ω・´)ゝ
  文学館がリニューアルされてから、まだ1度も行ってなかったので、大きく変わった常設展示のコーナーなど見れて良かったです(^ω^)
 常設展示コーナーは、明るくサックリした感じに変わり、展示されている作家たちの本を手に取ってソファに腰掛けて読めるコーナーもありました!
  中原淳一さんの企画展ですが、姫路出身のデザイナーの高田賢三さんの言葉が壁にあったりしました(*´ω`*)
   全体的にちょっと作品数少なめかな……(´・ω・`)?と思いましたが、病魔に倒れるまで精力的にたくさん仕事をされた方なんであまりに集め過ぎると収拾つかなくなるし、展示物がだいぶ傷んできているから仕方ないのかも(;´∀`)
    私と中原淳一さんの出会いは、小学生の時に図書室で借りてきたポプラ社から出ていた様々な分野の著名人の自伝シリーズの中の作家の田辺聖子さんの「欲しがりません勝つまでは」のなかで、当時、女学生だった田辺聖子さんが夢中だった女学生向けの雑誌や吉屋信子さんの「花物語」という少女同士のほのかな恋愛や友情を描いた小説に中原淳一さんが携わってらしたことから、存在を知ったのです(*´艸`*)ウフ
  中原さんには元タカラジェンヌの奥さんがいたので、宝塚歌劇団のお土産売り場で販売されている匂い袋のパッケージの原画がありましたから、キャ─(´∩ω∩`)─♡となりました(*´ω`*)
   中原淳一さんの息子さんたちによる思い出話を読んだことがありますが、夫や父としてあまり……という息子さんも居て複雑な気分になったなぁ……(*'へ'*) ンー
  物資不足な時代でも、工夫1つで暮らしやオシャレを素敵にする運動をされていたのは素晴らしいです(*´艸`*)ウフ
   
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL