新 ゆるすぎ日記 セザンヌのチークスティックとBBクリームとアイライナーN

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

セザンヌのチークスティックとBBクリームとアイライナーN

夏ごろ発売されたセザンヌのチークスティック
こんな感じ
セザンヌのBBクリーム
パッケージ裏側
今まで使ったBBクリームでもテクスチャが柔らかい部類に入り、よく伸びます
セザンヌのアイライナー(フェルト筆ペンタイプ)
KOSEのクリアーターン ピュアマスク ベイビッシュ ホワイトマスク(7枚入)
 
どうもです(*´ω`*)
映画「ジョンQ  最後の決断 」を観ました!
実は、昔、ちょっとだけ見たことがあるんですが、ストーリーをあらかた忘れてしまったんで、見返した作品なのです( ̄▽ ̄;)
この作品は、日本とは医療保険制度が大きく違う、盲腸の手術でも下手をするとかなりの大金がかかるとか救急車呼ぶと数万円かかるなど、ちょっとした治療でも、ある程度の収入があり、保険会社の保障の大きいプランに加入しないと十分な治療が受けれないというアメリカの医療保険制度に翻弄される とある家族の物語で、作中でも説明っぽいシーンはありますが、よく観て貰いたいので、もしこの作品を観る方は、その前にマイケルムーア監督の体当たりドキュメンタリー映画「シッコ」を観てから観るとより一層、話がわかりやすいのでオススメです(´・ω・`)   アメリカの医療ドラマ「ER」でも良いので、よろしくですm(_ _)m
  アメリカの鉄工所に勤めるベテランの工員の主人公ジョンQには、ちょっと生活に疲れ気味の愛する奥さんと少年野球チームに入っている筋肉隆々な身体に憧れる息子と慎ましくも幸せな生活をしているんですが、不景気から勤め先の鉄工所での勤務時間を減らされたりして、パート社員となり収入が減ってしまっているのが、気がかりで、ジョンQはバイト先を探したりしています(´;ω;`)
   ある日、少年野球チームの試合に出て、ボールをかっ飛ばした息子が走り出したところ、胸を押さえて倒れてしまいます((((;゚Д゚)))))))
  病院に運び込まれて、検査など受けたところ、息子は心臓移植が必要な身体と判明……
医院長からはお金の話をされますが、慎ましく暮らす庶民には無理ゲーというか、ベリーハードモードなことばかりでして(´・ω・`)
  心臓移植の移植のためのリストに名前を載せるだけでも、保証金が7万ドルはかかり、運良く移植出来たとしても移植した後に必要な免疫抑制剤の投与などの術後ケアまで含むと24万ドルは最低でもかかると院長に言われますが、息子を助けたい一心で、 なんとか、家のテレビからちょっとした家財道具までを安値でも売り払ったり、  地域の人々からのカンパなどで、苦労して移植リストに載せるための保証金を捻出しようと頑張ります!
 ある親切な女医さんからの勧めで、公的援助も受けようと色々と調べますが、長い列に何時間も並ぶのをしたり、話を聞きに行っても、様々なセーフティネットにジョンQ家族は引っかからないんですね……(´;ω;`)
  リストには載せることが出来ても到底、移植してその後のケアまでどうせ出来まいと踏んだ病院から、日々、少しずつ弱りだしている息子に退院しなさいと言われてしまい、付き添いのジョンQの奥さんは、もういっぱいいっぱいになり、病院から自宅のジョンQへね「何とかして!」の悲痛な電話を掛けてきたことで、同じくいっぱいいっぱいになったジョンQは病院に向かうんですが……
  追い詰められたジョンQは、銃を使って名医と評判のベテランなお医者さんを人質にとり、ほかの医師や看護師、順番待ちの患者や付き添いの家族がいる病院の緊急救命室を占拠するんです!
プラチナブロンドにハイヒールがトレードマークのセクシーな職業らしきお姉さんとヒモみたいな男のカップルがいるんです、この2人の関係がジョンQに人質に取られたことで大きく変化するシーンが爆笑しちゃいました(;´∀`)
  途中、緊急処置の必要な銃で撃たれた重症患者を死んでしまうから受け入れや手術をジョンQは許したり、人質の妊婦さんや付き添いの旦那さん、耳の病気の赤ん坊を連れた英語がらあまり話せるないヒスパニック系のお母さんなどは早い段階で、人質の医師や看護師にジョンQは処置させたり診察させてた上で、外に開放するんですね(*´ω`*)
開放された人質は口々に集まったマスコミに「彼は優しい人!」   と言い、マスコミ陣の中に、ジョンQと御近所さんが何かしら力になって貰えないかと頼んだ地域局のアナウンサーが居て、特ダネ目的で取材クルーは不正にアクセスした緊急救命室の映像にさや音声を生中継で放送しだしたことから、排気口から侵入したジョンQの背後に忍び寄る狙撃手が居る!とジョンQに同情する人質の人が知らせたことでアッサリとバレてしまい、狙撃手は逆にジョンQが捕まえてしまいます(;´∀`)
   捕まえて大人しくさせるために数発殴ってダクトテープで拘束した狙撃手を外に出しながら、ジョンQと交渉人のベテラン刑事は話しをしますが、なかなかの平行線で、周囲の野次馬たちはジョンQをヒーロー扱いして、息子に救いを願います(*´ω`*)
   ついに、ベテラン刑事との話し合いで、ジョンQは自分の心臓を息子に移植させようと息子を救命室に運ばせるんですが、救命室の人質の医師や患者から倫理に反する!  といさめられますが、ジョンQの真摯さに心を打たれたり、この国の医療制度や社会問題から思うことのあったベテランの医師が手術を決意し、他の医師や看護師に手術の準備を用意させて、その様子をみていた人質が輸血ための献血しようとしたり……
ジョンQと病室から運ばれてきた息子や人質たちはどうなるのでしょう!ーというストーリーでして、主な舞台は病院の中にある緊急救命室なんですが、様々なアメリカの社会問題を描く良い作品です(*´ω`*)
  ちょいちょい合間にコメディなシーンもあって、(*^艸^)クスクスwなりました!
  ご都合主義な内容かも知れませんが、人間の良い部分がまだまだ捨てたもんではないと良いなぁ~となりまするキャ─(´∩ω∩`)─♡


   
  さて、今日は、少し前に買った化粧品についてです(`・ω・´)ゝ
プチプラのセザンヌのスティックチークとBBクリームを買いました(*´ω`*)
スティックチークは、9月に発売されたところですが、今のところ、画像にあるチーク1色だけだそうです
  10年くらい前にこういうプチプラでピンク系やオレンジ系など数色展開していたマットな質感のスティックチークを愛用してたんですが、いつの間にか見かけなくなり、パウダリーチークに戻してたなあ……と思い出しました
あのスティックチークまた使いたいなあ(´;ω;`)
 昔、使ってたスティックチークに比べたら、高反射オイル配合のせいかちょっとペタペタした柔らかめの質感ですね(;´∀`)
 それと、すごく細かいパールが入ってまして、頬にポンポンすると、ツヤツヤというか脂性肌や混合肌にはテカリ安いので、かるくティッシュで押さえてフェイスパウダーしたりする方がいいかもです(;^ω^)
 しっかり目にメイクする時は、かるくこのチークをポンポンしてかるくティッシュで押さえて、パウダリーチークをティッシュオフしてブラシで伸ばしたりする下地としても使ってますよ
BBクリームは、全体的に夏場は脂性肌よりの混合肌で大の汗っかきの汗ダルマな私がつけますと、あっという間に流れ溶け落ちるんで、気温がかなり落ち着いてから、使ってます
  セザンヌのはプチプラだし、テクスチャーがかるくて、他のプチプラのBBクリームに比べたら伸びやすい部類に入るから、不器用な私でも塗りやすいですね(;´∀`)
塗り方はネットで有名なメイクアップアーティストさんがされてる「男塗り」というチマチマ塗らない、ちょっとダイナミックな塗り方を参考にすると簡単だし綺麗に肌に付きます!
  薄くBBクリーム塗ると、その日のスケジュールやら目的に応じてセザンヌの薄づきのファンデをブラシで乗せるか、DHCの薬用美白パウダリーファンデをつけたりしてますよ(*´ω`*)
BBクリーム単品だと、クレンジング不要らしいのですが、ファンデをちょっと重ねてるから、ちゃんとクレンジングしてます(´・ω・`)
 アイライナーですが、汗っかきの脂性肌には、ちょっと落ちやすいんで弱ってます(;´∀`)
ペンシルタイプよりかは、幾らかマシなんですが……(*'へ'*) ンー
 フェルト状の筆ペンみたいな筆先でコシや硬さがある程度あるから書きやすいんだけども、落ちやすいのは弱りました(´;ω;`)
  ラストはKOSEのプチプラなシートマスクです(`・ω・´)ゝ
  7枚入りで300円くらいですね(*´ω`*)
感想は普通かなと(;^ω^)
   
   
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL