新 ゆるすぎ日記 通販で買った球根☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

通販で買った球根☆

通販会社で買い物した際に同封されていたチラシ   私は色んな色のアネモネの球根を注文しました
父が注文したのは、真ん中のアルストロメリア
届いたアネモネの球根
  
どうもです(*・ε・*)
キンモクセイの香りが何処からともなく漂ってきて、犬とかブタみたいにフガフガと鼻をいわせてキンモクセイの香りを胸いっぱいに吸い込んで・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・とする季節が、やってきました!
  中国のキンモクセイを漬けこんだ白ワインのリキュールの桂花陳酒を飲みたくなります(*´ω`*)
映画「ミス ポター」を観ましたよ~(*´ω`*)
アメリカ人女優さんが「ピーターラビット シリーズ」の作者であるイギリス人作家のビアトリクス・ポターを演じています( *´艸`)
  ビクトリア朝のイギリスでは、貴族や裕福な家庭の娘は、外出もお目付け役のシャペロンの女性が傍に控えて居なきゃいけないし、別の階級の友人を邸に招くのも親がいい顔をしなかったり、働くなんてもってのほか(これは貴族や裕福な家庭の男性もなんですが……)とギュウギュウに抑圧された暮らしをしていました(´・ω・`)
このような窮屈な慣習の裕福な家庭に産まれたビアトリクス・ポターは、子供の時から、自分でおとぎ話を作って家族に聞かせたり自然を眺めたり、散策したり、触れたりしつつスケッチするのも大好きな少女でした(*´ω`*)
 そんなビアトリクスのおとぎ話の創作や絵を描く才能を認めて、彼女を愛してやまない穏やかな法律家のお父さんと「そんなポンチ絵!」という感じでビアトリクスの才能を認めようとしない過干渉なお母さん、仲良しの弟、そしておとぎ話をよく話してくれる子供付きのナニー(子供たちの世話や養育する役目の使用人)に囲まれて成長します
  時は流れて、数々のお見合い話も断り、アラサー女子のビアトリクスは、かねてから、構想していた絵本の出版を!といろんな出版社に原稿を持ち込んでいたんですが、なかなか色良い返事は貰えてきませんでしたが、ある日、兄弟で経営している出版社にて絵本の出版をしてもらえることになり……というストーリーで、自分の創作した物語のキャラクターたちにビアトリクスはちょいちょい語りかけるんですが、あくまで空想なんで、その様子をみた人やその話をしますとぎょっとされたりするんですね(;´∀`)
 その空想に出てくるキャラクターたちはアニメーションになって出てくるから、ピーターラビットシリーズファンの私はニコニコして頬が緩みっぱなしです(*´ω`*)
  私の好きな「二匹の悪いねずみ」が幼い時のビアトリクスがナニーと弟の前で、ドールハウスの中にペットのハツカネズミをそっと入れてお話を語るシーンがキャ─(´∩ω∩`)─♡となりました!
孤独なオールドミスとして暮らしていたビアトリクスですが、自分の作品の担当編集になった出版社の社長の末の弟とのロマンスや出版社の社長の妹と友達になって友情を育んだり、悲喜こもごもあるけども作品を出版することで、世界が広がっていくのも素敵でした(*´ω`*)
  オールドミスで両親と同居、母親が過干渉で反りが合わないとビアトリクスと共通点あるので、私も身の振り方をちょっと考えましたね……(*'へ'*) ンー
   
  
  さて、先日、ようやく通販で買ったアネモネの球根が芽吹きやすいように水分吸わせたりする仮り植えを2日ほどして、週末に父と花壇に球根を植えました(*´ω`*)
   爪のあいだに土が入り込まないように父の毛染め用に置いてるゴム手袋をして、仮植えしていた球根を掘り出して、庭仕事しだしたとたんに、ピンポイントで雨が降り出しましたが、これ以上植えるのが遅くなると水分を吸わせた球根が傷んでダメになりますなら、父が大急ぎで花壇の土をほぐして、肥料を混ぜこみアネモネとアルストロメリアの球根を植えだしました
 アネモネの球根には天地がちゃんとありまして、箱に入ってた説明書を元に植えますので、なかなかたくさん小さな球根があると大変( ̄▽ ̄;)
 私は大きい傘を玄関先から持ってきて、父に傘をさしかけて雨に濡れないようにしてました(;´∀`)
   私の買ったアネモネの球根は乾燥させた大豆サイズの小さなものがワリとあって、ちゃんと花が咲くのかしらとちょっと心配ですし、父のアルストロメリアの球根もなんだか古代エジプト展に展示されてるハツカネズミの赤ん坊のミイラ(架空のミイラです(;´∀`)ネコやワニのミイラはありますが、ネズミのミイラは作ってなかったみたいです)ですとウソのキャプションつけてもだれしもφ(゚Д゚ )フムフム…となるような姿で、心配……(*'へ'*) ンー
  でも、春先が楽しみでなりません(´∀`*)ウフフ
咲いたら記事に載せれたらいいなあと思います(*´ω`*)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL