新 ゆるすぎ日記 ぶきっちょが百円ショップのヘアアレンジ用品を使ってみたよ☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ぶきっちょが百円ショップのヘアアレンジ用品を使ってみたよ☆

百円ショップで見つけた前髪を形づくるマジックテープ式のヘアアクセサリー
小さいお団子作るタメのヘアアクセサリー
ポンパドールな前髪を作れるヘアアクセサリー
買ってアレだったヘアクリップ
  
どうもです(´・ε・`)
映画「戦場のピアニスト」を観ました(´・ω・`)
今回はネタバレします(;´∀`)
ポーランドのワルシャワに暮らすあるユダヤ人家族の長男はピアニストとして知られている人物で、両親や姉や弟たちと幸せに暮らしてましたが、ナチスドイツからの圧力がだんだんと強まり、ユダヤ人ばかりを狭い地区(ゲットー)に強制移住させて押し込め たりしだします
 ゲットーで暮らすユダヤ人たちは所持するお金に制限があったりすることから、飢えや恐怖に悩まされだします(´;ω;`)
  そのうち、ユダヤ人のなかにナチスドイツの手先となり同胞を取り締まる人達も出始め、主人公の青年はそういう恵まれてる人達の入れるレストランでピアノの生演奏をする仕事にありつきますが、稼いだお金は右から左に毎日の食費に消えていくんですね……
血気盛んな弟は、ナチスドイツに擦り寄る寄生虫なユダヤ人がのらくら飲み食いするレストランでピアニストとして働く主人公を非難したり、反発する描写があるんですが、どちらの立場も分かるから複雑な気分になり(*'へ'*) ンーとなりまする
   ある日、ゲットーに押し込められたユダヤ人たちに数回目の強制的に移動させる命令がナチスドイツから発令され、主人公の家族も移動するための貨物列車を待っていました
 貨物列車にいざ乗ろうとした時に、たまたま主人公の知人で、ナチスドイツの手先になっている人が、主人公を列から引っ張り出して、主人公は家族と離れ離れになってしまいます(´・ω・`)
  実は、家族やその他の人達が乗せられた貨物列車というのは、ユダヤ人を絶滅させるための強制収容所行きの地獄ゆきの列車だったんですね……(´;ω;`)
 家族と離れ離れになり、独りぼっちな上に、ピアニストとして働けない時代だし、主人公は周りのユダヤ人たちの手助けで、肉体労働をはじめますが、ピアニスト上がりの主人公はヘマしてばかりだし、体力もないから、あまり体力を使わない部署にまわされますが、あまりに辛い毎日に友人の手助けで、ゲットーの仕事場から脱出して、ポーランド人やドイツ人が住む娑婆にでます
  友人知人の支援で、匿われてましたが、ある日、隣人に気づかれてしまい、隠れ住んでいた部屋から逃げ出して、緊急時用に渡されてたメモを頼りに、あるおうちを訪ねて、また隠れ住むのです
  連合軍とナチスドイツの交戦で、隠れ住んでる部屋のある地域も危険な状態になりますが、主人公が隠れ住む部屋は、支援者の友人知人が外から鍵を掛けてたので、逃げ出せない!というピンチになりますが、砲弾が部屋の壁に穴をあけて、そこからなんとか逃げ出していきます
  そんなこんなで、助かったけど、空腹を抱えて誰も居なくなった病院で、食べ物を求めて家探ししてると、ある缶詰めを見つけて、なんとかそのへんの物で開けようと奮闘してますと、ナチスドイツの将校が彼を見つけます
  彼の職業を聞いて、ピアノを弾かせたドイツ人将校は、主人公に食べ物を与えたりしますが、戦局の悪化からその地域から撤退することになり、また隠れている主人公にしばらく隠れ住むことの出来るように主人公が後生大事に抱えていた缶詰めを開けるための缶切りと一緒に食料を差し入れにきて自分のコートを着せて、別れを告げます(´・ω・`)
    ドタバタがあったものの、主人公は無事に終戦を迎えて、国内が平和になり落ち着くと、ピアニストとしてオーケストラと共演したりするのでした……
  一方、主人公に食料を差し入れしたり、コートを着せたりしていたドイツ人将校は、強制収容所から開放された主人公のことを知る人物に、助命してくれるように言伝を頼むんですが、主人公に将校は名乗ってませんでしたし、主人公を知る人物にもソ連の兵士にさえぎられて名乗れず、のちにソ連軍によるナチスドイツ軍の収容所で亡くなったとテロップが流れます(´;ω;`)
   ネタバレしましたが、主人公に親切だったドイツ人将校は実際には、普段から虐げられているポーランド人などを危険を冒して色々と助けたりする人物で人々から尊敬されており、ソ連軍の収容所に入れられた際にも、彼の身柄を開放して欲しいと人々から嘆願されていたそうで、映画みたいに助命を主人公に求めてはいないみたいですね……(*'へ'*) ンー 
生きるために敵にへつらい、 同胞を取り締まる生き方を選ぶ人とか、差別されるユダヤ人を支援する人、ただ痛めつけられるだけではなくて、ゲットーで武装蜂起する人、戦局が悪化してるのに、絶滅させる計画があるユダヤ人に食料など差し入れする敵の人と色々な人間の良い面や邪悪な面が描かれていて、考えさせられましたね……(´・ω・`)
   あと、贅沢はできないけど、家族で軽口めいたユダヤジョーク飛ばしながら、和やかに暮らす様子がすごくなごみました
   
  さて、髪の毛カットする前に、セミロングの長さの髪の毛でしたので百円ショップのセリアさんで見つけたヘアアレンジをするアクセサリーを買って試してみたんですが、私の髪の毛がやや太くてしっかりした剛毛だからか、前髪用のアクセサリーは思うように使えず、お団子作るアクセサリーは、イマイチ、髪の毛の長さなどが足りずで、お団子作れないし、前髪を盛るアクセサリーもよく使えなくて凹みました(´;ω;`)
  品物に原因があるとかいうわけではなくて、私の髪質や長さに加えて、手先が不器用だか上手く使えなかったと思います(´・ω・`)
  ただ、画像の1番最後のヘアクリップは、サビが浮いてるし、接着剤の跡がはみ出しまくりなどひどい造形で、商品の品質が昔と比べ物にならないくらい向上した百円ショップの商品なのに、久々にアカン感じのものに遭遇して驚きましたね(;^ω^)
   あんまりあれこれ悪く言うのを避ける私なんですが、このヘアクリップは本当にひどいなぁ~と思いました(´・ω・`)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL