新 ゆるすぎ日記 旅の小さなヒント☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

旅の小さなヒント☆

百円ショップのセリアさんで見つけた化粧品の小分けセット(スパチュラとスポイト付き)
ビジネスホテルに滞在する際に詰め替えたところ(ボトルの1つは食器洗剤、もう一つは洗顔フォーム)
同じくセリアさんで見つけたコンタクトレンズのケース(BBクリームや皮膚科のローションを入れて使いました)
外せないドイツの入浴剤メーカークナイプのバスザルツシリーズ
ダイソーさんの旅行用コンタクトレンズの保存液とケース
一泊二日分の使い切り基礎化粧品セット
筋肉のこわばりや肩こり腰痛を精油でほぐすお気に入りのクナイプのバスザルツ
百円くらいで買える使い切りの顔用パック(ビタミンのマスクが皮脂のテカリを鈍らせてくれたりしてお気に入り)

どうもです( ゚∀゚)
この一週間ほど、かなり体調弱ってまして、友達からの連絡に返信できなかったりしましたが、なんとかヨチヨチヨロヨロと歩くように連絡返していたりします(;´∀`)
映画「グッバイ レーニン!」を観ました(*´ω`*)
東西ドイツがまだ存在していた頃、社会主義の東ドイツのある家庭では、医師の父親は、家を出て西ドイツの女性の元に走りっていってしまいます(´・ω・`)
   2人の子供を抱えて東ドイツに残された奥さんは、一時期、ショックで心を病み入院したりしますが、回復してからは、熱心な社会主義者として、ピオネールに所属する子供の世話や様々な人の陳情書を書く手助けしたりする社会奉仕に身を捧げます
  月日は流れ、子供達は大人になります    
 ある日、お母さんは、長年の功績から政府の建国40年の式典に招待されて会場に向かう途中で、息子が政府を非難する平和的なデモに参加していて警察に暴力的に連行されているのを見てしまい、心臓発作で倒れてしまいます(´・ω・`)
  周りにデモ隊を警棒でボコボコにしながら捕まえて連れていくとか、道路を塞ぐために並んでる軍隊は居ますが、倒れたお母さんをたすけようとする人が現れず、救命処置が遅くて、以来、長くお母さんは昏睡状態に陥りますが、ある日奇跡的に覚醒します!
 しかし、お母さんが昏睡状態になっている間に、東ドイツをめぐる社会情勢や市民の暮らしぶりは大きく変化を迎えてだし、ベルリンの壁が崩壊して、東西ドイツの融合となります
 お母さんの記憶障害があったりする上に、心臓の状態は意識が回復したものの悪いままなんで、医師から一ヶ月くらいしか身体がもたないことやショックを受けるとまた心臓発作を起こす恐れがあると告げられ、青年はお母さんが昏睡状態だった間に起きた大きすぎる社会変化が、お母さんの精神や肉体的なショックで命に関わる!と、ベルリンの壁の崩壊や東西ドイツの融合は無かった、東ドイツのままだと、お母さんに思い込ませるために、青年は、お母さんの前に居る間は、リサイクルショップで買ってきた東ドイツ時代のレトロで大人しいデザインの服を着たり、自宅に帰ってきた寝たきり生活のお母さんのための小部屋を昔の東ドイツ風に古道具屋さんなどで家具やら雑貨やらを揃えたり、映画監督を夢見る職場の相棒が東ドイツ時代の番組のテープを取り寄せてダビングや編集したり、相棒が変装して番組のレポーターやアナウンサーになり、嘘の東ドイツニュースをビデオ作成してお母さんに見せたり、製造中止になった東ドイツ時代の食べ物に似たものを昔の瓶やラベルを使い、偽装したりします(;´∀`)
  イマイチ協力を渋るお姉さんやお母さんが入院していた病院に勤務するロシアから来た看護婦さん(青年の恋人になります)東西ドイツの融合から青年が就職した新しい職場で出会った映画監督を夢見る青年の相棒、お母さんの古い友達や元同僚たちに頼み込んで、まだ東ドイツのままだと本当に細やかに様々な工夫を凝らして、奮闘するんですが……(´;ω;`)ウゥゥ
  時間の流れを誰にもせき止められないように、時代の変化の流れが青年たちの奮闘もむなしく、お母さんの病室として使っている自宅の小部屋にも流れ込みだします
 後半、お母さんの薄れていた記憶が蘇り、驚きの事実が語られます!
実は、お父さんは家族を捨てて西ドイツに居る女性の元に走ったとお母さんから言い聞かせられてた青年とお姉さんですが、実はお父さんは家族で西ドイツに移住して暮らすために先に東ドイツから脱出して、ながくお母さんと子供たちがやって来るのを待っていたり、手紙を出してきてたんですが、東ドイツから合法的に出国するためにビザを申請しても何年もかかるなどから、お母さんは出国を諦めてしまい、子供達にお父さんが家出したと言ってたんですね(´・ω・`)
   色々あって、いつも東ドイツ時代のニュースとかのビデオを編集したりしてくれる映画監督を夢見る相棒に頼んで、お母さんがショックを受けすぎない感じにソフトにわかりやすく編集したニュース映像などを繋げたりして、お母さんが昏睡状態だった間に起こった変化を作って貰い、親子で観るのでした……
  家庭内の家族間の心の壁や、東ドイツと西ドイツの人の心の壁が取り払われて行く描写も丁寧に、そしてユーモラスに描かれていて素敵な作品でした(*´ω`*)
  
    さて、心身の休養を求めてビジネスホテルに月1くらいのペースで1泊してるんですが、必ず旅行カバン代わりのマザーバッグに画像にあるチマチマしたグッズを入れていってますよ~(*´ω`*)
  皮膚科のローションを塗ったり、BBクリームを化粧下地にして、その上にリキッドファンデ使うかパウダリーファンデを使ってますが、皮膚科のローションや化粧品のボトルやらケースごと入れて行くのは荷物になりますので、百円ショップの旅行用の化粧品詰め替えセットやコンタクトレンズのケースにちょっと入れて持っていってます(*´▽`*)
  人によると、耳掃除の綿棒に旅行中に使う分のアイシャドーをつけて、小分け袋に入れて旅行に持っていくテクニックを使うとかΣ(;´Д`)
  入浴剤は必ず持って行くんですが、ドイツのクナイプのバスザルツを愛用してまして、時にお気に入りなのは、ワコルダー&ウィンターグリーンの筋肉をほぐすハーブの精油が入ったのが好きですね(*´ω`*)
薬とはまた違うのですが、腰痛や背中でヨタヨタしながらビジネスホテルに滞在しまして、その時に使いましたらなんだか痛みがちょっとやわらいだから、( ³ω³)ファッ!となりましたね(;´∀`)
宿泊した晩と朝風呂用に2包持っていってますよ
  あと、使い切りの基礎化粧品やコンタクトレンズのケアセットも重宝します!  
  あと、寝る前と翌日シャワーして身繕いする時用にする一枚ずつ使い切りタイプの顔用パックも大事です(`・ω・´)キリッ
あと、画像を撮り忘れたんですが、外せないものの1つが、使い慣れたシャンプー&コンディショナーの使い切りセットですね
私はホテルに備え付けのリンスインシャンプーとか使うと、猛烈に頭がかゆくなるんです(´;ω;`)
  あと、頭皮には合うけど香りが(´;ω;`)ウッ…となるものもありますから弱ります(´・ε・`)
  それと、切手と滞在先で買った絵葉書やレターセットで家族や友達に手紙を書くのもオススメです(o´罒`o)
  近年は、リーズナブルなビジネスホテルにはホテルの名前が印刷レターセットされたが余り置かれないらしいので、手紙魔の私は文具や切手をアドレス欄のあるスケジュール帳に挟み込んでますよ(*´艸`*)
 
 ーとベタな話しか書いてませんが、もし、旅行の荷造りのコツや持っていくと捗るグッズがありましたら、教えてください(*´ω`*)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL