新 ゆるすぎ日記 森鴎外の妹  小金井喜美子さんの鷗外の思い出

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

森鴎外の妹  小金井喜美子さんの鷗外の思い出

森鴎外の妹の小金井喜美子さんによる森鴎外との思い出をまとめた本
   
どうもです(´-ω-`)
映画「シリアルママ」を観ました(*´ω`*)
アメリカの郊外にある閑静な住宅街に暮らす穏やかな夫と思春期の子供を持つ一家のお母さんは、すごい良妻賢母なんですが、刑務所に居る殺人犯にファンレター送ったり、様々なマナーやルールを守らないダメなやつを容赦なく殺傷する制裁を加えるというサイコパスだったというブラックユーモア全開の映画です(;´∀`)
ちょっと悪趣味なんで万人受けは難しいけども、私は割りと好きな作品ですね(´-∀-`)
  作品の冒頭に、実話物によくある「この物語は~」  とテロップが出ますが、完全なフィクションだそうですが、病めるアメリカにはこういうお母さんが数人は居そう……(;´∀`)と思わせるものがあります(´・ω・`)
  さて、今日は森鴎外の実妹の小金井喜美子さんによる森鴎外との思い出話をまとめた本を紹介します(*´ω`*)
   小金井喜美子さんですが、SF作家の星新一さんのおばあ様にあたる方でもあります!
  やっぱり、優れた人たちがたくさん出現する家系というのは、環境やら遺伝的なものがあるのかな……とボンヤリ(;´∀`)
   歳が離れた兄の鴎外と喜美子さんは、大人になってからも仲良しで、文学的な話をよくしたりしていたそうです(*´ω`*)
   みずみずしい喜美子さんの感性で、お金はないけどほのぼのとした兄の鴎外やその他の家族との日常が書かれていて、ホンワカと和みますよ(´∀`*)ウフ
  一番好きなエピソードは、山口県から鴎外の将来の立身出世のために一家総出で上京してくるんですが、引越ししたばかりなのと、荷物を極力少なくするために新居にお雛様がないから水墨画など、絵を描くこともしていた鴎外に立雛の絵を描いてもらい、絵を針で壁に留めて、炒り豆を炒りささやかなひな祭りをするエピソードです(*´ω`*)
  森鴎外の作品は、個人的にはあんまり楽しくないけども、彼のキャラクターやエピソード、一族の人たちがユニークなので、とても興味深い人です(*´ω`*)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL