新 ゆるすぎ日記 夏のレターセットとグリーティングカード☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

夏のレターセットとグリーティングカード☆

100円ショップのセリアの夏のレターセット
セリアのレターセット
100円ショップのダイソーのレターセット
文具店で見つけた団扇のグリーティングカード
100円ショップのキャンドゥの団扇のグリーティングカード
文具店の水族館のグリーティングカード
どうもです(´ー`)
映画「アルゴ」を観ました!
数十年前の緊張関係に陥ったイランとアメリカが舞台の映画です
イランとアメリカの関係が悪化した影響で、イランにあるアメリカ大使館にデモ隊が暴徒と化してなだれ込み、職員たちは捕らえられたりしてしまいますΣ(゜ω゜)
なんとか数人が大使館を脱出して、カナダ大使館に密かに逃げ込んだりします(´・ω・`)
 事件を受けてアメリカのCIAは密かに、カナダ大使館に潜む職員を救出すべく、何でもありのハリウッドからSF映画の撮影をしにイランにやってきたという名目で、エージェントたちをイラクに入国させて、カナダ大使館に潜む職員を映画のスタッフに化けさせて帰国させる手引きをするという前代未聞の計画を打ち出します(;´∀`)
 題名の「アルゴ」というのは、ハリウッドの本物の脚本家が書いたSF映画の題名だったりします(⊙︿⊙✿)
確かに、神話ばりの大冒険だし、「金の羊毛」を求めるだし「アルゴ」はぴったりなタイトルかも(´∀`*)ウフ
シリアスで緊迫した作品なんですが、CIAの職員と雇われたハリウッド映画界に詳しい業界人が、脚本の権利を高値でふっかける脚本家から映画化する権利を買い取るシーンが(((゚艸゚))クスクスきました
作中のキャラクターが語る、脚本のト書には、舞台がイスラム圏をイメージした惑星とあるそうですが、イスラム圏というより、ちょっと映画の「フラッシュゴードン」ぽいデタラメなキャラクターデザインになってます(;´∀`)
イランに出入国するには、現地にて身元調査や現地で何をしているかのチェックがあるから、映画の撮影プランも見せかけではなくて、ハリウッド映画界に詳しい人物や有名な特殊メイクなどの技術スタッフをプロジェクトに招聘して、映画の制作発表のパーティ開いたりとまるで本当に映画を制作するみたいに行う様子が、ハリウッド映画界の映画制作などの内部をうかがえて、面白かったです(´∀`*)ウフフ
  この作品みてますと、ティムバートン監督が敬愛する映画監督の半生を描いた伝記映画「エドウッド」というハリウッド映画界の史上最も才能がない映画監督のエドウッドをなんかおもいだしちゃいます(;´∀`)
  さて、ちょっと前になりますが、家族が、ちょっと遠くにあるセリアに連れていってくれまして、Instagramなどネットで見て欲しくなっていた夏向けのデザインの封筒や便箋が買えて、ニコニコでしたよ・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・
夏向けの封筒と便箋には、淡いピンク地にソフトクリームを散りばめたデザインのものなどもあったんですが、可愛らし過ぎて、私が使うには似合わないので買いませんでした(;´∀`)
  市販のレターセットは、結構高い割に便箋の枚数が、手紙好きにはちょっと少ないので、100円ショップで、安くてステキなデザインのレターセット買えるのはとても有り難いです(´∀`*)ウフフ
あと、100円ショップのダイソーさんで買ってきた夏仕様の和紙のレターセットや、あとは、文具店で見つけた金魚の団扇型のグリーティングカードや遠出した時に寄った100円ショップのキャンドゥさんにて買った団扇型のグリーティングカード、水族館のグリーティングカードも買いました(*´ω`*)
 グリーティングカードは、海外や日本国内の友達に郵送しました(´∀`*)ウフフ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL