新 ゆるすぎ日記 ゾワゾワしつつ読む 京極夏彦 「姑獲鳥の夏」☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

ゾワゾワしつつ読む 京極夏彦 「姑獲鳥の夏」☆

京極夏彦さんの「姑獲鳥の夏」
どうもです( ˊ࿁ˋ ) ᐝ
今日は七夕さんですが、なんの用意もしてません(;´∀`)
晩御飯におそうめん湯がいたりしたいな~と思ったり……
1回、京都の冷泉家の乞巧奠(七夕祭り)を見学してみたいです(´∀`*)ウフ
ツイキャスなどで活躍されているインターネット配信者の石川典行さんの生放送を最近好んで見たりするんですが、彼の生放送が始まるとプォー!と法螺貝の音が鳴ってお知らせしてくれるスマホアプリがありまして、外ではちょっと聞けませんが、家に居る時に鳴るとガタッ!来たか(`・ω・´)キリッと部屋のパソコンに一目散に向かうのであります(´∀`*)ウフ
家族からは法螺貝の音で突撃ラッパを聞いた兵士みたいに部屋に飛び込むから、なんだ(´・ω・`)?なんだ(*´・д・)?と不可解らしいですが、晩御飯の時に、ネット配信者の人が~とエピソードをかいつまんで話すと両親は((( *艸))クスクス笑ってますね(;´∀`)
家に居ないとイヤホンあっても、外で生放送はちょっと観れないので、石川典行さん公認の生放送を録画してYouTubeに動画をアップロードされてる職人さんの動画を(0゜・∀・)ワクワクテカテカと待ってたりします(*´ω`*)
このお知らせアプリを作った方は本当にすごいです(*´▽`*)
あと、YouTubeに動画を上げてる職人さんも凄い!
   
  
  さてさて、今日は京極夏彦さんの京極堂シリーズ?百鬼夜行シリーズ?の第1弾の「姑獲鳥の夏」をちょっとだけ紹介します(*´ω`*)
 それぞれ学友だったり、戦地で同じ部隊にいたなどの友人関係の 鬱気質でパッとしない作家さん、マニアックな品揃えの古書店兼神社の宮司さん、宮司さんの年の離れた雑誌記者の妹さん、旧華族の出身で怪我をしてから過去が視えることから探偵社を営む人、江戸っ子気質な刑事さんとめちゃくちゃキャラクターが立った人々が、妊娠期間をとっくに過ぎても臨月の状態でグッタリしている産婦人科の娘とその夫で行方をくらました男の謎に挑むというストーリーなんですが、とてもよく練られたストーリーにイキイキしたキャラクターたちが、読んでると頭のなかのスクリーンに物語のパノラマが広がります(*´ω`*)
  古書店店主兼宮司さんが不思議な現象について、科学的な解説してくれるんですが、それでもどこまでが、オカルトなのか科学的な現象かと謎な部分がヾ(・ω・`;))ノぁゎゎとなりますね……
映画版も観ましたが、とてもよく出来てました!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL