新 ゆるすぎ日記 便利な暮らしかスローライフか?  ソローの「森の生活」買ったよ☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

便利な暮らしかスローライフか?  ソローの「森の生活」買ったよ☆

ソローの「森の生活」
パラパラと読んでみた感想を画像にしてみた
  
  どうもです(*´ω`*)
映画「復讐捜査線」を観ましたよ~
男手ひとつで育て上げた娘を殺害された一匹狼な刑事の復讐を描いた映画です
一人きりでの捜査を静かに描いた復讐ものの映画でも、私の好きな作品です(`・ω・´)キリッ
ある日のこと、  一匹狼な刑事と24才のとある理系の会社に勤める娘は久々に親子水入らずで刑事の住む家でディナーを楽しむつもりでしたが、娘が体調を崩しだしたので、病院に行こうと玄関を出たところで、待ち伏せていた覆面の男にショットガンで、娘は撃ち殺されてしまいます(´;ω;`)
  当初は、刑事である主人公が仕事上の恨みを何者かから買い、娘が誤射されたと思われたのですが、娘が刑事に何か伝えようかとしていたり、覆面の男は迷わず娘を撃っていたことから、娘にはなにか狙われる心当たりがあったのでは?と、父としてね勘と長年の刑事の勘から刑事は捜査を始めていくと……というストーリーなんですね
  刑事が段々と核心に近づくと、刺客が次々現れたり、娘と共に勤め先の企業がしていたことを暴こうとしていた仲間や情報提供者が殺害されたりと、(°_°;)ハラハラ(; °_°)の連続なんですよね
その(°_°;)ハラハラ(; °_°)や、陰鬱さを和らげるかのように、刑事と娘のキラキラした思い出の場面を幻覚かフラッシュバックかのように度々現れるシーンの対比が絶妙です(*´ω`*)
あと、真面目にルールを守ってきた刑事は、愛する娘を亡くし、警察署内も信用出来ないことから、ルール無用で目的のタメならガツンガツン行く手法をとる描写が切ない……(´・ω・`)
  ラストのシーンは、ただ号泣しました(´;ω;`)ブワッ
暗いテーマですが、観て損はない作品でオススメします(`・ω・´)キリッ
   さて、今日は、こないだAmazonでソローの「森の生活」を買ったよ~(∩´∀`)∩ワーイというお知らせです(;´∀`)
  まだ、ちゃんと読めてなくて……(´д`)
以前ブログで、ちょっと書いた実話を元にした「イントゥザワイルド」という映画や映画の原作本「荒野へ」の主人公の青年(彼は実在の人物です)が、文明や物質社会を捨てて、アラスカを目指してアウトドアをしていたんですが、ある日のこと採取した植物の毒に当たり亡くなったという実話があります
彼のアウトドア生活を始めたきっかけは、このソローの本が影響しているそうです
   ソローもナチュラルライフを求めて、自給自足の暮らしを始めたのですが、厳しい自然のなかでの労働や環境に身体を壊してしまい、結核で亡くなってしまいます(´・ω・`)
  私は田舎者ですし、父が兼業農家の出身だったり、子供時代は、夏休みになると、魚釣りやら、山にハイキングやら、よく数日間のキャンプに行ってたんで、ちょっとはアウトドアライフなどのシンドさや田舎暮らしの不便が分かりますから、なかなかイントゥザワイルドの主人公やソローのように物質主義はダメ、ナチュラルライフをするぞ(`・ω・´)キリッとはなれないなぁ……(´・ω・`)
やっぱり日々の暮らしがあるし、体力や気力、判断力ががくんと落ちる中高年になってからの暮らしとか考えますと、便利な暮らしが良いと思ってしまうダメ人間です(;´∀`)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL