新 ゆるすぎ日記 エロイザジェームズのロマンス小説 愛しき美女と野獣 ☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

エロイザジェームズのロマンス小説 愛しき美女と野獣 ☆

エロイザジェームズの愛しき美女と野獣
どうもです(´∀`*)
先日、妹1号と出先のスーパーにて切花を買ったんですが、「花は食べれないから要らない」というスタンスの妹1号から「なんで花なんて買うの?勿体ないやん!!」とかいろいろ言われました(´・ω・`)
考え方の違いだから仕方ないけど、正直そっとしておいて欲しいなあ(*・ε・*)ムー
さて、今日はライムブックスから出版されているエロイザジェームズさんの海外ロマンス小説「愛しき美女と野獣は」をちょこっと紹介します(*´ω`*)
  私は恋愛ものの映画や小説などにのめり込まないんですが、海外のロマンス小説の中には、歴史や海外文化が学べるし、比較的サラッとした恋愛模様や明るくて楽しい作品があるんで、チマチマと探して読んでたりします(*´ω`*)
  何よりも名誉や家の繁栄を重んじる時代のためにスキャンダルが命取りとなるヴィクトリア朝のイギリスで、王子からキスをされたり求愛されたお陰で、社交界で活動しようがないくらい評判を傷つけられた主人公の子爵令嬢は田舎の城を診療所に改築した足に障害のある変人と噂で持ちきりの医師でもある青年貴族のもとへ家族によって送り込まれるが……というストーリーです(*´ω`*)
  美人で読書好きで頭の回転の早い主人公のリネットと足に障害を抱えた医師でもある青年貴族のピアズは海外ドラマの「ドクターハウス」の主人公みたいな皮肉屋のキャラクターで、2人のやり取りがとてもイキイキとしていて、ユーモラスな部分と、ピアズやピアズの治療している患者さんの健康のための海水プールでの2人の水泳レッスンがセクシーなんだけど、下品ではない部分がとてもステキでした(*´ω`*)
  
  あと、一度は夫のアヘン中毒が主な原因で離婚したもののお互いを憎からず思うピアズの両親のロマンスもウットリします(*´艸`*)ウフ
 ピアズのお父さんは悪人ではないんだけども、アヘンの誘惑に負けて、幻覚からパニックに陥り幼少期のピアズに怪我を負わせて足に障害を負わせてしまう過去の描写がとても悲しくなりましたね……(´・ω・`)
  主人公に女性としての人生を揺るがすピンチが訪れるんですが、ピアズは(゜ε゜)キニシナイ!!となるのが読んでいてニッコリとなりました(*´ω`*)
  情熱的なシーンもあるんですが、全体的にサラッとした感じの描写やそんなに出番がないようなキャラクター達でも個性が多彩ですし、主人公とピアズのやり取りなどのユーモラスなシーンとシリアスなシーンのバランスが良いので、ベッタリした恋愛ものが苦手な私でも楽しく読めますので、おすすめしますよ~(´∀`*)ウフフ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL