新 ゆるすぎ日記 アカンタレの本 織田作之助 夫婦善哉☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

アカンタレの本 織田作之助 夫婦善哉☆


織田作之助の夫婦善哉

どうもです(´・ω・`)
少し前に缶詰の空き缶のフタで指を切りましたが、みごとにざっくりと切りましてなかなか血が止まらなくて(((( ;゚д゚))))アワワワワと肝を冷やしました(´・ω・`)
指の止血点を押さえたり、手を心臓より高く上げたり、傷を圧迫したりで、なんとか止血してホッとしたんですが、また翌日に傷が開いてヒャー!!:(´◦ω◦`):ガクブルとなりましたが、なんとかまた止血しましたε=(・д・`*)ハァ…
そそっかしいので、気を付けないとですね(^ω^;)

さて、今日は織田作之助の短編集をまとめた夫婦善哉の感想です(^ω^)
表題作の夫婦善哉は、不倫関係から所帯を持った化粧品問屋の若旦那と芸妓を廃業した蝶子が、食べていくために様々な商売をしては失敗する話なんですが、ちょいちょい出てくる食べ物の描写がとても美味しそうで、本当にステキです(´∀`*)ウフフ
実在のごはん屋さんが書かれてるそうで、今でも健在のお店もあるそうなんで、いつか食べに行きたいです(≧∇≦)
他の作品も食べ物描写やボロボロな描写が秀逸…(; ・`д・´)ゴクリ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL