新 ゆるすぎ日記 げに恐ろしき愛と憎しみの物語 ギリアン・フリン  「ゴーンガール」

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

げに恐ろしき愛と憎しみの物語 ギリアン・フリン  「ゴーンガール」

ギリアンフリン「ゴーンガール」
     どうもです(;´∀`)
先日、夜中に海外ドラマの「ブラウン神父の事件簿」を妹1号と2号と一緒に観てますと、気まぐれな妹2号がドラマに飽き出して「乗馬中に鞍で尾てい骨を粉砕骨折したかも!!」と謎解きに夢中な私と妹1号に無理やりに乗馬中に打撲したお尻を見せてきて、私と妹1号はヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ!!と悲鳴をあげました!
 患部をみますと、特に異常はなくて青い蒙古斑があるだけだと私と妹1号は言いますが、妹2号は頑なに蒙古斑ではない(`・ω・´)キリッと言い張るねでした…(;´∀`)
   
     さて、以前デビットフィンチャー監督作の映画「ゴーンガール」を以前観て、主人公夫婦の愛憎の絡み合う様とか、サイコパスぶり全開だけど目を離せない奥さんのエイミーや悪人ではないけどボンクラな旦那さんのニックのキャラクターがリアリティがあって夢中で観ていたんですが、先日、古本屋さんにて100円コーナーで原作小説の上下巻見つけたので購入しました(*`・ω・)ゞ
   生粋のニューヨーカーで児童書作家の両親の一人娘に生まれたお嬢様のエイミーは、アメリカ中西部のミズーリ州出身の雑誌ライターのニックと出会い、恋に落ちて結婚しますが、インターネットや電子書籍の普及で出版不況になり雑誌が売れなくなり、ライターのニックも大学で心理学を学んだ経験を活かして雑誌の心理テストのコラムを書いてたエイミーも失業してしまいます(´・ω・`)
   そんななか、ニックの故郷のお母さんが病気で倒れてしまい、故郷にいるニックの双子の妹マーゴにだけ世話を押し付けられないから、ニューヨークのアパートを引き払い、都会っ子のエイミーはしぶしぶニックに従いミズーリ州の寂れた田舎町に越してきます
  そんななか、エイミーの両親が出版していた作品シリーズ「アメージングエイミー」シリーズが昔みたいには売れてないのに売れていた頃のように贅沢に暮らしていて、借金を作りエイミーのために用意してエイミーに託していた信託財産から借金返済のお金を貸して貰えまいか?という申し出を両親はしてきます
  信託財産のお金で、両親の借金は返済出来たんですが、クレジットカードの支払いやら様々な生活費の大半はエイミー持ちだし、故郷に戻ったニックが無職のままだとアレなんで、古びたバーをエイミーの信託財産の残りの大半で買い取り、ニックの双子の妹マーゴに経営を任せてマーゴが切り盛りしています
 ニックはバーの他に、地元の短大でライターになるための講師をしていたりもします
  結局、ニックのお母さんは病気で亡くなりますが、ニューヨークには戻らず ニックの故郷ミズーリ州に戻って2年目を迎えます
 そして、ニックとエイミーは結婚5周年の記念日を迎えますが、エイミーは争った形跡のある家から忽然と姿を消してしまい、ニックにはきちんとしたアリバイもなく、隠し事があったり、様々な不利な証拠があらわれて、双子の妹マーゴ以外に味方が居なくなるのでした…(´・ω・`)
ーと物語が始まりますが、本当に良く出来てる作品で、愛憎を重ねに重ねたミルフィーユみたいなのに包まれたニックとエイミーがそれぞれ語るエピソードやエイミーの日記が交互になっていて、「どうなるんだ!はやく次のページをめくらないと!!」と(;//́Д/̀/)ハァハァしちゃう作品です(*´ω`*)
   
    ネタバレしたくないので、これ以上書けませんが、ニックには実は老人ホームにいる老人ホームを抜け出しては徘徊するアルツハイマー病の父親が居まして、このお父さんはまだ若い頃、DVはしないものの家族に口汚く悪態ついたり、かなり意地悪でしたので、ニックは自分は父親みたいな夫や父親になりたくない!と強く思っていたりするのと、裕福でそれなりにインテリ階級のエイミーの両親やお嬢様育ちのエイミーへの頭の上がらなさやコンプレックスとか悲しくなりました(´・ω・`)
  エイミーは、賢くて魅力的な姿をしているのですが、邪悪な魂の持ち主で、子供時代から自分の目的のために自分で肋骨を骨折させて人の仕業にして、人を陥れたり、人を巧みに操ったりとかするサイコパスなんで、ゾッとしました:(´◦ω◦`):ガクブル
 エイミーは、美人で優秀な女性なんですが、両親が何回も流産や死産を経て産まれた子供で、エイミーの成長を吸い取り、脚色して完璧な「エイミー」にコーティングし児童書シリーズにしてベストセラーシリーズにされたことがエイミーの邪悪さやサイコパスさを増幅させたんじゃないかな…と思いましたね(*'へ'*) ンー
    ニックとエイミーですが、楽園追放されたその後のアダムとイヴみたいだな…と思ってしまいましたね(*・ε・*)ムー   
   それぞれ、男女の悪い部分を抽出して煮詰めて漢方薬にしたようなダメさを持ってるんで…(;´∀`)
 デビットフィンチャー監督の映画版もすごく再現度高くてよく出来てるので、両方ともおすすめします!!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL