新 ゆるすぎ日記 キャンドゥで見つけた鳥かご型虫除け芳香剤「香ることりの虫除け芳香剤」☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

キャンドゥで見つけた鳥かご型虫除け芳香剤「香ることりの虫除け芳香剤」☆

キャンドゥで見つけた株式会社ウエ・ルコさんの鳥かご型の虫除け芳香剤
虫除けのアロマオイルで有名なユーカリ精油やシトロネラ精油が使われてます(蚊除け目的の商品ではなくて、ユスリカやショウジョウバエが対象)
使い方
鳥かご型容器を開けたところ
鳥かごの底面裏にフックが収納されてます!!
精油が配合された小鳥さん
試しに吊るしてみました!
外出する時の携帯用タイプの

    
    どうもです(´・ω・`)
少し前にひかりTVで1983年頃にテレビ放送された松本清張さんの作品を原作とした「知らぜらる動機」を観ました
  原作は「新開地の事件」という作品だそうですが、読書家でない上に社会派サスペンスは難しそうなんで読む習慣がない私は未読です(;´∀`)(ググってみますと、ドラマ版はだいぶオリジナル設定がある模様)
 どちらかというと、スティーグ・ラーソンやアガサ・クリスティとか江戸川乱歩や横溝正史など動機は単純で謎解きとかちょっとうんちくを含んだり、世界観がどちらかというとクラシカル、登場キャラクターたちが好きになれる部分がある作品を好む傾向があるんで(;´∀`)
  この「知らぜらる動機」ですが、田舎のオッチャンという感じの父親と赤線(昔、お上から娼館の営業許可がおりたエリア)で娼婦をしていた過去のある母親の間に生まれた娘の三人家族の元に下宿人の青年が現れます
ちょうどその頃、 娘は、交際してた男性が居ましたが、男性側からの興信所の調査で 、お母さんが、昔赤線で働いていた事実から、結婚話が破談になった上にお母さんの過去をそれまで娘は知らなかったので、二重にショックを受けます(´・ω・`)
 母親と下宿人の青年は不倫関係に陥りますが、やがてこの家の一人娘と結婚することに…
 若夫婦は娘の両親が援助してくれて開いた小さなケーキ屋さんを切り盛りしていて、ビジネスも好調でお店を増やすなど事業を拡張したいな…と考えています
  そんなある日、娘の夫とまだ関係を清算出来てない娘の母親は、娘の父親に関係がバレてしまいます(´・ω・`)
 そこから、この家の歯車が大きく狂いはじめ…というストーリーで、オチがとんでもなく嫌なオチでしたね(*'へ'*) ンー
 まだ、親や祖父母などを子供や孫が殺害したときに通常よりも罪が重くなる尊属殺人があった時代なのも(>'A`)>ウワァァ!!となりましたね…(´・ω・`)
   見終わると、母子してドヨーン(´・ω・`)となってしまいました
    
    さて、先日のことになりますが、100円ショップのキャンドゥさんにて去年、スーパーで見かけた虫除け芳香剤を見つけました!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL