新 ゆるすぎ日記 キャンディス・キャンプのロマンス小説 「英国レディの恋の作法」☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

キャンディス・キャンプのロマンス小説 「英国レディの恋の作法」☆

キャンディスキャンプさんのアメリカ生まれの四姉妹の「英国レディの恋の作法」
    どうもです(*´ω`*)
寝る前にYouTubeで、伊集院光さんのラジオ番組のいろいろなコーナーを小さい音量でつけっぱなしにしながら、眠りにつくんですが、「夏休み特別企画  カブトムシの秘密」というコーナーが、中でもお気に入りだったりします(;´∀`)
  リスナーさんが、カブトムシの飼い方を子供に教える「カブトムシのひみつ」という架空の事典の文章を考えて投稿するんですが、飼い方についてより、両親の離婚や母親の入院や親が再婚して新しくできた義理のお兄ちゃんを亡くすなど飼育方法そっちのけで、カブトムシを巡る切ない物語とかを執筆されていて、その切ないエピソードがたまりません(´;ω;`)
   さて、久々にアメリカのロマンス小説作家のキャンディス・キャンプさんの作品を読んでるところですよ(*´ω`*)
  キャンディス・キャンプさんですが、明るくお転婆なヒロインを書くのを得意とされてる作家さんで、今作では、とても魅力的で元気な四姉妹が主人公なんで、もう大騒ぎです(;´∀`)
  花を愛するイギリス貴族出身の母親フローラは由緒あるイギリスの伯爵令嬢でした、ある日のことフローラの家より格下貴族で次男坊なので爵位や受け継ぐ財産もないマイルスと恋に落ち、猛烈に家族からの反対にあいイギリスに居ては結婚出来そうにないから、若い2人はアメリカに駆け落ちし、結婚し所帯を持ちますが、2人とも愛し合い仲良しですが、貴族に生まれ育っていて、お金に疎くお金稼いだり、家計をやり繰りしたりすることには不向きで、各地を転々とし様々な職業や商売を転々としますが、4人の花のように美しい娘たちマリーゴールド、ローズ、カメリア、リリーを授かり、つつましい暮らしながら幸せに暮らしてましたが、ある日、父親が亡くなり、父親が切り盛りしていた小さな居酒屋の共同経営者の男と母がビジネスと四姉妹を養うためにやむにやまれず再婚します(´・ω・`)
   その頃には、四姉妹は成長しており力を合わせて居酒屋を切り盛りしたり、いやらしい目でみてくる意地悪な継父の股間を膝蹴りあしらったりしてますと、ある日ついに母親が病に倒れて、今まで黙っていた自分や父親がイギリスの出身で貴族であることを打ち明けて、イギリスに居る自分の実家を訪ねて力になって貰えるようにしなさいと手紙や結婚証明書や四姉妹の出生証明書といった書類を娘に託します
 継父によって、次女のローズが無理やり結婚させられそうになりますが、長女のマリーことマリーゴールドは、母親の形見の僅かな宝石を売り払い、手元にあるお金をかき集めて 四姉妹は、アメリカから脱出してなんとかイギリスに渡りますが、降り立った港町で勝手もわからずまごついていると、母親から托された書類を入れたカバンを奪われ、スカートをたくしあげて猛ダッシュで追いかけてますと、偶然居合わせた青年貴族のロイスが書類の入ったカバンの盗っ人を捕まえてくれます!
ーと書くと、か弱い4人のレディたちという感じですが、アメリカの開拓地の荒野で生まれ育ってきた四姉妹の中には、ライフル銃やナイフを隠し持ち武装してる子もいて、ハチャメチャなんですね(;´∀`)
  青年貴族と四姉妹の長女は、ファーストコンタクトからお互い惹かれ憎からず思うんですが…
  さてさて、一度、母の実家に四姉妹を代表して訪ねるマリーでしたが、ひどく流行遅れな格好などから、玄関から屋敷に入れて貰えず、お勝手口から屋敷に入れられた挙句、対応した執事に閉め出されてしまったりしてしまいますが、あのまま四姉妹を放置して置けないと四姉妹のとった宿を訪ねた青年貴族が留守番をしてるマリーの妹3人と話し相手をしたりして、マリーの帰りを待っていました
   宿に帰ってきたマリーは、流行遅れのみすぼらしい姿から母親の実家を執事によって閉め出されたりして、ナーバスになっているところ、あの青年貴族のロイスが妹達と過ごしているのにびっくりします!!
 しかも、マリーたち四姉妹の身の上話を聞いたロイスは驚き、自分の義兄弟(ロイスの母親とマリーたちの叔父が再婚したため、四姉妹とは血が繋がらないイトコ同士になります)が伯爵家を継いでいるステュークスベリー伯爵(マリーたちの祖父や跡継ぎだった叔父はすでに亡くなっていて、この従兄が伯爵家を継いでいます)をペテンにかけにきたのか!!といいますが、マリーの持っている書類やウソやぺてんにかけたりするような四姉妹ではないことから、自分の義兄弟の元に四姉妹を連れていきます
  ステュークスベリー伯爵こと、オリヴァー・タルボットは快く四姉妹を受け入れてくれます(*´ω`*)
  親戚が跡継ぎになった母の実家に転がり込むようにしてやって来た四姉妹はどうなるんでしょう!!?ーというストーリーで、花の名前をそれぞれ名付けられた美しい四姉妹ですが、アメリカの荒野にある居酒屋で店の切り盛りをしたりしていたために、イギリスの貴婦人としてのマナーを身につけるのに苦労したりするのとか大変だなぁ(´・ω・`)と野育ちな私は(*'へ'*) ンーとなってしまいます(;´∀`)
  とてもユーモラスな作品なんで、物憂い夜なんかにおすすめします(*´ω`*)
  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL