新 ゆるすぎ日記 切手ちまちま

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

切手ちまちま

和の文様
冬のアジア大会の切手
     どうもです(*´ω`*)
映画「ヒステリア」を観ました!
1880年代のイギリス・ロンドン、当時の最新の医療をもって、患者に全力で尽くそうと頑張る主人公モーティマーは、迷信深く最新の医療を信じない&経費節減で儲けようとする勤め先の医院長とモメては失業する繰り返しで電動器具マニアで裕福な家庭でのらくら暮らす親友エドモンドの厄介になるというパターンなんですが、就職先を、探し回るとある個人医院でようやく採用されますが、その個人医院というのは、当時女性の病の根源とされていた子宮からくるヒステリーの諸症状を子宮のマッサージして治すという医院なんですね(;´∀`)
モーティマーは医院に住み込み、医院長の次女に恋します!
医院長には長女がいて、彼女は家を出て、労働階級の恵まれない人への奉仕活動をしていて、一家のはみ出し者扱いなんですね(´・ω・`)
悩める女性の子宮のマッサージの助手をしていたモーティマーですが、才能を発揮して、ゆくゆくは医院の跡継ぎにならないかと話を持ちかけられるほどになります!
 モーティマーと医院長の次女は良い雰囲気になりますが、女性解放運動したり恵まれない人への奉仕活動をしてる医院長の長女の情熱的な活動にひかれ出します
   そんなある日、繁盛する子宮のマッサージからくる手の不調で、マッサージで上得意な患者さんの満足を得られず、医院長にクレームを出されてしまい、モーティマーは、医院の評判を落とした!と解雇されてしまい、住み込みで働いていたモーティマーは住処も失い、再び電話やら電動器具マニアの裕福な友達エドモンドの家に再び厄介になります(´・ω・`)
 友達の電動器具を触りながら物思いにふけるモーティマーに、電動器具の子宮マッサージ器具というアイデアが閃きます!!
 再び、解雇された子宮のマッサージ医院に赴いたモーティマーとエドモンドは、電動器具の成果を医院長にみてもらい、再びパートナーに返り咲き、次女と婚約します(*´ω`*)
  一方、長女は慈善施設の維持のお金が支払えず、施設は閉鎖されてしまい、モーティマーと次女の婚約パーティーで騒ぎを引き起こすことになり……というストーリーで、ユーモアとモーティマーの医学で人を助けたい情熱が 素敵でした!
 あと、そんなに出番はないキャラクターですが、親友エドモンドのモーティマーのアイデアに力を貸して開発したマッサージ器具の儲けをきちんとモーティマーに渡す友情がホンワカしました
    
さて、最近買った切手ですが、和の文様や冬のスポーツのアジア大会というラインナップです(*´ω`*)
文様の切手は、着物などの文様が好きな私にはたまらないデザインで、海外の友達への郵便に使ったりしましたよ!
 冬のアジア大会のは数十年前の切手チックなちょっとレトロな雰囲気や色合いがいいですね(´∀`*)
  今年の6月から葉書の郵便料金が62円に値上がりするそうですね(´・ω・`)
 手紙を書く人が減っていると行きつけ?の郵便局の局員さんがボヤいてらしたんですが、しわ寄せが手紙を書く人にくる悪循環が悲しいです(´・ω・`)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL