新 ゆるすぎ日記 人形浄瑠璃観てきたよ☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

人形浄瑠璃観てきたよ☆

淡路人形浄瑠璃の公演を観て来ました!
休憩時間に廊下に出ていた傾城阿波の鳴門のお鶴ちゃん
淡路人形浄瑠璃の一座のパンフレット
パンフレットと共に配布されていたお土産の手ぬぐい
お土産に買った絵葉書
絵葉書の中身の1部
    
   どうもです(*´艸`)キャ
映画「サウンド・オブ・ミュージック」を観ました!
昔観て以来観てなかったんで、初めて観たみたいな新鮮な気分で観ましたよ(*´ω`*)
   ストーリーは改めて語ることもないとおもいます(;´∀`)
   修道女になろうとしている見習いのマリアと大佐のロマンスにうっとりします(´∀`*)ウフ
  長女と恋仲の電報を配達してる男の子が、ナチズムに傾倒してナチスに追われる長女を裏切る描写が何回見ても凹みます(´;ω;`)
    
さて、先日、淡路人形浄瑠璃の公演を観てきました!
   全幕ものではなくて、ガラコンサート形式で、有名な人形浄瑠璃の作品のワンシーンを淡路人形座や淡路島の中高生たちが演じて下さいましたよ(*´ω`*)
  歌舞伎なんかはみたことあるんですが、実は生まれて初めて、生の人形浄瑠璃を観たのですが、人形に仕掛けがあって、ゆうに優しい恋に焦がれる美女が鬼女に変身したり、主人公を捕まえにきた役人が主人公に顔の表面をスイカみたいに斬られて、顔の表面がパカッと外れたりとなかなか面白くて、また観たいなあ~!!と公演から帰宅して、しばらくドキ(*´ェ`*)ドキと興奮が続きましたよ(*´ω`*)
  演目ですが、「鬼一法眼三略巻  五条橋の段」   の牛若丸と弁慶が五条の橋で出会うストーリー、「増補大江山  戻り橋の段  」源頼光の家臣で鬼退治に加わった経験もある渡辺信綱が一条戻橋で鬼女の腕を斬るストーリー、「日高川入相花王  渡し場の段  」安珍清姫の物語をベースにしたストーリーで、再び安珍に会うために、清姫は川の渡守に頼み込んで川を渡ろうとしますが……というシーン、「傾城阿波の鳴門   巡礼歌の段 (口) (奥)」色々込み入った事情から自分を置き去りにして行った両親を探すべく巡礼の旅に出た9歳のお鶴は両親と巡り会えますが……という悲惨なストーリー
 皆さんも観る機会がお有りでしたら、是非是非、ご覧になって下さいませ(∩・∀・)∩ キャー☆
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL