新 ゆるすぎ日記 怪しい妖しい本  「江戸川乱歩傑作選」

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

怪しい妖しい本  「江戸川乱歩傑作選」

江戸川乱歩の怪しい妖しい一冊
    どうもです(*´ω`*)
台所にいくと、ツンとしたニオイと共に妹1号が熱心にネイルアートを爪にほどこしてるんですが、なんだか白点病に罹った金魚みたいなドット柄に(*^艸^)クスクスwしてしまいましたよ  
   「病気の金魚みたいなデザインね」とからかうと妹1号は口をとんがらがしてブツブツ言ってました(;´∀`)
  私はもう気力や根気がないので、ネイルしなくなりました(;´∀`)
   でも、たまに表面磨いたりオイル塗ったりはしたいな~と思います(;^ω^)
     
 さて、今日は江戸川乱歩の短編集をちょっと紹介します(*´ω`*)
 江戸川乱歩の少年探偵団シリーズは子供の時によく読みましたが、中学生になって、文庫本がリーズナブルだからと初めて、少年探偵団シリーズ以外の江戸川乱歩の作品を読んだのがこの「江戸川乱歩傑作選」です!!
  D坂や屋根裏の散歩人や芋虫、人間椅子などの怪しい妖しい乱歩ワールド全開な短編の名作がギュッと詰まっていて、大好きな1冊です(*´ω`*)
 これに人形フェチの「人でなしの恋」と兄が押絵の中の娘に恋焦がれる余りに押絵にに入り込んでしまって、弟がその押絵を持って旅行に一緒に連れていく「押絵と旅する男」も入れて欲しかったなぁ(´・ε・`)
    乱歩の作品は、怪しい妖しい耽美ズムがあるのが良いですね(;´∀`)
   収録作品で好きなのは、「人間椅子」  と「屋根裏の散歩人」ですね(´∀`*)ウフ
   「人間椅子」はオチがホッとできる作品ですし、椅子職人のフェチっぷりが、すごい!
「屋根裏の散歩人」は、同じアパートの住人を毒殺したり、覗き見はする趣味はありませんが、屋根裏に潜り込んでみたい願望はありますね(;´∀`)
   ちなみに、私の父も子供の時に江戸川乱歩の愛読者だったので、たまに屋根裏の散歩人とか押絵と旅する男の話をしたりしますよ(*´ω`*)
 母はといいますと、森村誠一さんなどの推理小説の方が好みみたいなんですよね…(´・ε・`)   
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL