新 ゆるすぎ日記 駆け落ち結婚がテーマのリサクレイパスさんの「冬空に舞う堕天使と」

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

駆け落ち結婚がテーマのリサクレイパスさんの「冬空に舞う堕天使と」

リサクレイパスさんによる 壁の花シリーズ第3作 「冬空に舞う堕天使と」
     どうもです(^ω^)
またまた妹1号と妹2号が喧嘩をしまして、同じ部屋にも関わらず、口もきかない険悪なムードを私や両親にまで持ってくるから弱ります(´・ω・`)
  仲が良いかと思えば、たびたび、喧嘩しては( ºДº)キーッ( ºДº)キーッ!!となるので、日頃から、ボンヤリする余りにそんな人と揉めようとしない私からすると不思議ですね(;´∀`)
   
   さて、今日はたびたびここで紹介しているリサクレイパスさんの「壁の花シリーズ」の第3作目「冬空に舞う堕天使と」をピックアップします(*´ω`*)
   エヴィーことエヴァンジェリンジェナーは平民のボクサー上がりで今は賭博倶楽部を営む父親とそれなりの名家出身の母親の駆け落ち結婚で生まれた女性です
燃えるような赤毛に白い肌の一見地味だけど、なかなか美人なんですが、ひどく内気で物静かな上に緊張すると吃音症が出るハンデがありますが、優しくておっとりしていつつ、一度決めたら意志が強いというキャラクターです(*´ω`*)
  エヴィーの母親は早くに亡くなり、父親の営む賭博倶楽部の悪影響を受けないようにと、母方の親族に預けられて成長したんですが、預けられた先が何かとエヴィーに虐待といっても差し支えがないくらい辛く当たり、内向的なエヴィーがますます内向的になり、ちょっとしたりすると吃音症まで出てしまうようになってしまい、エヴィーの引っ込み思案に拍車がかかり、社交界デビューし、結婚相手を探す年頃になったものの父親の生業の影響もあり、ますます縁遠くなります(´・ω・`)
  そんな苦痛な生活のなかに、社交界の行事やパーティで毎回「壁の花」になっている4人のレディが打ち解けあい友達になり、お互いが愛する相手と結婚して幸せな暮らしを掴むためにアシストしあおう!!という計画を発案して、実際にエヴィーにとって、生活を一変させる出来事が起き、彼女の運命が動きだします!
    賭博倶楽部を営む父親が病気であまり長くないのでなんとか看病したいというのと、エヴィーの後見をしてる親族がやがて、エヴィーが父親からの財産を受け取るので、従兄弟と結婚させてイビリ殺して財産を奪ってしまおう……というような空気を察知したエヴィーは、少し前に「壁の花」のメンバーのリリアンボウマンを結婚の持参金目的で拉致して駆け落ち結婚を出来るスコットランドのある地方まで連れ去り、リリアンを愛するウェストクリフ伯爵(2人は親友)に阻止されたダメ男な放蕩者で父親がムチャな投資をしたりするために破産してもおかしくない状況のセントヴィンセント卿セバスチャンという公爵家の御曹司の邸に付き添いなども付けずに単身乗り込み、お互いの利害が一致するから結婚しましょう!と掟破りの逆プロポーズをします(;゚∇゚)
  渡りに船とエヴィーの提案に乗ったセントヴィンセント卿は、スコットランドの駆け落ち結婚を認める地域まで馬車を走らせて向かいます(∩・∀・)∩ キャー☆
    エヴィーは病気の父親の看病が自由に出来て、毎日の暮らしや身の安全が保障されて、ある程度父親からの財産を自分で自由に使える事が出来たらそれでいい、セントヴィンセント卿は、破産を免れたらそれでいいと割り切ってたんですが、冬のスコットランドまでの旅の過程で2人はなんだか良い雰囲気に……(*´ω`*)
    駆け落ち結婚を済ませスコットランドから戻ったエヴィーは、病床の父親の看病を始めたりします
  エヴィーとの駆け落ち結婚で、エヴィー1人を愛し始めたセントヴィンセント卿は、以前の放蕩生活には戻らずに、 なんの気なしにエヴィーの父親の賭博倶楽部の経営状況を調べ、元放蕩者の手腕を活かして、賭博倶楽部の改革に乗り出します(;゚∇゚)
   放蕩者で有名な公爵家の御曹司が手がける賭博倶楽部ということで、倶楽部の客筋も良くなり、セントヴィンセント卿のプロデュースやエヴィーの父親に忠実で賭博倶楽部の優秀なスタッフのジプシー出身の青年の協力もあり、賭博倶楽部は見事にリニューアルしますが……という物語です(*´ω`*)
   私は「壁の花」シリーズだと、この「冬空に舞う堕天使と」と壁の花のキャラクターたちのその後を描いたスピンオフ作品の「壁の花の聖夜」がロマンチックでいて、ヒロインのエヴィーがとても素敵なキャラクターなんで大好きですね(´∀`*)ウフ
      
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL