新 ゆるすぎ日記 シールちまちま☆

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

シールちまちま☆

マインドウェイブさんのシール
アニマルズ
マリーン
フラワー
マインドウェイブさんのフェイバリットシールシリーズ


    
       どうもです(ノ)゚∀゚(ヾ)
映画「ファンタスティックビースト」をみてきました!
   舞台は1926年のアメリカはNYの大都会
 イギリスからの船でNYに渡ってきた魔法界の様々な幻想動物を保護したり研究している魔法使いの青年ニュートスキャマンダーはある目的があるんですが、不思議な魔法界の動物が収納できたり、彼の動物を運んだり保護したり飼育している空間に行くことの出来る旅行カバンが、パン屋さんを開きたい!という夢を持ったマグルの男性ジェイコブコワルスキーのドーナツの見本が入ったカバンと入れ替わったことがきっかけで、青年のカバンから不思議な動物たちが逃げ出してしまい、NYのあちこちで騒動が起きてしまうことから巻き起こる騒動&とある危険な闇の魔法使いの行方は……というストーリーです(*´ω`*)
  ハリーポッターの生きている時代と違い、この時代のアメリカでは、人間界に住む魔法使いは迫害されたりしてまして、自分が魔法使いとはカミングアウトしづらい世の中で、人間界に住む魔法使いの組織が決めたマグルの前で魔法をおおっぴらに使えない法律などがあります
(アメリカでもせーレム事件など魔女の仕業だ!!とパニックになったりと魔女を迫害していたことは史実だったりします)
  人間界側の中にも魔法使いを危険視して迫害するための団体がいたりします(この時代の悪法である禁酒法を推進していた団体がモチーフみたいです)
 とてもドキドキワクワクする上に私の好きな1920年代の華麗なるギャッツビーやドラマ版の名探偵ポワロなどの時代なんで、映画が終わってしまい帰るのが世知辛い世の中に戻らなきゃいけないと凹みましたね(´・ω・`)
   主人公の青年は、ニュートスキャマンダーと言う魔法界の動物への愛情がハンパない心優しい青年でハリーポッターに比べると魔法使いとはいえ普通の人間っぽい感じなんですね
人間界でルールを破った魔法使いを取り締まるFBIみたいな組織の人たち(アメリカの魔法省)のところに行った時の下りから、魔法界のそれなりに名の知れた家柄出身でお兄さんが有名人のようです
  ニュート青年が原因で逃げ出した魔法界の動物が騒動を起こしたり、入れ替わってしまったカバンの持ち主のコワルスキーの目の前で魔法を使ったりで、アメリカの魔法省(人間界の魔法使いを取り締まる魔法使いのFBIみたいな組織)の女性職員ティナことポーペンチナゴールドスタインに捕まえられたり、ドタバタの末に魔法界の動物から負わされた軽い咬み傷で体調悪くしたコワルスキー氏を看病したりするため、ティナとアメリカの魔法省でお茶くみしている料理好きな妹クイーニーが住むアパートに行くんですが……(´・ω・`)
  あとは観てのお楽しみです(´∀`*)ウフフ
ハリーポッターシリーズファンはもちろん、動物を愛する人に是非鑑賞してもらいたい作品です(*´ω`*)
  ( ゚д゚)ハッ!となりましたが、ニュートスキャマンダーのいでたちはイギリスのSFドラマのドクターフーに似てるかも(;´∀`)
あと、お婆ちゃん直伝のドーナツなどのレシピを受け継いでパン屋さんを開くのが夢のコワルスキーとお料理大好きで魅力的な映画「お熱いのがお好き」のマリリンモンローみたいなティナの妹のクイーニーが惹かれ合うラブロマンスのシーンがニコニコしましたね(´∀`*)ウフ
  あと、アメリカの魔法省には魔法使いの死刑制度がある描写に鼻水が出ましたねΣ(゜ω゜)
イギリスもかつては絞首刑があったそうですが、いまでは欧州のほとんどの国のように死刑制度廃止されてますから、もしかしたら、死刑制度がまだ残るアメリカへの風刺なのかな……(´・ω・`)
        さて、少し前に出先にて文具メーカーのマインドウェイブさんから出ているフレークシールを買いましたよ~(*´ω`*)
  PictorialStickerという新しいシリーズのシールは、昔の図鑑の挿絵っぽいリアルな感じのタッチで、これはこれで素敵(´∀`*)ウフ
  ただ、10柄30枚という量が少ないのが難点(´;ω;`)
    フェイバリットシールの方は、メルヘンチックでハンカチなんかにワンポイント刺繍したくなるようなデザインのシールで眺めてると和みます(n‘∀‘)η
   
  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL