新・ゆるすぎ日記 2018年10月04日
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2018年10月 】 

キャンドゥの食べ物マスキングテープなど☆

株式会社カリンピアのpakupakuごはんマスキングテープ&フレークシール(目玉焼き柄&おにぎり柄)
おにぎり柄2種類
フレークシールのおにぎり柄(12柄×3枚)
フレークシールの目玉焼き柄(12柄×3枚)
    どうもです(^ω^)
映画「チャーリングクロス街84番地」を観ました(*`・ω・)ゞ
 ニューヨーク在住の英文学とジントニックとタバコが大好きな女性脚本家へレーヌとイギリスのロンドン在住の古本店店主フランクの古本屋さんと古本を買うお客さんという関係をこえた長い年月を友情を文通でつむぐ物語です(^ω^)
実話を元にした作品だそうで、Amazonで原作の書簡などまとめた原作本を探してカートにいれました
私の地元の昔ながらの古本屋さんはほぼ絶滅ですし、BOOK・OFFなどチェーン店もこの数年で数店舗潰れたり、置いてる漫画の単行本や小説も映画化やドラマ化された原作ものとか売れ筋の文庫や単行本がメインで、読みたいちょっとレトロだったりマイナーといったたくさんは売れなさそうなわたし好みのはほとんど置いてありませんので、主人公の気持ちがわかります(´;ω;`)
あと、手紙を書くのも好きなので親近感がMAXに…
第二次大戦後間もなく、ニューヨークの古本屋さんの品揃えではどうしても満足出来ないヘレーヌは新聞からイギリスのロンドンにあるフランクが勤める古書店をしり、古本の売買を海外郵便を使い、欲しい本についてのリクエストや古本の状態に代金の支払い方などについて書いたりするのに加えて、プライベートな出来事や社会的なニュースなどについて書いたりしているうちにへレーヌとフランクや手紙を回し読みしてる古書店の店員さんたちはお互いに親しみを持ちます
 へレーヌと同じ アパートの住人でへレーヌと仲良しのカップルが古本の代金を払うためイギリスのポンドとアメリカのドルの換算を手伝ってくれたりしてたんですが、彼らから戦後まだ年月が経ってないイギリスは戦勝国側にしては食糧配給が長くあり食糧事情がイマイチと聞いたへレーヌはクリスマスにハムなどイギリスでは闇市でないと手に入らない食糧のプレゼントを贈ったりします
(映画「ローマの休日」をみたイギリス人が敗戦国のイタリアに食糧が溢れてるようすに( ³ω³)ファッ!!となったりしたエピソードがあったり、当時の食糧事情の悪さからモンティ・パイソンのスパムのギャグが生まれたりしたみたいですね)
へレーヌからのクリスマスプレゼントは、フランクにより木箱を開封されて、古本屋さんの店員さんたちみんなに分配されます
時折、イースターなどにへレーヌはフランクの古書店宛にデンマーク経由でお肉や卵や缶詰など贈るのですが、なかでも貴重なお肉のプレゼントに古書店の人々は大喜び!!
お肉ももちろん配給制なのですが、毎日配給されませんし、配給されても1人当たりの量が少しなんですね(;´∀`)
古書店の人々からは、持ち主による書き込みがある本が大好きなへレーヌにメッセージを書いた本やグリーティングカード、知人に頼んで刺繍して貰った美しいテーブルクロスや家族の写真などが郵送されます
時折、ピリッとした皮肉家の面が見えるへレーヌは古本がスムーズに届かない時などピリッとしたお叱りの手紙を書いたりしますが、根はユーモアのある人物なんで、手紙をフランクもお店の事務員さんたちも読むのを楽しみにしていたりしますヽ(・∀・)ノ
 へレーヌの友達がイギリスに仕事の用事がある時についでにフランクの居る古本屋さんへ行ってもらい、へレーヌの代わりに店の様子を見てきてもらったり、ストッキングをコッソリと届けて貰ったりするシーンに(((゚艸゚))クスクスきました
   ホンワカする作品で安心してみることができます(^ω^)
  観ていると、神戸の新快速の昔ながらの古本屋さんで昭和初期に発行された江戸時代の川柳を集めた本を見つけ出してヤッタ\( ‘ω’)/ヤッタと嬉しそうにレジに持っていくと、本好きのよしみからなのかレジの店主親子のお父さんが値引きしようとしてくれたんですが、息子さんから他のお客さんもいるしダメ!!とちょっと揉めてしまい、ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎとなったりしましたね(;´∀`)
 あと、地元の昔ながらの古本屋さんで探し物をしてると、そこに急いぎで本を探してるお客さんがやってきて、店主のおじいさんにシェークスピアのある戯曲の文庫があるか尋ねてたんで、そのお店の本の配置をなんとなく覚えてた私はお節介ながら、文庫を差し出すと急ぎのお客さんは大喜びで本を買って帰っていきました
  本が好きですし、その昔、図書館司書の勉強をしていたり、本屋さんでごく短期間働いたことがありますので、本を探し出したり、知りたいことについて調べる方法を多少は知ってたりしますから、探したがってる人がいると何か助けになれないかなと思ってしまいまする(;´∀`)
へレーヌとフランクは結局、フランクの急な病気で亡くなったために長年、文通していましたが対面することはかないませんでした(´;ω;`)
へレーヌは彼の亡くなった知らせや奥さんからの手紙から一念発起して、イギリスに渡り、古書店の跡を訪ねたりして映画は幕を閉じます

    さて、少し前になりますが100円ショップのキャンドゥで「食べ物」モチーフのマスキングテープやフレークシール買いました(^ω^)
  以前、キャンドゥで販売されていた和風モチーフのマスキングテープを思い出すタッチのマスキングテープのデザインで、またあのシリーズを再販や新しいやつを販売してくれたらいいのになぁとか思います( ´'ω'` )
 和食と洋食のフレークシールですが、ざっくりしたタッチの絵柄で( ´∀`)ハハハとなります