新・ゆるすぎ日記 2018年10月01日
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

愛しの杏子菓子☆ ミナツネのうぐいすあんず&あんずボー☆

ミナツネのうぐいすあんず
同じくミナツネのあんずボー
   
   どうもです(;´∀`)
映画「ドントブリーズ」を観ました(*`・ω・)ゞ
スリラー&ホラー映画で、公開時に話題になった作品なんですが、やっと見れました!
 舞台はアメリカの荒廃し治安も最悪な街デトロイト
エミネムの半自伝映画「8 mile」やマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画にもありますように経済破綻した町からは住民が自宅を手放して、引越していったりしてる毎日です
ヒロインのロッキーは父親が家を出てから酒や男に溺れてマトモにお母さんとして役割を果たさない母親とまだ幼い妹と暮らしてる日々にうんざりしていて、いつか町から抜け出したいと思ってます
主要な3人はアメリカ版「闇金ウシジマくん」が描かれたら出てきそうなキャラクターたちなんですね…(´・ω・`)
 ロッキーは馬鹿で向こう見ずなボーイフレンドとロッキーに思いを寄せるアレックスと3人で組んで、父親が警備会社に勤務してる影響で家の防犯センサーに詳しいアレックスに防犯センサーをいじらせて小金持ちそうな家に忍び込んでは金品を盗んでいくのを生業にしてたり…( ´'ω'` )
3人は法律のちまちました抜け穴をくぐり、家にあるさまざまな品物を盗み出すにしても警察が本腰入れない程度の被害額になるようにするなど捕まっても重罪にはならないように、銃は持っていかない(武装強盗はかなり重罪ですし、帰宅した家の持ち主とか警察に射殺されても文句言えない)とか現金には手をつけないなど決まりを設けてたりします
ロッキーは物をたくさん盗み出すより、忍び込んだ家の中をキョロキョロ見て、同じ年頃の女の子が暮らしているらしき部屋で高そうな衣服を着てみたり、フカフカしてるベッドに寝転んでみたりします
ロッキーが本当にほしいのは、お金とホッとできる家や環境なんでしょうね…
盗んできたものは、ロッキーのボーイフレンドがそれらが盗品と知っているギャングの怖そうな人に売りさばくんですが、盗品だから逆に足元を見られて安く買い叩かれてしまってます( ´'ω'` )
  ロッキーは新しい男を家に連れ込んでる母親に新しい男はお金持ってないよ!と抗議しますと母親から「アンタは自分の唇を使って稼いでる」とか揶揄されたり、最愛の妹から「海に行きたい」「サーファーになりたい」と言われたことから、寒くて貧乏なこの町から出ていく気持ちがMAXになります
ロッキーのボーイフレンドは盗品の買い手のギャングから娘がお金持ちの娘の車に轢かれて亡くなり高額の示談金を受け取った目の不自由な初老の男性の話を聞いてきて、この盗みを成功させてドーンと稼いで盗みから足を洗おう!!と最後の仕事として、男性についてリサーチし夜中に初老の男性の自宅に忍び込みます
 目の不自由な初老の男性と男性の飼う獰猛な飼い犬や薬で眠らせたら後は楽チンにお金を盗み出してバンザーイ \( ˙-˙ )/と考えてたんですが、実はこの初老の男性は湾岸戦争帰りの元軍人で、初老の男性にしては身体つきもシッカリしているし、元軍人で銃器など使うのも朝飯前ですし、若いロッキーのボーイフレンドやアレックスをボコボコにしたり、絞め技使うなど接近戦術にも長けてるし聴力がめちゃ優れたりと一筋縄ではいかない人物なんですね
そんな男性が勝手知ったる自宅に忍び込んだロッキーたちは生きて帰れるのでしょうか?
ちなみに男性の近所はどの家も住人が引越してしまい、誰も住んでは居ません…
ーというストーリーで、90分未満の作品ですが、本当に観ていて息もつかせぬ展開に見終わるとくたびれました(;´∀`)
  90分未満にぎゅっと凝縮してあるので、途中だれたりしなくて良かったです(^ω^)
  ロッキーたち3人が忍び込むことで、盲目の初老の男性が普通の退役軍人で独りさみしく周りが引越していったなか暮らすただの独居老人ではなかったという男性の狂った暗い実態や目標も暴かれて、その邪悪さというか頭のぶっ壊れ方にうわあああ(´;ω;`)となりましたね
最初は「ホラー映画ですぐ死んでしまうDQNグループやん」とロッキーたちにあまり好感を抱けませんでしたが、ひどい家庭環境にいてちょっとスレてるけど妹想いなロッキーや盗品をギャングに売りさばくんだけど安く買い叩かれたりとなんか間が抜けてたりするけども男性に捕まって尋問されても仲間の2人について口を割らなかったり憎めないボーイフレンド、本当はマトモな青年で理知的なんだけどロッキーに惹かれて盗みのブレーン役をしてるアレックスといい金無垢の善人ではありませんが、人間くさくて嫌いになれないなぁと…
 あと、男性の獰猛な飼い犬がめちゃくちゃ怖い(´;ω;`)
 犬を今まで3匹飼ってきましたが、犬好きでもヨダレ垂れ流しながら吠えたり、飛びかかって噛み付こうとする獰猛なケルベロスみたい大型犬はやっぱり怖い!
   さて、先日ですがドン・キホーテでミナツネのうぐいすあんずとあんずぼーを買ってきました(∩・∀・)∩キャー!!
    子供時代の親の教育方針で買い食いをあまりできなかった影響が尾を引いて、お菓子を買うのにまだちょっとためらいが出たりするくらいで、駄菓子のうぐいすあんずやあんずぼーは最近になって知ったり、食べたりしました( ̄▽ ̄;)
   うぐいすあんずは干し杏のお菓子で見た目はちょっとアレですが、味は甘酸っぱくてフルーツの甘酸っぱさ好きにはたまらない美味です(^ω^)
 あんずぼーは干し杏の果肉とあんず風味の甘酸っぱいジュースが楽しめる商品で、パッケージによると冷凍させてお酒に入れても美味しいそうです(^ω^)
ーが、凍らすよりもジュースのままで、チューチューすすって完食してしまってました(;´∀`)
  近所にドン・キホーテがないので、毎日取り憑かれたみたいに食べなくて済んでますが、子供時代に出会いたかったです(´;ω;`)