新・ゆるすぎ日記 2018年08月
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

画材少し☆

ダイソーのスケッチブック
ハガキくらいのサイズのスケッチブック(クロッキー帳っぽいペラペラした紙です)
マルマンのクロッキー帳(スクエア型)
ダイソーの画用紙(クロッキー帳の色塗りの際にアルコールマーカーの裏移り予防の下敷きに )
万年筆タイプで楽チンなタチカワ新ペン先のスクールGペン&インクカートリッジとコピックドローイングペン
ZEEBRAの修正ペンと三菱鉛筆のユニボールSIGNO白ペン
コピックチャオ(B00ファーストブルー、E00コットンパール)
コピックチャオ( BG05ホリデーブルー&YG09レタスグリーン)
買い置き用のダイソーのコピック風アルコールマーカー
こちらも買い置き
買い置き
    どうもです(´∀`)
映画「ブルース・ブラザーズ」を観ました!
1980年の音楽やダンスにナンセンスドタバタギャグと楽しい映画ですキャ─(´∩ω∩`)─♡
   チンピラの2人組は、兄貴分が出所し迎えにきた弟分と久しぶりに2人で訪れた自分たちを養い育ててくれたカトリック教会の運営する養護施設に挨拶しにいくと、シスターから養護施設は税金5000ドルを滞納していて、このままだと閉鎖してしまうピンチを知ります
 犯罪で稼いだお金を納税に充てればいいじゃん!と軽くいう兄貴分に教会のシスターは長い物差しでバンバンお仕置き加えて「そんな汚れたお金は要らない!」と叱ります
今まで、悪さばかりしていたチンピラ2人組ですが、自分たちを育ててくれた施設のピンチには流石に胸が痛みます(´・ω・`)
  そんな折に施設の用務員さんに勧められて立ち寄ったあるゴスペル教会で「バンドで稼いで施設を救え」と兄貴分は天からの啓示を受けて覚醒し、昔活動していたバンド「ブルース・ブラザーズ」を再結成して、稼ごうとしますが、昔の仲間を勧誘するさなかにあれよあれよとチンピラ2人組に関わりトラブルに巻き込まれた人物やネオナチなどの組織がチンピラ2人組を追跡していって...というドタバタコメディ映画です(´∀`)
   ストーリーは単純なんですが、ストーリーにべつに必要性がない大規模な人員を使ったカーチェイスやカーアクションやら兄貴分に結婚式当日に捨てれてしまい人生をぶち壊しにされた女性が爆弾、バズーカ砲やらで兄貴分を狙ってくるとかバカバカしくてハチャメチャです(;´∀`)
 モンティ・パイソンズのコントが好きな人だととても楽しめると思います(^ω^)
  あと、チンピラ2人組のダラダラしたゆるい会話が楽しくて、タランティーノ監督の作品の無駄なお喋りシーンみたいで(((゚艸゚))クスクスなりました
   昔のバンド仲間をバンドの再結成に勧誘(どちらかというと強要)すべく、バンド仲間の1人が支配人として働く高級フランス料理店でチンピラ2人組が行儀悪く飲み食いするシーンがありますが、シュリンプカクテルをポイッと投げて口でキャッチしてパクパク食べちゃうのがすごく面白くて真似したくなりました(^ω^)
     さて、画材をダイソーや文具店でアルコールマーカーなどを買い足しました(*`・ω・)ゞ
ダイソーでは、コピック風のアルコールマーカーの予備と、少しのあいだ品切れしていたハガキくらいのサイズのスケッチブック(クロッキー帳っぽいコピー用紙みたいなペラペラした薄い用紙)を買いました
 厚みのある紙が苦手なんで、このスケッチブックが1番使いやすいです
  マンガ用のペンですが、コピックのドローイングペンの方が線が太めで、インクがスムーズに出る感じで描きやすいかなとタチカワ新ペン先はちょっと固いし、慣れるまで、時間が必要な感じかなと思います
 コピック風アルコールマーカーは、リーズナブルで遠慮なくガシガシ塗れるから大好きなひと品です(;´∀`)
あと、ダイソーのコピック風アルコールマーカーにはちょっとない色をコピックマーカーで補助してるんですが、コピックは発色がいいし、使いやすい色が揃ってたり、田舎にある大きめの文具店にも置いてあるから気に入ってます(^ω^)
 買ってしまう色ですが、寒色系が好きなためか、ついつい寒色系を使いたいから買ってしまいます(;´∀`)
 もう少し、ほわーんとした暖色系を上手く使えたらな…(*'へ'*) ンー
 

こざっぱりしたカフェレストラン風のお店でビビンバをたべる☆

石焼きじゃないビビンバをたべる
   どうもです(´;ω;`)
先日、体調の加減からか分からないのですが、お惣菜のスモークサーモンをちょっとだけ食べたんですが、2時間くらいしてから身体に蕁麻疹が出来て、その晩痒くてたまらず寝れませんでした
 汗や日光で肌が過敏になっていたのか、スモークサーモンや他の食べ物や原因なのか分からないんですが、本当に辛かったです(´;ω;`)
アレルギーですが、基本的にスギやヒノキ、クロマツの花粉は病院で調べてもらってアレルギー持ちと判明済です
ちょっと気になるのは体調が良くないときに、あるメーカーの冷凍パスタの小エビやイカ入りペスカトーレを食べると身体にかゆくなることがたまにありますが...(*'へ'*) ンー
 イカ料理やエビの鬼殻焼きエビフライやお寿司などは食べても大丈夫なんですが、この冷凍パスタだけはダメなんですよね
すごく美味しいのですが...(´;ω;`)
  
   さて、ちょっと買い物に出た際に、こざっぱりした感じのカフェレストランでビビンバを食べてきました
 セットメニューのキムチとかちょっとしたお惣菜は食べ放題なんですが、キムチがかなり辛くて、そんなに辛さの耐性がない私はちょっとしか食べれませんでした(;´∀`)
 初めて、ステンレス製のお箸でご飯食べたんですが、古代の中国などで銀のお箸を使うと毒を盛られた時に銀が有毒物質に反応する話を思い出したりしてました(;´∀`)
   かなりクタクタになってたのですが、もりもりと食べて回復しました
 

西川コミュニケーションズのbande マスキングロールステッカー夏めいたやつ☆

7月の終わりに発売されたマスキングロールステッカー3種類( バード&フルーツ、キュートアニマル、サマーバケーション)
バード&フルーツ
キュートアニマル
サマーバケーション
    
どうもです(^ω^)
Netflix映画「1922」を観ました
スティーブン・キング原作のホラーサスペンス映画でして、「狂乱の1920年代」と言われる第一次大戦後のアメリカの好景気に加えて婦人参政権や社会進出、ハリウッド俳優が自分の同性愛であることをカミングアウトしたりするケースがあったりなどの新しい価値観が広がり、工業が盛んになり様々なものが大量生産大量消費が推奨されて、レコードで音楽を楽しんだり、野球観戦やダンスホール、映画館で楽しむ大衆娯楽を楽しむ文化やラジオや自動車、冷蔵庫などを持つことが庶民にも広まり始まる時代が舞台です
わかりやすく言うと、 映画や小説の「グレート・ギャツビー」の時代ですね
都会ではセックス、ドラッグやお酒(禁酒法時代でしたが)ジャズが街に溢れるきらびやかで享楽的な時代の反面、農村とか田舎の人々などにはこのきらきらとした時代の恩恵はそんなにはあるわけでもなくて……という時代背景がありまする(´・ω・`)
   前置きが長くなりましたが、1922年のアメリカの農村で、主人公の農家を営むウィルフレッドは14才の一人息子と洋裁が得意らしい奥さんとまだ家には電灯もなくオイルランプの明かりに頼るような素朴でつつましく暮らしをしてましたが、軽薄な感じのする奥さんは田舎暮らしに飽き飽きしていて自分の父親から受け継いだ駅に近いから高値で売れるらしい100エーカーの肥えた農地と主人公の持つ農地を併せて売り払い、ここよりかは街のオマハに一家で引っ越そうと提案します
 「町は馬鹿が住むところだ」と素朴な暮らしを望むウィルフレッドは地元から離れたくないし、いずれ一人息子に土地を相続させたいウィルフレッドは奥さんの土地を少しずつお金を払うから買い取りたいといいますが奥さんはウィルフレッドの提案を馬鹿にして離婚してもいいのだといいます( ´'ω'` )
  しだいに夫婦の不和がどうにもならなくなってきて奥さんへの憎しみが蓄積していくウィルフレッドの中にいるもう1人の男が邪悪なことをウィルフレッドに囁きをしだします
ウィルフレッドは、ご近所さんの娘と恋仲の息子を味方に引き入れて奥さんを亡きものにしたらすべて上手くいく!とかキリスト教徒としても正しいことだみたいなよく分からんトホホな理論をひねり出して、息子にいい聞かせます…
  ある日、ウィルフレッドは「街に引っ越すことに決めた」と奥さんに考えが変わったといい、有頂天になる奥さんと久々に仲良く夫婦でお酒を飲んでいたんですが、かなり酔いのまわった奥さんは多感な年頃の一人息子にビックリするくらいドン引く下品な下ネタでからかいます(´・ω・`) 
 ぐでんぐでんになってベッドに寝かされた奥さんをウィルフレッドと一人息子は2人で力を合わせて奥さんを亡きものにしてしまいます(´・ω・`)
  
 ウィルフレッドはどう自分の罪と向かい合うのでしょうか?
  とにかく、悪循環のピタゴラスイッチみたいな内容で、出てくるキャラクターたちを好きになれない作品だなと( ´'ω'` )
    さて、ちょっと紹介が遅れましたが、少し前に発売された西川コミュニケーションズのbandeマスキングロールステッカーを紹介しますね(*´ω`*)
 夏がテーマのデザインなんですが、もう暦では秋だし…(;´∀`)   
  また、来年の夏に活躍してくれるはずです(´∀`)
    

ダイソーとキャンドゥのマスキングテープ少し☆

ダイソーのマスキングテープ少し
「手づくりシリーズ」と「和のゴコロシリーズ」
キャンドゥで買ったウォーターライトG.E.(株) オーシャンタイル柄&レモン柄2種

    どうもです(´・ω・`) 
この夏は恐ろしいくらいの酷暑とお盆あたりから急に気温が下がってきて、また台風が近づいてきて暑くなったりという気温差に体温調節が苦手な私は体がついていかなくて、弱り気味です(;´∀`)
  でも、息も絶え絶えになるくらいのあの異様な暑さが続くよりかは、ずっといいかなと思います
   さて、少し前に100円ショップのダイソーとキャンドゥで少しだけマスキングテープ買いました(^ω^)
 タイルっぽいモロッカン柄や和風の水引きやレモン柄とバラバラですが、眺めてて楽しくなります

令嬢の後見人の若叔母さまと放蕩者とのロマンス劇  キャロラインリンデン 「子爵が結婚する条件」

キャロラインリンデンの「子爵が結婚する条件」  (以前読んだ「ためらいの誓いを公爵と」の関連作品になりまする )
 
   どうもです(^ω^)
最近、だいぶガタが来ていたスマホを機種変更しましたよ(`・ω・´)ゝ
携帯ショップに行っての機種変更の手続きだと、待ち時間や契約時の説明などたくさん時間もかかる&要らないプランを提案されたりしたときとかの対応がコミュ障なのでかなり苦手なんで携帯電話ショップには行かないで、 携帯電話会社のオンラインショップで契約&注文しました
新しいスマホの受け取りは自宅に配達してもらい、あとそれまで使っていたスマホの機体回収ですが、回収キットも配達してもらい、自分で初期化などをしたスマホをキレイに拭いてキットの中にある緩衝材で包み書類と一緒に郵便ポストに投函してきました(^ω^)
  ぼんやりした私でも、オンラインショップで機種変更の手続きや注文が簡単に時間も掛からずにできたり、それまでのスマホのデーターをiCloudに移しておいて新しいスマホに移したり、初期設定したりするのにもつまずかないで色々出来たので、(´▽`)ホッとしました(*´ω`*)
      さて、以前読んだキャロラインリンデンさんによる田舎の牧師をしていた旦那さんが病気で急死してしまい、新しい牧師が近々赴任しますから住んでいた牧師館を明け渡さないといけない娘を抱えて路頭に迷う未亡人に旅先でケガを負って看病された公爵家の当主の弟が、女性の境遇に同情して恋愛感情ではない突発的な感情からプロポーズするんですが、ちゃらんぽらんな自分がこの未亡人とまだ小さい子供を幸せに出来るわけない!!と怖気付いた青年は結婚証明書に自分の双子の兄で独身できちんとした性格の公爵の名前を勝手にサインし、そのまま女性のもとから出奔したことで残された未亡人が公爵の屋敷に訪ねて巻き起こるロマンス小説「ためらいの誓いを公爵と」ですが、実は、この作品の関連作品がいくつかありまして、作中の時間軸だと1作目になる「子爵が結婚する条件」をようやく買いました(^ω^)
  シリーズ2作目にあたる「ためらいの誓いを公爵と」 
 時間軸や世界観は同じみたいなんですが、2作目の「ためらいの誓いを公爵と」に出てくるキャラクターとかはほんのワンシーンくらいしか出てはこないんですね(;´∀`)
シリーズからは独立した作品みたいな感じでしょうか…(;´∀`)
ヒロインのシャーロット・グリフォリーノ伯爵夫人は、イギリスのジェントリー階級出身の女性です
 17才になったばかりの時に駆け落ちするという恋愛スキャンダルを引き起こし、駆け落ちしたけれども居場所は程なくバレて家に連れ戻され、駆け落ち相手である男性には父親お金で解決します
駆け落ちした男性はシャーロットの父親からの手切れ金を持ってシャーロットの前から姿を消してしまいます(´;ω;`)
スキャンダルを引き起こしたシャーロットはイギリス国内には置いて置けない!と父親から勘当されてイギリスからヨーロッパ大陸のに渡ったものの、異国でしりあった男性に騙されて所持金やら奪われてしまい、途方にくれていたところ彼女の美しさにゾッコンになった裕福で美しいものを収集するのが大好きな年老いたイタリア貴族に求婚され、イタリア貴族は美しい女性を着せ替え人形みたいに着飾らせたりしていつでも姿を眺めたりできるし、異国で所持金もなく一人ぼっちのシャーロットは夫からの保護を得るというお互いにwin-winになるからと恋愛感情抜きで結婚したという過去があります
 そんななか、夫であるイタリア貴族やシャーロットを勘当した父親も亡くなり、ヨーロッパ大陸で暮らすシャーロットにこまめに手紙を書いたりして気遣ってくれてた優しい兄までも亡くなり、シャーロットは兄の遺言から結婚適齢期の唯一の肉親となった姪っ子スーザン・トラッターの後見人となり、イギリスに戻ります
姪っ子スーザンは貴族ではないですが、貴族に次ぐジェントリー階級の令嬢ですし、結婚持参金や兄からの遺産相続がたっぷりあるので、後見人であるシャーロットは昔の自分の苦い過去の体験や亡くなった兄のためにもお金目当ての求婚者から世間知らずのスーザンを守ろうと、ついついスーザンに干渉したりするんですが、甘やかされて育ってきた難しい年頃のスーザンからはなにかと煙たがられる日々です(´・ω・`) 
  一方、由緒正しいイギリス子爵の称号をいずれ継ぐ予定の貴公子であるスチュアート・ドレイク青年は、日頃の行いが祟って、なにかと彼を目の敵にする父親からとうとう勘当され屋敷を追い出されたり生活費の支給を打ち切られてしまいます
経済的に大ピンチなのに、心惹かれて購入したオークウッドパークという荒れた屋敷や農園のある地所を修繕したりと手を加えたり、いずれ農園が利益を出してくれるはず!!と地所のなかを整備していくのに借金までして注ぎ込み、いよいよ首がまわらなくなり、お金のために手っ取り早く彼に恋してゾッコン状態の持参金を持つ遺産相続人のスーザンと結婚しようと考えてます  (;´∀`)
   そんな2人の仲を大反対するシャーロット叔母さんとはしらないで、あるパーティでスチュアートは美しくエキゾチックな魅力を持つシャーロットの姿に魅了されてついフラフラとナンパしてしまいます!!
 ワザとスチュアートをメロメロにさせる色香を振りまいてたシャーロットは、このナンパからハレンチなスチュアートを許せない!と前から囁かれていたスチュアートに関する良くない噂に 酷い尾ひれをつけたりして、田舎町の上流階級から締め出す作戦に取りかかります(;´∀`)
スーザンが日頃話していた口やかましい年寄りの意地悪なシャーロット叔母さんのエピソードから想像していた鬼婆とは全く別人のまだ若さのあるセクシーでみずみずしい美女だし、会話しても機知に富み面白い素敵な女性であるシャーロットとのファーストコンタクト以来、スチュアートはシャーロットに心奪われてしまいます
  スチュアートはスーザンにはLOVEではないけどLIKEな感情はあるんですがやっぱり財産目当てだし、若いお嬢ちゃんなんで悪い子ではないけど情熱的な愛を捧げるべき相手ではないので、スチュアートの心の天秤はたちまち、魅力的なシャーロットに傾きますが、 まだまだ若いお嬢ちゃんなスーザンは、お金とか関係ない!愛こそ全て!!駆け落ちしてしまえば全て解決!!とスチュアートに駆け落ちをグイグイ持ちかけます(´・ω・`) 
  スチュアートは、お母さんからいずれ妻になる女性に渡すようにと渡された指輪をスーザンに渡してしまうんですが、シャーロットに心惹かれることから後悔して、シャーロットとスーザン、そしてシャーロットの親友で居候のオペラ歌手のルチアの住む女所帯の屋敷に忍び込み、スーザンに贈った指輪を取り返そうとしますが…(;´∀`)
  ーとものがたりは始まります(^ω^)
   シャーロットが若い時に起こした恋愛スキャンダルで家名に傷がつくからイギリスには置いて置けない!と亡くなった母親の遠縁のいるヨーロッパ大陸に父親から勘当されたり、ロンドンの社交界だとまだシャーロットの若い時の過ちが忘れたりされてなくてヒソヒソされたり、まだ17才だった彼女に愛を囁いて駆け落ちしたけど、結局お金目的だった男性と再会するシーンの描写やお互いにwin-winになるからと互いに恋愛感情抜きで結婚した亡くなったイタリア貴族の夫が男性機能が不能なので代わりにシャーロットにさせていた退廃的なことなど重い過去もありますが、男装して憎き女たらしのスチュアートの家に忍び込むなど大胆さもあれば、過去の過ちをスーザンからなじられたりして傷付いたりする繊細な心のごく普通の女性であるシーンや兄から託された姪っ子をなんとか守ろうとする優しいシャーロットのキャラクターが好きですね(^ω^)
 あと、シャーロットがヨーロッパ大陸のあちこちに行っていた際に知り合った親友の元オペラ歌手のルチアがなかなかナイスなキャラクターです
 ルチアがもっと出番のある作品読みたいです(^ω^)
  シャーロットがトリコになるくらいコーヒーを美味しく入れるのが得意で恋愛話やエロ話大好きだったり、いろいろと皮肉ったり、シャーロットにツッコミ入れたりするキャラクターなんですが、元はミラノ一のソプラノ歌手だったのに、加齢や付き合っていた男性の影響で吸い始めたトルコ煙草でかつての美しい声は失われてしまい…という寂しいエピソードがあったりします
    スーザンは、まだまだ世間知らずの若いお嬢ちゃんなんで、時折、叔母さんであるシャーロットにかなり残酷な言葉を投げつけたり、無鉄砲なことをしでかすところが(;-ω-)ウーンとなりますね
結婚適齢期とはいえ、まだまだティーンエイジャーな女の子を監督するのは本当に大変でしょうね…(´・ω・`) 
   あと、とある騒動が起こり共同戦線を張ることになったスチュアートとシャーロットですが、捜索のときに立ち寄ったスチュアートの実家でスチュアートとは仲が良くない彼のお父さんが不機嫌だったりすることから、いろいろ遠慮してたり身を縮める感じでいるシャーロットに対してお父さんがかなり失礼な言動をするのがめちゃくちゃむかつきましたね( ´'ω'` )
   家族のいざこざはさておき、招待してる客人ではないけど、息子の客人にあたるシャーロットに失礼な言動するってちょっと……(*'へ'*) ンー
ヒロインもヒーローも父親との間に複雑な感情があったり、されてきた仕打ちに傷付いたりしてきたのを互いに告白し、距離が縮まっていくシーンは素敵でした
  ただ、総合すると、「ためらいの誓いを公爵と」の方がストーリーやキャラクターが好きだな~と思いましたね
  キャラクターは悪くないんですが……(*'へ'*) ンー
デビュー作と言いますから仕方ないのかな?
 

BGMマスキングテープがようやく少しだけ田舎町でも買えるように☆

株式会社BGMの四季の彩マスキングテープより3種類(葡萄染、乙女桜、孔雀)

   どうもです(^ω^)
映画「バトルシップ」を( ゚ ρ ゚ )ボーと妹1号と冷やしたハーブティーを飲みながら観ました(`・ω・´)ゝ
 以前、映画館で見たんですが何回目かを見返しましたが、( ´∀`)ハハハとなるアクション映画で、私が子供の時にみたハリウッドアクション超大作みたいで懐かしくなりましたね(^ω^)
 教養や賢さが本当は備えてるのに、ちょいちょい現れるアホな無鉄砲さが自分のみならず周囲にもピンチを招くという夏目漱石の「坊ちゃん」みたいな主人公とハワイで合同訓練していた主人公とは犬猿の仲である日本の海上自衛隊のナガタがタッグを組み、頭脳を使ったり真珠湾の戦艦ミズーリとミズーリの乗組員だったおじいちゃんたちの協力を得たりして地球を侵略しにきたらしい宇宙人を撃退するストーリーなんですが、比較的、やってきた宇宙人がマトモに感じるんですよね…(*'へ'*) ンー
 優れた科学技術を持つ宇宙人たちですが、耳がキーンとなる衝撃波?超音波?とライフラインや基地のヘリコプターなどを壊しまくるヘンテコな金属製のコマみたいなので、簡単に迅速に地球を支配出来そう……(;´∀`)
  
    さて、私が住む田舎町にも株式会社BGMのマスキングテープが少しだけ入荷されるようになりました!
   売れやすいメジャーなメーカーしか置かない傾向があるので、お店で見つけた特なキャ─(´∩ω∩`)─♡てなるくらい、嬉しかったですよ(*´ω`*)
水彩画モチーフで、とても繊細な花鳥風月が描かれていて、ウットリしまする(^ω^)
  どれもお気に入りですが、なかでもマスキングテープだと珍しい孔雀の羽根モチーフがお気に入りです(^ω^)   

ゆめかわいいシール☆

株式会社クーリアのミラネージュフレークシール(プリズムジュエル&オーロラナイト)
100円ショップのキャンドゥで見つけた GAIA Co.,Ltd.の「にっぽんのかわいいシール  金魚」
プリズムジュエル
オーロラナイト
    どうもです(^ω^)
海外ドラマ「エレメンタリー  ホームズ&ワトソン  inNY」を観ました(`・ω・´)ゝ
  女性を殴り殺して、遺体に噛み付いて噛み跡を残すというパターンの恐ろしい犯罪をホームズとワトソンが解決しようとする回でした
 実際にあったアメリカの連続殺人事件の捜査から歯型は指紋と同じく個人の認証に使えると警察や裁判で証拠と認められることになった実際のエピソードや、この流れから海外ドラマの「刑事コロンボ」のなかでも、現場に残された高級なチーズにのこされたひと口齧った跡から犯人がその場にいた証拠になるエピソードやトマス・ハリス原作の「レッドドラゴン」で犯人の青年が入れ歯を装着して犯行の際に人を噛むエピソードとか思い出してヽ(゚ω゚)ノあばばばばとなりましたね(´・ω・`)
  あと、前職は医師だったワトソンの過去にも纏わることも描かれていた回で、ドキドキしました!
   
   さて、数ヶ月前に株式会社クーリアからミラネージュシールの新しいシリーズがでたのを知りましたが、田舎住まいゆえなかなか取り扱い店が身近になくて、ネット通販するかなと思ってたんですが、つい先日、とあるスーパーの文具コーナーを( ゚ ρ ゚ )ボーと観てますと、買おうかと迷っていたミラネージュシールがいくつかの種類があったので、ビックリしました!
  私の好きな星空モチーフときらきらとした宝石モチーフというのがたまりませんキャ─(´∩ω∩`)─♡
  あと、100円ショップのキャンドゥで、可愛い金魚のシールを見つけたので、金魚モチーフ好きなので買いました(^ω^)

映画「オペラ座の怪人」のサントラ盤CD☆

映画「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック
どうもです(^ω^)
映画「魔法にかけられて」をまた観ました(`・ω・´)ゝ
 妹2号と炭酸水に氷とライムやレモンのスライスを入れたものを飲みながら( ゚ ρ ゚ )ボーと観てました(^ω^)
 何回観ても、この作品はディズニー作品のパロディ的な面を見つける映画好きの面からみても心が温まる優しくて楽しくて大好きです(*´ω`*)
     
  さて、Amazonの中古品になりますが、2005年の映画「オペラ座の怪人」のサントラCDを買いました(^ω^)
   映画「ザ クライアント 依頼人」、「バットマンフォーエバー」「バットマン&ロビン ミスター・フリーズの野望」などの監督がアンドリューロイドウェバーによるバージョンのミュージカルを完全映画化した豪華絢爛な作品で、映画館でみた私はもうメロメロになり、以来何回も見返してるのですが、今回はサントラCDをとうとう買いました(;´∀`)
なぜか、リーフレットには歌詞をかいてるページがないという...(*'へ'*) ンー
   舞台がフランスのガルニエ宮をモデルにしたオペラ座で、劇中劇のバレエやオペラやキャラクターたちの衣装も楽しめる1粒で何粒も美味しい作品です(*´ω`*)
 視覚的にも素敵な作品ですが、歌も素敵なので大好きです(*´ω`*)
  あと、自分が陰キャラなんでついついファントムに肩入れしちゃいます(;´∀`)
映画の中に入ってみたいと思う作品のひとつだったりします

初めてIKEAへ行く&北欧の夏の味覚ザリガニを食す☆

初めて訪れたIKEA(記念撮影できるスペースがありました)
シンプルし過ぎじゃなくて、スイート過ぎない理想的なインテリアデザイン
ストアガイドとお買い物メモ用紙と鉛筆
IKEA内のレストランで食べたサーモンフィレ レモンディルソース&ザリガニ(妹2号とわけっこ)&ドリンクバーの烏龍茶  (後ろに並んでいたお客さんがグイグイくるので慌てすぎて、カトラリーの置き方がめちゃくちゃ)
彩りがキレイでサッパリしたレモンとディルソースが美味
 初めて食べたザリガニ...
   どうもです(´∀`)
このところ、ちょっと気温が落ち着いてきてからお腹がめちゃくちゃ空いてたまりません(;´∀`)
 真夏のあいだはあまりに暑くて食欲落ちてたんですが...(*'へ'*) ンー
  もう少し気温が下がったら、ウォーキングして身体を動かしいです(^ω^)
 
   さて、先日、IKEAに妹1号&2号と行ってきました!
 わたしにとって生まれて初めてのIKEAでしたので、見るもの全てが新鮮で、なんだかスパイみたいにあちこち見ては、(ΦωΦ+)ホホゥ….と感心してました(;´∀`)
レストランコーナーでサーモンフィレのレモンディルソース、ザリガニ1匹、ドリンクバーを食べたんですが、どうもザリガニは子供の時の思い出やら頭によぎるんで、妹2号と顔を見合わせて(;-ω-)ウーンとなりましたね( ´'ω'` )
スウェーデンでは夏の味覚だそうで、沢山の茹でたザリガニを家族や仲間と舌鼓を打つパーティをするそうですが、日本だとザリガニというと食べるのが一般的ではないから、話のタネにとかいいながらも恐る恐る殻を剥いて食べました(;´∀`)
ザリガニのミソは美味しかったですが、胴体の肉はちょっと茹ですぎたシャコエビっぽいかも...
サーモンフィレは彩りもキレイでレモンとディルソースが爽やかでサッパリして美味しかったです(*´ω`*) 
 機会があればまた食べたいなぁ( ゚ ρ ゚ )ボー
  ドリンクバーでは烏龍茶とラズベリーの炭酸ジュースを飲みましたが、ラズベリーの果実の風味がしてにこにことなりました
レストランですが、システムはトレーを持って食べたいものをトレーに乗せて、最後にレジでお会計というセルフサービス式とシンプルですで飲食するスペースも広くて、さまざまな雰囲気の設えがしてあり、モノトーン系とか可愛らしいお花柄とかIKEAの品物でテーブルが可愛らしくセットされていたり、ベビーフードやミルクなど必要な乳幼児をつれた家族向けに電子レンジが数カ所設置されていたりするサービスが素敵でした(*´ω`*)
 食べたあとの食器を載せたトレーは専用の回収用のベルトコンベヤーに置いてあとは洗い場に運ばれていくシステムを見た田舎者のわたしは( ゚∀゚)ウヒョー!!となってましたよ(;´∀`)
    
 すごく小さな出来事ですが、スウェーデンが舞台のミステリー小説の「ドラゴンタトゥーの女」の中に、約40年前に突然姿を跡形もなく消して以来亡くなったとされてる少女の兄で一族で経営する財閥の跡取りとなっているキャラクターの家に招かれた労働者階級出身のジャーナリストの主人公が招かれるんですが、お金持ちの家で、すごくモダンな造りの家なのに、主の個性を表すインテリアになると、本棚の本が少なく壁に掛けてる額縁に収まる絵がIKEAにあるようなポスターやリトグラフ、逆にキッチンには調理器具が充実しているというシーンがありまして、こういうキャラクターの趣味や生活、性格を表すシーンにIKEAの商品が出てくるくらいにスウェーデンでは普及して人々に親しまれてるんだなぁ~と( ゚ ρ ゚ )ボーとなってましたが、ようやくIKEAで売られてるポスターやリトグラフの実物を見れ(ΦωΦ)ホホォ…となれて良かったです(´∀`)
 販売されていたポスターやリトグラフですが、ポップアートともち違う親しみやすい感じで和みましたね
 
シャインガレード テーブルランプ(ベージュ)999円のテーブルランプ(電球は別売り) 全長約30センチ
ランプの傘の内側
パッケージから出したとこ
399円のテーブルランプ用のLED電球2個入り(リーエト E17 200ルーメン)
 あと、少し前に壊してしまった妹1号のお下がりのIKEAのガラス製のテーブルランプの代わり&折角IKEAにきた記念にと999円のテーブルランプとテーブルランプ用のLED電球2個入りを買いました(`・ω・´)ゞ
 ランプの傘が、なんだかはかなげな造りなんですが、とてもシンプルだけどはかない造りがかえって人が作った味わいになり無味乾燥過ぎないデザインだなと
とても値段もリーズナブルだし、あたたかい白熱電球風の電球の色が気に入っています(^ω^)
1番やすいテーブルランプをネットでみて目星を付けてましたが、実物をみてみると「ありゃりゃ( ゚ω゚) イメージより大きいし、ペラペラしたプラスチック感がなんだかなあ…」となり、画像のテーブルランプを選びました
ラズベリーミックスドリンクとオスビットサービングセットの木のスプーン
北欧で採れたラズベリーと思いきやまさかの原産国スペイン
ソフトトイのネズミ(グレー)、199円
オンラインストアのレビューに、リアルすぎてキモイと言われたというレビューがありました(;´∀`)
小動物好きにはたまらない!
あと、木製のスプーンとラズベリージュースの紙パック、ネズミの小さなぬいぐるみを買いました(^ω^)
   ソフトトイというカテゴリになる199円というビックリな値段のハツカネズミのぬいぐるみですが、げっ歯類をはじめとした小動物が大好きですし、ピクサー映画の「レミーのおいしいレストラン」のレミーによく似ているので、長くぬいぐるみを買わなかったんですが、たまらず買ってしまいました(;´∀`)
 フワフワふにゃふにゃっとした手触りや質感です
  このぬいぐるみの名前ですが、もちろんレミーです(´∀`) 今回買ったテーブルランプのところにちょこんと置いてたりします(映画アメリに出てくる アメリの寝室にあるナイトテーブルのランプっぽい感じで)
  色んな国の言葉で、洗濯方法など書かれたタグがついてますが、なんか神社のおみくじくらいの長さのタグでちょっと不細工だし切り取ったもののタグの端っこが手に触れて違和感あるところがトホホです(;´∀`)
 日本語の説明がすごくちょっとしか書いてないんで、やたら詳しく書いてある中国語表記のタグを見て、解読してなんとなく意味を理解したりしてました( ´'ω'` )
  あと、帰りの道中に車の窓から夕日や海を眺めたりアールデコ様式の建物があったので妹2号と楽しくなったり、一ノ谷の戦いのあった古戦場の須磨浦公園のそばを通り、平家物語の平敦盛の敦盛塚があるのでその話をしたりしてヾ(*´∀`*)ノキャッキャとしてますと、長時間運転して疲れがMAXの妹1号に「観光気分か(°д° )!!」と叱られてしまいました( ´'ω'` )
   

今月のフェリシモのガラフルシール&マスキングテープ☆

今月のフェリシモのガラフルマスキングテープ&シール(Bouquet )
パッケージから出したところ
マスキングテープ&シールはこんな感じ
    どうもです(*´ω`*)
海外ドラマの「緊急救助ER」を久しぶりに観ました(`・ω・´)ゝ
 めちゃくちゃいい加減なキャラクターでトラブルメーカーな医師アーチーモリスが不遜な態度で治療拒否をしている重体患者を診察したりしてみると、実は患者は里親に虐待されてきた過去から多重人格障害を患っていて、度々ERで治療を受けていたりすることから多重人格で主導権を握る傲岸不遜な人格が頑なに治療拒否することに気付きますが、モリス医師は普段のダメダメなキャラクターが災いして、イソップ寓話の「オオカミ少年」みたいになかなか周囲の医師やスタッフから信じてもらえず、治療拒否をなんとか覆す協力をしてもらえないのです(´・ω・`)
  そんななか、モリス医師はなんとか治療を患者が受け入れるようにと頑張っていると、いろいろと苦労した人生を送ってきた看護士のサムが普段と違う真剣なのに誰にも取り合ってもらえなくて(´・ω・`) ショボーンとなるモリス医師に「私はあんたを笑ったりしないよ」と味方となってくれて、不遜な態度をとる人格になっている患者にキモが据わってるサムは怯まずにガツンと言って、治療を受け入れることを了承させ、重体の患者は治療を受けて生命が助かります(^ω^)
毎回のように   ドラマのキャラクターや視聴者をイラつかせるモリス医師ですが、この回のモリス医師は多重人格の患者に寄り添い、なんとか生命を救おうと別人みたいに頼もしくて素敵でした(*´ω`*)
 あと、看護士のサムもモリス医師にいじわる言われたりする回もちょくちょくあるんですが、他の医師やスタッフに自分の見立てを信じてもらえなくて(´・ω・`) ショボーンとなるモリス医師を元気づけて、協力するシーンが漢気があって素敵でした(*´ω`*)  (サムは女性なんですが、肝が据わってて、頼もしいキャラクターなんです)
   
   さて、8月のフェリシモのガラフルマスキングテープとマスキングテープ状のシールを紹介しわすれていたので載せますね(^ω^)
今回は、ボタニカルなモチーフですね
  ナチュラルなオサレ感のあるシールとスッキリしたシンプルなマスキングテープです