新・ゆるすぎ日記 2018年07月12日
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

ホンワカする世界の物語   ルーシーモンゴメリー 「赤毛のアン」☆

ルーシーモンゴメリーの「赤毛のアン」
     どうもです(^ω^)

映画「デッドプール2」を観て来ました!
 第1作を観てませんが、基礎知識や予備知識もろくにないまま映画館に殴り込みです(;´∀`)
 全身を重い病に冒された男ウェイドは、愛する恋人のために怪しい治験を受けたところ、酷い容貌と変化し死なない不死身の肉体を手に入れ、デッドプールと名乗り悪党をぶち殺すというという稼業をしてたんですが、復讐に燃える悪党から自宅襲撃に遭い最愛の恋人を亡くしてしまいます(´;ω;`)
腑抜けたデッドプールはヒーロー仲間に支えられたり、ミュータント能力を持つ孤児院で職員からの虐待などから炎を自在に操る能力を暴走させた少年を救助?しますが、虐待していた職員を血祭りに上げてしまい、ミュータント能力を無効化する首輪を装着されて、孤児院で騒ぎを起こした少年と一緒に「アイス・キューブ」と呼ばれるミュータント能力者専用の刑務所に収容されてしまいます(´・ω・`)
    そこへ、現れた武装したサイボーグというかターミネーターシリーズのシュワちゃんみたいな未来人が少年を殺そうと迫り来るのですが、ミュータント能力を無効化する首輪によりミュータント能力で抑制されていた病気が再発し虫の息のデッドプールは少年を守れるのでしょうか?
 武装した謎の未来人の目的とはなんかんでしょうか!?
   ーというストーリーで、デッドプールによる第四の壁を突き抜けるギャグやパロディはハチャメチャなんですが、友情や仲間との絆な愛など話の構成は王道パターンでした!
 (´・∀・`)おや?この展開どこかで観たような...という様々な映画のパロディやらポップカルチャーの小ネタが満載で、(((゚艸゚))クスクスなり通しでした(;´∀`)
   若い人にはフラッシュダンスや氷の微笑やらのパロディが伝わるのかしら…(;´∀`)ともちょっと心配になりました
 
    さて、久しぶりにルーシーモンゴメリー女史の「赤毛のアン」を読み返しました(*´ω`*)
  子供の時に観た実写映画が素晴らしくて、原作と共に好きな作品です(^ω^)
  両親が相次いで病死し、身寄りがないため、孤児院や様々な里親家庭を転々としてきて余り愉快とは言えない暮らしを送ってきたやせっぽっちの赤毛の少女アンシャーリーですが、ある手違いからアンを間違えて引き取った老兄妹マシューとマリラと出会い、ようやく落ち着ける環境でマシューとマリラに見守られて成長していく物語です(*´ω`*)
  アンは文学少女で想像力がたくましすぎたり、時折顔を覗かせる短気や後先考えない判断から、マリラのお母さんの形見の紫水晶のブローチを盗んでなくしてしまったとか意味不なウソをついたり、インチキな髪染め剤を買ってしまい髪の毛が緑に染まってしまう失敗したりするというなかなかパンチの効いたキャラクターなのも魅力的ですが、周りのキャラクターたちは大変だろうな…とちょっと心配になったりしますが、愛すべきキャラクターです(*´ω`*)
  Netflixで観たりできる「アンという少女」という海外ドラマ版ですと、アンの突飛なキャラクターは、過去の不幸な子供時代からのトラウマからの影響と描いてるんですが、多少は理解できますがトラウマからきてる!!という現代的な解釈やアンの辛い過去のフラッシュバックの演出が強くて、物語に慣れ親しんだ側からすると( -ω- ) ンー・・・となるんですよね(´・ω・`)
   あと、プリンスエドワード島でのちんまりしたローテクな日々の営みとか、多嫌なキャラクターも多少は居るけど、温かい人々との交流でアンが成長していく様子がたまらなく好きです(*´ω`*)