新・ゆるすぎ日記 2018年05月06日
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ジェーン・オースティン「ノーサンガーアビー」

ジェーン・オースティンによるゴシック小説をパロディにしたドタバタ作品「ノーサンガーアビー」
  どうもです(´∀`)
妹1号が宝塚歌劇団の「ひかりふる路   ~革命家、マクシミリアンロベスピエール~」とレビュー「SUPER Voyager」のDVDを観ました!
  フランス革命により、革命に燃える人々に愛する家族や婚約者に使用人たちまで殺され、ただ1人命からがら助かった貴族の令嬢マリー=アンヌは、パリへ革命家マクシミリアンロベスピエールへ復讐を果たさんとやってきますが、2人はしだいに惹かれ合い...という愛や友情、理想に燃える若者たちの歴史ロマンです!!
 なかなか重厚なテーマで見応えのあるお芝居でした!!
    さて、ジェイン・オースティンの「ノーサンガーアビー」を買いました!
ジェイン・オースティンの初期の作品で、当時流行していたゴシック小説をパロディ化したコメディものだそうです(´∀`)
ーが、ゴシック小説について全く分からないので、パロディシーンとかわからない(´・ω・`)
 これから読むんですが、とても楽しみです(*´ω`*)