新 ゆるすぎ日記 2016年07月

新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

奥田英郎さんの ドタバタコメディ小説  空中ブランコ☆

奥田英郎さんの 空中ブランコ
どうもです(´・ε・`)
映画「スモーク」を見ました!
ニューヨークの街角にある小さなタバコ屋さんに集う人々を描いたストーリーです(*´ω`*)
  是非、観て頂きたいので、ストーリーは伏せますが、Oヘンリー風の作品で、温かい気持ちと( ´艸`) クスクス!ときます!
  是非、1度ご覧になって下さいませm(_ _)m
   
さて、今日は、奥田英郎さんの伊良部医師シリーズの第1作の「空中ブランコ」をちょっとだけ紹介します(*´ω`*)
 映画化やアニメ、ドラマ化されている伊良部医師シリーズですが、ある大きな病院の地下にある跡取り息子が担当医の精神科に助けを求める様々な患者さんの一話完結型の(*^艸^)クスクスw来るドタバタコメディ小説です(*´ω`*)
  悩み事が身体や心に影響してしまい、いつも通りの生活が送れなくなった老若男女が主人公で、変人医師の伊良部一郎は狂言回しという感じですが、伊良部医師はなかなかに個性が強烈で、患者に必要ないビタミン注射をナースのマユミちゃんにさせては、注射する様子をガン見するのが大好きという妙なクセなどがあったり、時に暴走して患者に諌められたりするキャラクターなんで、インパクト大です(;´∀`)
  あと、出番はそうたくさんないのですが、謎の多いセクシーな美人だけど、とてもぶっきらぼうなナースのマユミさんもステキなキャラクターです(´∀`*)ウフ
 診察に訪れた様々な患者さんたちが、投薬治療がメインで治すより、ハチャメチャな伊良部医師とのやり取りや、病院の外でのやり取りなどから心身の不調の原因に気付いて、原因と向き合い、程よく折り合いつけたりすることで、癒されて行くというストーリーパターンです(*´ω`*)
奇人変人の伊良部医師が患者さんを巻き込み、人が人で癒されたり、カウンセラーさんの役目もしているというのがなんか良い(^ω^)
 シリーズ第1作目の「空中ブランコ」で一番好きな話は、「女流作家」というスランプの女流作家の話ですね
出版社の人に、売れっ子ぶってツンケンしてる上に、売れてはいるものの、自分で書いてて、どれがどのストーリーかあやふやになるくらいワンパターン、作品に愛着もなく、軽くて内容が薄い恋愛小説をただ量産している女流作家さんがいまして、ある日、新進気鋭の若手の女性作家さんとの対談の最中にストレスから体調崩してテーブルに(‐д`‐ll)オェ… とやらかしてしまいます(;^ω^)
  ハーレークインロマンス小説なら、ワンパターンな恋愛ストーリーでもパターンが伝統芸というか、様式美となってますから納得行きますが、この話の主人公である女性作家は、飯の種をチョチョイと量産していて大作家気取りで、なんか鼻持ちならない感じなんですよね(´・ω・`)
  読むと、キャラクター造形の大雑把なモデルは、実在する女性作家のあの作家さんっぽいなぁ……(*'へ'*) ンーとなる作品だったりします(;´∀`)
  作品の中の女性作家さんは、友達のパットはしないけど、仕事に情熱を捧げてるライターさんや伊良部医師とのやり取りから過去に、取材も綿密に行い渾身の作品として出したけど、さっぱり売れなかった作品にまつわるトラウマから決別して、また、渾身の作品を書くぞ!と回復するのが素敵なんですよね(*´ω`*)
  とてもユーモア溢れるサクサク読める作品なんで、オススメします(*´ω`*)
   シリーズの「インザプール」を映画化した映画版は(*'へ'*) ンーという感じかな( ̄▽ ̄;)
  
  

キャンドゥさんの夏のマスキングテープ☆



どうもです(*´ω`*)
映画「バッファロー66」を観ました(`・ω・´)ゝ
刑務所から釈放された男が、トイレを借りに寄ったダンス教室の生徒の女性を拉致して、仕事もプライベートも順調だという真っ赤な嘘をごまかすために両親の居る実家に連れていき妻としてふるまわせるんですが……という話です(*´ω`*)
  最初は、拉致した女性にむちゃくちゃ偉そうでワガママ放題な男なんですが、実家に帰ったところ、昔から男に対して関心が薄くて、ひどい機能不全な家族と判明して、情緒不安定な理由が観てる人や拉致した女性にも伝わり、oh......(´・ω・`)と同情してきます
  やがて、男と拉致された女性の間に愛情が芽生えていき……というのが、観ていてホンワカしました(*´ω`*)
ラストシーンが素敵でした・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・
   さて、キャンドゥさんにて、少しだけ前になりますが、夏向けのデザインのマスキングテープがまとめて販売されまして、シールやマスキングテープの類いに惹かれる私は、キャンドゥさんを2軒回ってコンプリートしてきました(;´∀`)
バナナやパイナップル、貝殻、椰子の木などがありそうでいて、あんまりないデザインなんで、眺めていると本当に・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・しますよ

ダイソーのファンデーションブラシ☆

ファンデーション用のブラシ2種
チークブラシ
携帯用のファンデーションブラシ

不思議なかたちのファンデーションスポンジ
  どうもです(´・ε・`)
映画「SCREAM」を観ました((;゚Д゚)ガクガクブルブル
  アメリカのとある田舎町で、同級生カップルがある日惨殺されてしまいます
被害者カップルと同じ科目を履修していたヒロインは、事件から数年前に母親を乱暴された挙句に殺害された痛ましい事件のトラウマに悩まされます(´・ω・`)
 そんなある日、父が仕事の出張で家を留守にしたところ、謎の電話が掛かってきて……というストーリーです
ヒロインの母親の死を嗅ぎまわってるニュースレポーターの女性が最初がうざいんですが、だんだん、うざく無くなるのが不思議(;´∀`)
  夏の暑い夜に冷房付けて、タオルケットを頭から被り、部屋を真っ暗にして見ると雰囲気出ます(*´ω`*)
 ポップコーンがあるとなおよし!
  
  さて、少し前に、百円ショップのダイソーにてネットで話題のメイク用のブラシや面白い形のスポンジを買いました(*´ω`*)
  これらは、100円ではなくて200円から300円の商品になります(*´ω`*)
  ナイロン製のブラシなんですが、本当に触り心地が良くて、必要以上に触っては・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・してしまいます(;´∀`)
手入れも丁寧に洗剤で洗って、キッチンペーパーで軽く水気を拭い、乾かすだけなんで楽チン(´∀`*)ウフ
  プレスファンデーションは、メイクが壊滅的に下手な私にはスポンジで塗るよりも、ブラシでふわふわとしてのせる方がきれいな仕上がりになると気付きましたよ!
リキッドファンデーション用のブラシはまだ使い方がつかめてませんが、メイクした(`・ω・´)キリッという感じになりますね
  とても良い買い物をしたと思います(*´ω`*)
  私は買ってませんが、「歌舞伎ブラシ」と銘打った 牡丹刷毛状のブラシもありました
こちらは、携帯用みたいにはならないので、傷まないように保管が、ズボラな私には不向きかなと……( ̄▽ ̄;)

レトロなシールちょこっと☆







  
どうもです(*´ω`*)
映画「リング」を観ました(`・ω・´)ゝ
ホラー映画の「リング」ですが、とにかく怖がり屋なんで、一世を風靡した公開当時観れないまま、月日が流れて、先日、ようやく観ました(`・ω・´)ゝ
  感想は、貞子出るまでが長くてだるかった(´・ω・`)のひとことでした(^ω^;);););)
なんだろう……私には合わないホラー映画なのでしょうか……(´・ω・`)
「仄暗い水の底から」は、怖さと叙情性にとか(°_°;)ハラハラ(; °_°)で、良かったのですが……(*'へ'*) ンー
 
   さて、少し前に遠方にある百円ショップのセリアさんに行きまして、レトロビンテージなオサレなシールを買いましたよ~(´∀`*)ウフフ
この手のレトロビンテージなデザインが好きだけど、あんまりフレークシールでは見かけないので、安く買えるのが嬉しいです(*´ω`*)
  ヴィクトリアンなシールなんかも出てくれると嬉しいです!

氷嚢は偉大なり☆

ダイソーで買った氷嚢
氷嚢と熱さまシートは偉大なり
 どうもです((((;゜Д゜)))
映画「富江」を観ました((´д`)) ブルブル…
恐怖漫画が原作の周囲の男性を狂わせ殺し合いをさせたりする邪悪な美少女 富江と彼女に関わり心に傷を負い記憶喪失になった女性の物語です
原作は読んでませんが、なんか(*'へ'*) ンーとなる作品でした(´・ω・`)

  
さて、3COINSで買った氷嚢を寝るときや、暑さから頭痛が起きて横になっている時に愛用してます(*´ω`*)
おデコに乗せて寝ていると、氷嚢の水や氷の音が、眠りを誘います(´∀`*)ウフ
あと、小さい時に熱を出して氷枕して寝ていたのを思い出したりして、なんだか懐かしい気持ちになります(*´ω`*)
それと、熱さまシートもすごく重宝していますよ~(*´ω`*)
ただ、汗や皮脂で夏場は剥がれやすいのが困ります(;^ω^)
皆さんは、暑さ対策はどのようになさってますか(´・ω・`)?

ファミレスご飯Σd(・ω・d)ウマウマ!!!

ガストの朝食 キノコ雑炊
ガストの朝メニュー
余りに鳥唐揚げが食べたくて追加してしまいました(;´∀`)
   
どうもです(`・ ω・´)ゞビシッ!!
映画「トランスフォーマー」を観ました(*´ω`*)
第1作目なんですが、ストーリーは省略します(;´∀`)
正直言って、アクションやドンパチ溢れて目がまわる映画本編よりも、主人公や主人公の両親やペットのチワワのモージョの日常生活やトランスフォーマーたちが現れてからのドタバタ劇の方が面白いんですよね(*´ω`*)
主人公の両親ですが、子煩悩で庭いじりの好きなごくフツーの善良な人たちでほのぼのします(´∀`*)ウフ
  チワワのモージョは我が家にもチワワの梅ちゃんがいるから親近感わきます(*´ω`*)
オスなのに、首輪が可愛い水色で、お母さんが付けたキラキラのラインストーンがジャラジャラなのも(*^艸^)クスクスwします
 モージョは犬なのに、前脚を怪我してギプス巻いてるからか、主人公から犬用らしき痛み止めを貰うのが大好き(しかも、ハイになってしまうらしい)なのが、アメリカらしいな~と(;´∀`)
あと、主人公が想いを寄せる車マニアのヒロインが美人さん!  この方にシリーズずっと出て欲しかったなぁ(´・ω・`)
  さて、先日のことですが、久しぶりにファミレスのガストさんに行き、朝食食べました(*´ω`*)
  胃がちょっと弱り気味でしたので、キノコの雑炊を頼みました(*´ω`*)
 キノコも大好きですし、半熟玉子入りで玉子好きには嬉しい1品でしたよ~
   胃が弱り気味なのに、卑しん坊なんで、唐揚げの単品を頼んでしまいました(;´∀`)
 

最近のハムスター☆

手のひらでポケーッとくつろぐネネちゃん
  
どうもです(・∀・)
映画「Kー19」を観ました
ロシアがソビエト連邦だった頃の原子力潜水艦で実際に起きた事故をもとにした映画です(´・ω・`)
ストーリーは実際に観て頂きたいので、省略しますが、潜水艦での暮らしぶりやちょっとした会話や原子力潜水艦で潜水できる限界を、超えた深さに潜水する実験に成功して、船員たちが大はしゃぎしてニコニコと記念撮影してるシーンと原子炉に冷却水を送るための修理をバケツリレー式に雨合羽の親類みたいな簡素すぎる防護服をきて危険な場所に飛び込むシーンと(*^艸^)クスクスwくるシーンと緊迫して(°_°;)ハラハラ(; °_°)するシーンの振り幅激しくて、見終わるとグッタリ(ヽ´ω`)となります(´・ω・`)
  船員たちから信頼が厚く人柄も良くて、冷静に判断出来るリーアム・ニーソン演じる副艦長と、有力者の姻戚であることから艦長になったともっぱらの噂で、船員たちの生命や安全よりも軍人としての名誉や成果を上げることに拘るリチャードギア演じる艦長の人柄の違いを描いたシーンが良かったですね(;´∀`)
Amazonで約一ヶ月分ぐらい飼育用品まとめ買いしました
  さて、最近のハムスターのネネちゃんですが、食欲も夏前と同じで元気です(*´ω`*)
キャベツを手渡そうとすると、隅っこから駆け出してきて、私の指先からキャベツを引ったくって夢中でムシャムシャ食べてますね(´∀`*)ウフ
  ニンジンとかを与えてみてるんですが、(-ω-´ )ぷいと顔をそむけて匂いすら嗅ぎにいかないんですよね(;´∀`)
レタスはキャベツほど好きではないみたいで、少し食べると前歯でズタボロにして(-ω-´ )ぷいとしてしまうんです( ̄▽ ̄;)
好き嫌いが多いネネちゃんですが、もともと、すごく食が細かったから仕方ないのかも(^ω^;);););)
  私はネネちゃんとのエサや床材など消耗品の飼育用品を自転車で買いに行ってたんですが、この暑いさなかに、ちょっと離れた場所まで自転車で出向くのがなかなか大変なんで、夏が終わるまで、Amazonで対処商品を2000円以上まとめ買いすると送料無料のシステムを利用しようと、先日、注文しました
私が買う本やDVDに比べて、到着がちょっと早めでw( ̄△ ̄;)wおおっ!となりましたよ!

横溝正史さんの「獄門島」

映画やドラマでおなじみの横溝正史さんの 獄門島
  どうもです(○´ω`)
映画「幸せの一ページ」を観ました(*´ω`*)
ジョディ・フォスターさんが外出恐怖症&潔癖症の冒険小説を執筆するひきこもりの作家役をされてます(´∀`*)ウフ
南太平洋の海図にも載らない火山のある小さな孤島に海洋生物学者のジャックと彼の娘のニムという10歳前後の女の子がソーラーパネルでネットなどに使う電力をまかなったり、小さな菜園で野菜を育てたりと、2人きりで半自給自足で暮らしています
 数ヶ月に1度、親子に必要な自給自足ではつくれない日用品や本などを運ぶ船が近くに訪れる他に誰もやってこない島で、ジャックは海のプランクトンの研究や新種の発見をしています
ある日、1年に1度起きるプランクトンの活動を調査しに、ジャックは小舟に乗り調査に出掛け、友達代わりの存在の海亀の産卵を見守るために2晩留守番することにしたニムなんですが、島やジャックがプランクトンを調査しに行った地域一帯に嵐が訪れてしまい、激しい風雨や波が新種のプランクトンを調査や採取したりしているジャックの船を壊して、マストやら無線がダメになってしまいます(´・ω・`)
島で留守番しているニムの方も家が風雨でグチャグチャになります(´・ω・`)  なんとか、ジャックは愛娘ニムの居る島に帰ろうと試行錯誤をしだすのですが……
  一方、ニムが愛読してやまない冒険小説を書いている ひきこもり&潔癖症の作家アレクサンドラローバーは、アレックスローバーの男性の名前にしたペンネームで、ネットで情報収集しては男性冒険家が活躍する冒険小説を執筆してるんですが、今度の新作に出てくる火山について、イメージがつかめず、偶然、ナショナルジオグラフィックに火山のある孤島の暮らしについての記事を寄稿したジャックのネット情報からメールで取材しようと、メールを送信します
  アレクサンドラとニムはメールでやり取りし出すのですが、憧れの冒険小説の作者であるアレクサンドラのために火山を調べようと張り切ってロッククライミングしたときに、足に切り傷を負ったニムからの父がなかなか調査から帰らず孤島に1人きりであることや切り傷が化膿して腫れがあるとメールで知ったアレクサンドラは、動いてないタクシーに乗るだけで吐いたりするくらい酷い乗り物酔いや外出恐怖症(16週間は外出していない&家の門扉にある郵便受けの郵便物すら取りに出るのさえ難しい)に潔癖症(アルコール除菌するジェルが入ったボトルを常備)というアメリカのドラマの名探偵モンクみたいに難儀な人なんですが、ニムをなんとか助けに行くために、勇気を振り絞り、主食にしている缶詰スープとアルコール除菌ジェルのボトル数本をカバンに詰め込んで、ニムの住む島に旅立ちます!
ーというストーリーなんですが、ちょいちょい、冒険小説のワンシーンや登場人物の空想とかアレクサンドラが似てない性格だけども、自分を客観視してくれたりする分身である冒険家のアレックスローバーと会話したりしする演出がとても素敵でしたね(*´ω`*)
  ひきこもりの女性が冒険小説家というのも(´∀`*)ウフフとなりました!
   
    さて、横溝正史さんの「獄門島」ですが、金田一耕助シリーズの有名な作品のなかでは、一番好きな作品かもです(;´∀`)
戦友の遺言で、探偵の金田一耕助は、戦友の腹違いの妹3人の安全を守るために瀬戸内海に浮かぶ小さな「獄門島」を訪れ、次々と事件に遭遇してしまう……というストーリーです((;゚Д゚)ガクガク
  戦友の腹違いの妹たちの母親は旅回りの役者であり、祈祷師でもあったので、島に残ってた芝居小屋の大道具や小道具が使われて歌舞伎の「京鹿子娘道成寺」や芭蕉や其角の俳句をモチーフにした見立て殺人が起きるという怪しい妖しい美的センスがたまりませんドキ(*´ェ`*)ドキ
   殺人は当然許せないことですが、島の網元の跡取りに三姉妹がなるとめちゃくちゃになるから、犯人たちの気持ちも分からなくはないんですが……(*'へ'*) ンー

その後の室内園芸☆

最近の室内園芸

どうもです:(´◦ω◦`):ガクブル
映画「悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」を観ましたヽ(゚ω゚)ノあばばばば
続編やリメイク作品やら出てますが、今回はレザーフェイスの一族の血を引く女性が主人公です!
ストーリーは、第1作の「悪魔のいけにえ」  の後の話で、事件が明るみになり、追い詰められたレザーフェイス一家が保安官の説得に応じて、虐殺事件の首謀者を投降させようとした矢先に、地元の自警団みたいな人たちが暴れこみ、保安官の静止もむなしく銃撃戦や放火が起きてしまい、レザーフェイス一家は死に絶えたと思いきや、生き残った一家の赤ん坊を子どもに恵まれない自警団の1人が密かに拾い育てていました
赤ん坊には、家が放火された時にレザーフェイス一家の名字であるソーヤーの頭文字の焼け付いたネックレスによる火傷があります
この火傷痕が物語の鍵となります!
時は流れ、赤ん坊は美しく成長して、愛する恋人と暮らしながら、昼間はスーパーのお肉売り場の裏方を勤めています
  ごくフツーに幸せに暮らしてたんですが、ある日のこと、祖母が亡くなったという知らせが届き、自分の祖母はもう故人なのに……と不審に思い実家の両親に会いに行き初めて、自分が養女と知ります(´・ω・`)
そして、ショックを受けた主人公は彼氏や親友と親友の彼氏と連れ立ち、自分は何者であるかと調べたり、祖母から相続した屋敷を見に行くために旅に出るのですが……というストーリーですね
祖母の弁護士から、必ず、祖母の遺言書を読むように言われてましたが、忘れていて、お決まりの惨劇がはじまります((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタ
  典型的な南部のレッドネック(貧しい白人)という感じのボロ屋に住むレザーフェイス一家の親族に広い敷地のあるお屋敷に住む人が居たのが意外なのと、何よりもレザーフェイス一家の娘が環境が違うとフツーの娘さんに育つのが驚きでしたね(;´∀`)
ただ、後半になってその昔レザーフェイス一家を殺害した自警団みたいな人々から迫害されて修羅と化すので、レザーフェイス一家の血をやっぱり引いてるな……(*'へ'*) ンーとなりましたね(^ω^;);););)
  実は自警団の襲撃から生き残ってお屋敷の地下室に幽閉されていたチェーンソーを武器にしている被害者の顔の皮をはいでマスクにしているレザーフェイスことジェドに殺されかける主人公ですが、ジェドは彼女の一族の名字の焼け付いたネックレスの火傷痕を見た事から彼女が自分の一族と知り生命を助けます
  色々あって、主人公は屋敷にとどまり、祖母の遺言書を読み、地下室に戻ったジェドの世話をして行くことを決意するのでした
ーて最初に、あらましやら地下室に幽閉してるジェドの世話を託すことなど細かく書いてある祖母の遺言書読んでたら、惨劇がかなり軽減されていたか、起こらなかったんでは……とナンセンスとはいえども、ツッコミ入れてしまいます(´・ω・`)
 シリーズをだいたい観てるんですが、今作は怖くは無かったですが、こういうパターンも新鮮だと思いました!
  
 
   さて、その後の室内で育ててる観葉植物や多肉植物ですが、多肉植物が一鉢枯らしてしまいました(´;ω;`)
緑の指を持たない私は、植物枯らすと凹みます(´;ω;`)
 また、夏が過ぎたら新しく観葉植物を植えたいです(*´ω`*)
   画像ですが、ホコリが凄いから掃除頑張らないと(`・ω・´)キリッ

夏の生命の水  スポーツドリンク☆

トップバリュのスポーツドリンク
アルミパウチ入りのソルティライチ
外出のお供   便利なパウチ入りのアクエリアス
  
どうもです(´・ω・`)
先日、家族で妹1号2号の宝塚歌劇団のDVDを見ましたよ~(*´ω`*)
毎年12月に数日間開催されるファン感謝祭みたいな公演だそうで、セルフパロディの寸劇や歌や踊りを楽しむ内容となってます(*´ 艸`)
 お名前が分からないのですが、1人デビッドボウイさんみたいな方がいらして、(*-ω-)ドキドキしました(´∀`*)ウフフ
  あと、浦島太郎のウミガメの扮装をしたジェンヌさんがいらしたのですが、麗しいジェンヌさんが、ちょっとコミカル過ぎる扮装って大丈夫なんかしら?と冷や冷やしました(;´∀`)
 
   さて、去年も書きましたが、暑い暑い夏の命の水というべきスポーツドリンクですが、夏場の暑さに極端に弱い私には本当に生命線です(´;ω;`)
 暑さなどで頭痛が起きたり気分が悪くなった時に、コンタクトレンズを外して、濡れタオルや氷嚢で頭を冷やして、スポーツドリンクを飲むと、スーッと楽になるのが幸せです(*´ω`*)
  発明した人や普及させた人に表彰状渡したい(;´∀`)