新・ゆるすぎ日記 買い物してきたよ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

うっとりする優しい歌声  ナット・キング・コールのアルバム「アンフォゲッタブル」☆

秋の夜長に・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・するナット・キング・コールのアルバム「アンフォゲッタブル」
  どうもです(`・ω・´)キリッ
映画「築地ワンダーランド」というドキュメンタリー映画を観ました!
 東京築地市場が舞台のドキュメンタリー映画なんですが、わたしは、食い意地が張ってますしスーパーとか食材を見るのも大好きなんで、ドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキしながら観ました!
わたしは、東京に何度か旅行に行ってますが、なかなか銀座や築地方面に縁がありません( ´'ω'` )
 先日、家族が東京旅行に行って、築地市場で海鮮丼を食べてましたが、写メを見ると小ぶりのどんぶりにイクラや甘エビなど海鮮丼の具材がちゃんと乗ってるんですが、1杯3000円はすると聞いて( ´゚д゚`)ンァァア!とビックリして変な顔になっちゃいました(;´∀`)
  
    さて、前から気になっていたアメリカの歌手のナット・キング・コールさんの「アンフォゲッタブル」のアルバムをAmazonの中古品ですが買いました(^ω^)
 子供の時に両親の好みでカーステレオや自分用の赤とシルバーのラジカセでビーチ・ボーイズやフランスギャルなどのアメリカンオールディーズ系の曲をよく聴いていたり、あまり現代的すぎたり、流行りの音楽に疎いため、どうしても好む曲がアメリカンオールディーズに戻ってきてしまいます(;´∀`)
  YouTubeでナット・キング・コールさんの「枯葉」「ペイパームーン」「FLY ME TO THE MOON」「SMILE」や「モナ・リザ」などの歌を聴いてその優しくて柔らかい温かみのある:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・となる歌声に魅了されて、好きな時に聴きたいなあと思い、CD買いました(;´∀`)
アルバム「アンフォゲッタブル」ですが、全25曲で「アンフォゲッタブル」は歌手をされている娘さんのナタリーコールさんとの共演バージョンとナット・キング・コールさんだけの通常バージョンと2曲入っていますよ
収録曲は、ナット・キング・コールさんの代表的な「ペイパームーン」「ルート66」「LOVE」「モナ・リザ」「スマイル」「枯葉」などが入ってます
  今どきはスマホなどで音楽聴いたりするのが主流なのでしょうがアナログ人間なんで、CD買いましたよ(^ω^)
  これからの季節にピッタリの歌声だと思います(´∀`*)ウフフ

雑多なもの☆

ダイソーの収納ボックス(150円)
組み立てるとこんな感じ(蓋はツルツルしたビニールみたいな素材)
一番使いやすいコンタクトレンズ洗浄液
床ふきに欠かせない雑巾
部屋用の置型ファブリーズ
鞄の中の家とかの鍵束をまとめるためのカラナビ
相変わらず手放せない頭痛薬
   どうもです(*´ェ`*)
映画「私がウォシャウスキー」を観ました!
以前、とある映画好きのブログ主さんが強いヒロインが出てくる映画のなかで好きな作品に挙げてらした作品で気になってたんですが、なかなか観る機会が得られなかったんですが、ようやく観れました!
舞台はアメリカのシカゴ 主人公の女性私立探偵のウォシャウスキーは自宅の窓からシカゴ・カブスの本拠地の野球場内が見える家に1人で暮らしてますが、家の中はなんだかゴチャゴチャしてるし冷蔵庫の中身は傷んでカビ製造機状態というトホホぶり、付き合ってる記者の男性は大人同士の割り切った関係だとかウォシャウスキーにうそぶいては見境なしに女性の尻を追っかけるなど私生活がかなりダメダメだけど、仕事にかんしては(`・ω・´)キリッとした人物です(^ω^)
若くはありませんがフワフワした金髪に赤い口紅、いつもマニッシュなスーツ姿で(`・ω・´)キリッと決めていてスラリとした体つきの美しい靴に目がない美人私立女性探偵です(^ω^)
ちょっとデートしたりしたことがあるブンブンという男性がある夜にいきなりウォシャウスキーがバスタブでくつろいでるなかティーンエイジャーの娘を連れてやってきます
ブンブン氏は年齢の割にはすっぱな口をきく生意気盛りの13歳の娘キャットの子守をウォシャウスキーに依頼して、深夜にも関わらずストが行われたりしてる海運会社がある港に1人出掛けていきます
  はすっぱ娘キャットは大人しくお父さんの帰りを待ってるかと思いきや、お父さんの跡を追い、ウォシャウスキーもキャットを追っかけて一緒にタクシーに乗り込むことになり港に向かうと、船が爆発したのに巻き込まれたキャットのお父さんは変わり果てた姿で海から警察の船に引き上げられようとしていました…( ´'ω'` )
  最初はあまりしっくりと仲がいかないウォシャウスキーとはキャットですが、キャットは実のお母さんと上手くいかないなど事情があり、ウォシャウスキーは知り合いの病院に昼間などはキャットを預けて親代わりとして様子を見たりしてるうちに、しだいにお互いに年齢差があるパートナーというような信頼と愛情が芽生えだします(*´ω`*)
 キャットはお父さんがウォシャウスキーに渡した1ドルで、お父さんの死の真相解明を依頼します!
いきなり2人組の男に拉致されたウォシャウスキーは地廻りのヤクザ(元同級生)にボコられたり、お昼ご飯をガマンして節約して買った高価な靴を拉致された時になくしたりとツイてない境遇にもネバーギブアップの精神で一緒に真相解明をしようとするキャットはどうなるのでしょうかドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ
  ユーモラスなシーンとシリアスなシーンのバランスが絶妙で、ウォシャウスキーが(`・ω・´)キリッとした女性だし、ふるき良き大人向けの映画というストーリーでいいなあ(^ω^)
 あと、ウォシャウスキーの周囲の仲間がいい人たちで素敵なんですよ(*´ω`*)
      さて、映画「私がウォシャウスキー」のウォシャウスキーの家に負けない散らかった私の部屋ですが、ちょっとものを仕舞うのに、収納ボックスをかったりしてきました(*`・ω・)ゞ
雑巾なんですが、わたしは、あまり何回も雑巾を使っては洗って干してを繰り返さないんですね
雑巾自体がキレイでないと掃除に使っても意味がないような気がしまして…(*'へ'*) ンー
  あと、カバンの中でいつも鍵束がどこに行ってしまったか分からなくなるんで、カラナビをようやく買いました(;´∀`)
いつも買うのを忘れてたんですが、ようやく買えました(;´∀`)

映画「オペラ座の怪人」のサントラ盤CD☆

映画「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック
どうもです(^ω^)
映画「魔法にかけられて」をまた観ました(`・ω・´)ゝ
 妹2号と炭酸水に氷とライムやレモンのスライスを入れたものを飲みながら( ゚ ρ ゚ )ボーと観てました(^ω^)
 何回観ても、この作品はディズニー作品のパロディ的な面を見つける映画好きの面からみても心が温まる優しくて楽しくて大好きです(*´ω`*)
     
  さて、Amazonの中古品になりますが、2005年の映画「オペラ座の怪人」のサントラCDを買いました(^ω^)
   映画「ザ クライアント 依頼人」、「バットマンフォーエバー」「バットマン&ロビン ミスター・フリーズの野望」などの監督がアンドリューロイドウェバーによるバージョンのミュージカルを完全映画化した豪華絢爛な作品で、映画館でみた私はもうメロメロになり、以来何回も見返してるのですが、今回はサントラCDをとうとう買いました(;´∀`)
なぜか、リーフレットには歌詞をかいてるページがないという...(*'へ'*) ンー
   舞台がフランスのガルニエ宮をモデルにしたオペラ座で、劇中劇のバレエやオペラやキャラクターたちの衣装も楽しめる1粒で何粒も美味しい作品です(*´ω`*)
 視覚的にも素敵な作品ですが、歌も素敵なので大好きです(*´ω`*)
  あと、自分が陰キャラなんでついついファントムに肩入れしちゃいます(;´∀`)
映画の中に入ってみたいと思う作品のひとつだったりします

ちまちました日用品☆

夏場に手放せない熱さまシート
耳掃除綿棒
折りたたみ式顔用カミソリ
消毒アルコールティッシュ
部屋干し洗濯や掃除に使うキッチン用の消毒アルコール
キッチン用消毒アルコール
 
どうもです(*´ω`*)
映画「ウォーマシン :戦争は話術だ」を見ました!
ブラッド・ピット主演のNetflixオリジナル映画です(^ω^)
 軍人家系に生まれて、自身も軍人になるため道を選んできたアフガニスタンの再建のために赴任したブラッド・ピット演じるグレンマクマーン大将の物語です
( ネット情報によると、グレンには実在の人物がモデルだそうです)
 戦争映画ではありますが、ドンパチするシーンはほぼなくて、風刺コメディにカテゴライズされる作品かな?と思います
 
  軍人になるべく教育を受けた上に イェール大学の大学院卒、毎日11キロジョギングしたりする健康マニアだけども、士官学校時代は寝てる教官のお尻に爆竹を刺そうとした「野獣」というあだ名のハチャメチャなグレンですが、政府の人々から「増員を要請しないでくれ」と釘を刺されてアフガニスタンの再建の名を受けて司令官として赴任します(´・ω・`)
ですが、正義の御旗のもとに悪の枢軸国とその枢軸国の兵隊を倒すために戦ってた昔のアメリカの戦争と違い、単純に善悪では語れない複雑で長引くベトナム戦争以降のアメリカの現代の戦争をグレンは「やり方の問題」と考えて、掌握が無理だと言われてる地域を掌握しよう!などと考えますが...と物語は始まります
  ワシントンにいる政治家や政府の人々のやり口や戦地に居るのに、緊張感ゼロな兵隊たちや昔の戦争のように正義の御旗のもとに勝てばよかろうなのだとはいかない状況に世の中が変化したことや、全く文化や宗教が違うよその国からしたら侵略者でしかないのにアメリカの正義やらグローバリズムを地元民にグイグイ押し付けられても困るし、悪の枢軸国の兵隊相手ではなくて、善良な地元民に紛れる敵を相手にして疑心暗鬼になり病むアメリカ兵などコメディにはしてますが、めちゃくちゃ風刺が効いてブラックです(´・ω・`)
 テロリストではない地元民の家に間違えて兵隊たちが入ってテロリストだと決めつけて射殺してしまう流れは悲惨です(´;ω;`)
   アフガニスタンの現状を知ってもらうべく、グレンは勝手にマスコミの取材を利用しようとするんですが、マスコミの人に逆にやり込められて失敗しちゃい政府の人に激怒されちゃいますが、アメリカからの怒りのSkypeを機器の故障だー!!(棒読み )とバレバレの小芝居してやり過ごしてしまったりします(´^ω^`)ブフォwww
彼の部下たちもドリフのコントみたいにわかりやすく、「こいつらに兵隊としての権限や武器を持たせて大丈夫なのか」と心配になるキャラクター揃いなんですね(´・ω・`)
   そんななかオバマ大統領は、アフガニスタンに4万人を増員して一年半後にアフガニスタンから撤退を発表します
 同盟国に(勝手に )働きかけたりと「勝ったるねん!! やったるねん!!」と逸る気持ちを抑えられない司令官グレンの暴走は止まらない!
  ドイツでの講演で、会場にいた女性記者から戦争に勝利することではなくて、混乱するアフガニスタンをテロリストが居ない9.11前のアフガニスタンに戻すのが仕事じゃね?としごく全うな指摘をされて、流石に∑(・o・;) アッとなり堪えます
 「行動力のある馬鹿ほど恐ろしいものはない」とかの文豪ゲーテは語ったそうですが、ホンマになぁ…となりますが、「おもろうてやがて悲しき」となる作品でありまする
  グレン自体は、テロリストと間違えてアメリカ兵に射殺された地元民の家族にお悔やみを言いに赴いたり、不器用なりに自分の奥さんを気遣ったり、アフガニスタンに赴任して地元の様子を理解しようと視察して話を聞いたり、病んでしまう部下の出るような現場をちゃんと見に行くなどするタイプなんで部下からも信頼されてるように悪人ではないんですね
  大昔の司令官に生まれてきたら、グレンは凱旋して薔薇や月桂樹の花冠でアメリカの人々に迎えられ、後世まで肖像画があちこちに飾られるような人になってたんだろうな…(´・ω・`)
「アメリカ人は反省しない、クビにして後任を送るのだ」とナレーションのかかる  ラストのグレンそっくりの奇妙ながに股歩きの後任の指揮官ボブが空港を歩くシーンが、( ´△`)アァ-歴史は繰り返すんだなという皮肉がめちゃくちゃピリピリに効いてました(;´∀`)
  
  
  さて、日用品を買ってきたんですが、相変わらず色気のないラインナップですね(;´∀`)
あと、自分で見ても「どんだけ消毒アルコール好きねん!」と呆れますね( ̄▽ ̄;)
外出中にもカバンにミニサイズの除菌アルコールのウェットティッシュを入れていて、手を拭いて風邪やら防止に入れてたり、洗濯物の 部屋干しの臭い帽子や掃除に使えるので、消毒アルコールはとても役立つのですね(;´∀`)
  
  

踊り出したくなる映画「シカゴ」のサントラCD☆

ミュージカル映画「シカゴ」のサントラCD
    どうもです(´・ω・`)
デブで汗ダルマになる私は、出来る限りのデオドラントケアをしてるつもりですが、そろそろ着替えを小さくたたんでカバンにいれようとしてます(´・ω・`)
  さすがに汗ダルマなまま、外にいれませからねぇ…(´・ω・`)
 去年の伊集院光さんの深夜ラジオで、安いTシャツをたくさん通販ショップで買って、出先で次々と着替えていく使い方をされてましたが、この方法イイなあ~と思います(;´∀`)
  さて、ちょっと暑さから身体の調子が思わしくなく、夜も眠りが浅いので、うつらうつらする時にちょっと気晴らしの音楽をとおもいまして、中古ですが映画「シカゴ」のサントラCD買いました!
    本編もすごく好きな映画なのです(*´ω`*)
歌や音楽もオサレで面白いので、犬たちとくつろぎながら聴いてます(´∀`)