新・ゆるすぎ日記 日記
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

重陽の節句☆

菊の花を飾る行事ですがリンドウとカーネーションに
   どうもです(´・ω・`)
荒れ放題に荒れた部屋をチビチビと片付けたんですが、まだまだ十分片付けられたとは言えなくて、もうひと踏ん張り片付けないといけません(;´∀`)
   使っているマットレスがヘタってきて、腰がかなり痛くなるんで近いうちにマットレスを処分して、冬が本格的に来る前に敷き布団を買おうと思います(*`・ω・)ゞ
  
 さて、9月9日は重陽の節句ですので、オサレめの色合いの小菊が奮発してピンポンマムをちょっと買ってきて~と思ってたんですが、スーパー行くとなんだか状態が良くなかったりお仏壇にお供えするような感じの菊ばかりでしたので、代わりにリンドウとカーネーションを買ってきて部屋に飾りました(;´∀`)
 リンドウの瑠璃紺色やカーネーションの縁の赤紫色の色合いが私好みで、眺めてるとホンワカしまする
 夏場はお花や花瓶の水が傷みやすいから飾れなくて、久しぶりに部屋にお花を飾ってニコニコです(*´ω`*)
  あと、ついでに先日亡くなったチワワの梅ちゃんのお骨を安置してる祭壇に備えるおやつのジャーキーを買って帰ってきましたのであとで、お供えします
梅ちゃんの祭壇のお花は、つい先日妹1号が色んな色合いのピンクのガーベラを買ってきてお供えしてました
あと、こないだIKEAで買ったテーブルランプとネズミのぬいぐるみは、こんな風に飾ってまする

カプセルホテルのキャビンイン姫路に泊まってみた☆

姫路駅前にある 姫路駅前第一ビル内にあるカプセルホテルのキャビンインに行ってみた
今回は、カプセルタイプではなくてビジネスホテルの個室みたいな部屋にしてみました
避難用のアイテムが鎮座、貴重品を入れておくロッカー、全身がうつる姿見、洋服ハンガー、テーブルと椅子、リセッシュのスプレー、枕元には非常用の懐中電灯が備え付けてあります
貴重品ロッカー
枕元にコンセント差し口とUSBケーブルを差してスマホなど充電できます
あくまでカプセルホテルなんで部屋には鍵はなし
女性フロアのシャワー(4スペースくらいありました)
6階にある宿泊客がくつろいだり、自販機のカップ麺や買ってきたご飯を食べたりするスペース
基本的に自販機のカップ麺しか食べ物は販売してません  
入店時渡された利用案内のリーフレット
館内についてのリーフレット
パンフレット
     どうもです_(ゝLꒊ:)_
まだまだ残暑厳しいですね( ´'ω'` )
デブで汗っかきなので汗だるまになる私は、バスを待っていたりするあいだとか、本当に汗びちゃになるので、ひどく憂鬱になります(´;ω;`)
  夏は2週間くらいで終わってくれたら助かるのですが...(*'へ'*) ンー
    さて、このところひどくひどく物憂い気分が続いてたまらないので、先日、気分転換に地元駅前に8月に新しくオープンしたカプセルホテル「キャビンイン姫路」に行ってみました
  オープンしたてなので、館内ピカピカでしたよ(^ω^)
 ちゃんと男女別フロアで、セキュリティボックスに貴重品を自己責任で管理するので、安心できます
   私が予約したのはデブで閉所恐怖症のけがあるため普通のカプセルホテルのカプセルではなくて、ビジネスホテルの普通の個室風の部屋です( ̄▽ ̄;)
 あくまで個室風なので、部屋には鍵がついてなくて、トイレやシャワーはカプセルの利用者さんたちと同じ共有のトイレやシャワールームの利用となります
   女性フロアのトイレやシャワールームですが、キレイですよ(^ω^)
シャワールームは、ネットカフェとかにあるのと広さは変わらない感じです
デブの閉所恐怖症気味の人間にはちょっとキツいですが、普通の方には違和感ないと思います(*`・ω・)ゞ
 バスタオルやフェイスタオルがついてますし、歯ブラシや耳掃除の綿棒やメイク落としやらシャンプー類も備え付けてあったり、洗濯乾燥機もあるんでお財布と化粧ポーチに化粧下地的な役割のあるCCクリームなどの類、メガネやコンタクトレンズのケア用品、替えの下着にスマホの充電ケーブルがあれば十分1泊を過ごせます
  ただ、女性フロアには自販機の類がないので、飲み物飲んだりなにか食べたい時はエレベーターを利用して6階のくつろぐためのスペース(カプセルホテルの利用者しか使えないように出入口にカードキーをかざさないと入れないようにセキュリティかかってます)で、飲み物飲んだり、カップ麺を買って食べたりしないとです(;´∀`)
    どこか遠出した帰りに体力使い果たしてしまった際にまた利用するかも知れません
  もう少しリーズナブルだとなぁ…(*'へ'*) ンー
 

初めてIKEAへ行く&北欧の夏の味覚ザリガニを食す☆

初めて訪れたIKEA(記念撮影できるスペースがありました)
シンプルし過ぎじゃなくて、スイート過ぎない理想的なインテリアデザイン
ストアガイドとお買い物メモ用紙と鉛筆
IKEA内のレストランで食べたサーモンフィレ レモンディルソース&ザリガニ(妹2号とわけっこ)&ドリンクバーの烏龍茶  (後ろに並んでいたお客さんがグイグイくるので慌てすぎて、カトラリーの置き方がめちゃくちゃ)
彩りがキレイでサッパリしたレモンとディルソースが美味
 初めて食べたザリガニ...
   どうもです(´∀`)
このところ、ちょっと気温が落ち着いてきてからお腹がめちゃくちゃ空いてたまりません(;´∀`)
 真夏のあいだはあまりに暑くて食欲落ちてたんですが...(*'へ'*) ンー
  もう少し気温が下がったら、ウォーキングして身体を動かしいです(^ω^)
 
   さて、先日、IKEAに妹1号&2号と行ってきました!
 わたしにとって生まれて初めてのIKEAでしたので、見るもの全てが新鮮で、なんだかスパイみたいにあちこち見ては、(ΦωΦ+)ホホゥ….と感心してました(;´∀`)
レストランコーナーでサーモンフィレのレモンディルソース、ザリガニ1匹、ドリンクバーを食べたんですが、どうもザリガニは子供の時の思い出やら頭によぎるんで、妹2号と顔を見合わせて(;-ω-)ウーンとなりましたね( ´'ω'` )
スウェーデンでは夏の味覚だそうで、沢山の茹でたザリガニを家族や仲間と舌鼓を打つパーティをするそうですが、日本だとザリガニというと食べるのが一般的ではないから、話のタネにとかいいながらも恐る恐る殻を剥いて食べました(;´∀`)
ザリガニのミソは美味しかったですが、胴体の肉はちょっと茹ですぎたシャコエビっぽいかも...
サーモンフィレは彩りもキレイでレモンとディルソースが爽やかでサッパリして美味しかったです(*´ω`*) 
 機会があればまた食べたいなぁ( ゚ ρ ゚ )ボー
  ドリンクバーでは烏龍茶とラズベリーの炭酸ジュースを飲みましたが、ラズベリーの果実の風味がしてにこにことなりました
レストランですが、システムはトレーを持って食べたいものをトレーに乗せて、最後にレジでお会計というセルフサービス式とシンプルですで飲食するスペースも広くて、さまざまな雰囲気の設えがしてあり、モノトーン系とか可愛らしいお花柄とかIKEAの品物でテーブルが可愛らしくセットされていたり、ベビーフードやミルクなど必要な乳幼児をつれた家族向けに電子レンジが数カ所設置されていたりするサービスが素敵でした(*´ω`*)
 食べたあとの食器を載せたトレーは専用の回収用のベルトコンベヤーに置いてあとは洗い場に運ばれていくシステムを見た田舎者のわたしは( ゚∀゚)ウヒョー!!となってましたよ(;´∀`)
    
 すごく小さな出来事ですが、スウェーデンが舞台のミステリー小説の「ドラゴンタトゥーの女」の中に、約40年前に突然姿を跡形もなく消して以来亡くなったとされてる少女の兄で一族で経営する財閥の跡取りとなっているキャラクターの家に招かれた労働者階級出身のジャーナリストの主人公が招かれるんですが、お金持ちの家で、すごくモダンな造りの家なのに、主の個性を表すインテリアになると、本棚の本が少なく壁に掛けてる額縁に収まる絵がIKEAにあるようなポスターやリトグラフ、逆にキッチンには調理器具が充実しているというシーンがありまして、こういうキャラクターの趣味や生活、性格を表すシーンにIKEAの商品が出てくるくらいにスウェーデンでは普及して人々に親しまれてるんだなぁ~と( ゚ ρ ゚ )ボーとなってましたが、ようやくIKEAで売られてるポスターやリトグラフの実物を見れ(ΦωΦ)ホホォ…となれて良かったです(´∀`)
 販売されていたポスターやリトグラフですが、ポップアートともち違う親しみやすい感じで和みましたね
 
シャインガレード テーブルランプ(ベージュ)999円のテーブルランプ(電球は別売り) 全長約30センチ
ランプの傘の内側
パッケージから出したとこ
399円のテーブルランプ用のLED電球2個入り(リーエト E17 200ルーメン)
 あと、少し前に壊してしまった妹1号のお下がりのIKEAのガラス製のテーブルランプの代わり&折角IKEAにきた記念にと999円のテーブルランプとテーブルランプ用のLED電球2個入りを買いました(`・ω・´)ゞ
 ランプの傘が、なんだかはかなげな造りなんですが、とてもシンプルだけどはかない造りがかえって人が作った味わいになり無味乾燥過ぎないデザインだなと
とても値段もリーズナブルだし、あたたかい白熱電球風の電球の色が気に入っています(^ω^)
1番やすいテーブルランプをネットでみて目星を付けてましたが、実物をみてみると「ありゃりゃ( ゚ω゚) イメージより大きいし、ペラペラしたプラスチック感がなんだかなあ…」となり、画像のテーブルランプを選びました
ラズベリーミックスドリンクとオスビットサービングセットの木のスプーン
北欧で採れたラズベリーと思いきやまさかの原産国スペイン
ソフトトイのネズミ(グレー)、199円
オンラインストアのレビューに、リアルすぎてキモイと言われたというレビューがありました(;´∀`)
小動物好きにはたまらない!
あと、木製のスプーンとラズベリージュースの紙パック、ネズミの小さなぬいぐるみを買いました(^ω^)
   ソフトトイというカテゴリになる199円というビックリな値段のハツカネズミのぬいぐるみですが、げっ歯類をはじめとした小動物が大好きですし、ピクサー映画の「レミーのおいしいレストラン」のレミーによく似ているので、長くぬいぐるみを買わなかったんですが、たまらず買ってしまいました(;´∀`)
 フワフワふにゃふにゃっとした手触りや質感です
  このぬいぐるみの名前ですが、もちろんレミーです(´∀`) 今回買ったテーブルランプのところにちょこんと置いてたりします(映画アメリに出てくる アメリの寝室にあるナイトテーブルのランプっぽい感じで)
  色んな国の言葉で、洗濯方法など書かれたタグがついてますが、なんか神社のおみくじくらいの長さのタグでちょっと不細工だし切り取ったもののタグの端っこが手に触れて違和感あるところがトホホです(;´∀`)
 日本語の説明がすごくちょっとしか書いてないんで、やたら詳しく書いてある中国語表記のタグを見て、解読してなんとなく意味を理解したりしてました( ´'ω'` )
  あと、帰りの道中に車の窓から夕日や海を眺めたりアールデコ様式の建物があったので妹2号と楽しくなったり、一ノ谷の戦いのあった古戦場の須磨浦公園のそばを通り、平家物語の平敦盛の敦盛塚があるのでその話をしたりしてヾ(*´∀`*)ノキャッキャとしてますと、長時間運転して疲れがMAXの妹1号に「観光気分か(°д° )!!」と叱られてしまいました( ´'ω'` )
   

花粉症に悶絶

山田化学株式会社さんのセリアで買ったブリック アーモ(ミリタリー)ブリキ缶 花粉症の薬入れにしてます
ラベル柄のマスキングテープ貼って蓋をひらいたところ
どうしても病院で貰った薬が効かない時に飲む市販薬(1回1錠、1日1回~2回)
     

  どうもです(*´ω`*)
映画「合葬」を観ました!
杉浦日向子さんの漫画が原作の明治維新の時に将軍を守るために結成された彰義隊に入隊した三人組の運命を描いた作品の実写版です
  杉浦日向子さんの作品といえば、さらりカラリとしたユーモラスな作品と、ただただ淡白に静かに描写するシリアスな作品とに大きく分かれますが、「合葬」は「百物語」などと同じくシリアスな方にカテゴライズされるかとおもいます
   全体的に雨のシーンなんかが多く、ずぅーんと暗い話なんで、主人公三人組が写真館で写真撮るシーンと小間物屋さんでかんざしを買うシーンがほわっとします(´・ω・`)
  高校生くらいの時に原作を読んだんです、当時は私も若かったから徳川慶喜のために戦うぞ!!と若い血潮がたぎり、血気盛んに彰義隊に入隊する主人公三人組の気持ちも分からなくはなかったんですが、オバハンになると、三人組に「そこの三人組! ちょーっと待った!! まぁ落ち着きなさい!」と彰義隊を脱退して時流に乗った暮らしをするよう言い聞かせたくなりますね(*'へ'*) ンー
     さて、絶賛花粉症に翻弄され中の私なんですが、花粉症の症状がひどくて、乾燥気味の日になると、全身がカイカイになるんでたまりません(´;ω;`)
  漫画「浦安鉄筋家族」の春巻龍先生みたいに身体をかいてしまいますが、行儀のあまり良いものではないんで、「( `・ω・) ウーム…」と途方に暮れます(´・ω・`)
 身体がかゆくなるのも困りますが、一番はクシャミ&鼻水のコンビです
  内科で貰っている抗アレルギー剤ではアレルギーを鎮圧が出来ない時がありまして、そんな日はもう何も手に付かないくらい辛いので、市販薬を服用してます(´・ω・`)
 本当は、抗アレルギー剤服用しているところに鼻炎薬を服用してはいけないとおもうのですが、日によるとそうでもしないと耐えられないのです(´;ω;`)
   買った鼻炎薬は、当初はパッケージのままテーブルに置いてたんですが、100円ショップのセリアさんにて買ったミリタリーな缶の容器(弾薬を入れて運ぶ容器がモチーフだそうです)に食品用の乾燥剤と一緒に入れて置くようになりました(*´ω`*)
  缶の容器に貼ってあるのは、ラベル柄のマスキングテープをカットしました(^ω^)

人形浄瑠璃観てきたよ☆

淡路人形浄瑠璃の公演を観て来ました!
休憩時間に廊下に出ていた傾城阿波の鳴門のお鶴ちゃん
淡路人形浄瑠璃の一座のパンフレット
パンフレットと共に配布されていたお土産の手ぬぐい
お土産に買った絵葉書
絵葉書の中身の1部
    
   どうもです(*´艸`)キャ
映画「サウンド・オブ・ミュージック」を観ました!
昔観て以来観てなかったんで、初めて観たみたいな新鮮な気分で観ましたよ(*´ω`*)
   ストーリーは改めて語ることもないとおもいます(;´∀`)
   修道女になろうとしている見習いのマリアと大佐のロマンスにうっとりします(´∀`*)ウフ
  長女と恋仲の電報を配達してる男の子が、ナチズムに傾倒してナチスに追われる長女を裏切る描写が何回見ても凹みます(´;ω;`)
    
さて、先日、淡路人形浄瑠璃の公演を観てきました!
   全幕ものではなくて、ガラコンサート形式で、有名な人形浄瑠璃の作品のワンシーンを淡路人形座や淡路島の中高生たちが演じて下さいましたよ(*´ω`*)
  歌舞伎なんかはみたことあるんですが、実は生まれて初めて、生の人形浄瑠璃を観たのですが、人形に仕掛けがあって、ゆうに優しい恋に焦がれる美女が鬼女に変身したり、主人公を捕まえにきた役人が主人公に顔の表面をスイカみたいに斬られて、顔の表面がパカッと外れたりとなかなか面白くて、また観たいなあ~!!と公演から帰宅して、しばらくドキ(*´ェ`*)ドキと興奮が続きましたよ(*´ω`*)
  演目ですが、「鬼一法眼三略巻  五条橋の段」   の牛若丸と弁慶が五条の橋で出会うストーリー、「増補大江山  戻り橋の段  」源頼光の家臣で鬼退治に加わった経験もある渡辺信綱が一条戻橋で鬼女の腕を斬るストーリー、「日高川入相花王  渡し場の段  」安珍清姫の物語をベースにしたストーリーで、再び安珍に会うために、清姫は川の渡守に頼み込んで川を渡ろうとしますが……というシーン、「傾城阿波の鳴門   巡礼歌の段 (口) (奥)」色々込み入った事情から自分を置き去りにして行った両親を探すべく巡礼の旅に出た9歳のお鶴は両親と巡り会えますが……という悲惨なストーリー
 皆さんも観る機会がお有りでしたら、是非是非、ご覧になって下さいませ(∩・∀・)∩ キャー☆