新・ゆるすぎ日記 未分類
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

お陰様でブログ開設4年目に☆

読者さまへのお礼のカード
これからもよろしくお願いします!
    
どうもです(*´ω`*)
映画「リトルダンサー」を久しぶりに観返しました!
 1984年のイギリス北西部ダーラムが舞台の軽い認知症の入ったおばあちゃんと地元の炭鉱の労働者なんだけど、スト活動に参加中のお父さんと年の離れたお兄ちゃんと暮らすピアノを弾いたり音楽に身を任せて踊るのが大好きな11才のビリーエリオット少年が通っているボクシング教室が使うホールの半分を使うことになったウィルキンソン夫人が開くクラシックバレエの教室のレッスンを覗いたことで、バレエに魅了されはじめて、ボクシング教室に行くフリをしてこっそりとバレエ教室のレッスンに通いだして、才能を開花させてく物語です(*´ω`*)
バレエについてスタートが遅めで、基礎知識がないしもっと上手くなりたくなったビリー少年は町の移動図書館の子供は借りれないバレエの教則本をこっそり背中に隠して持ち帰ったりしちゃうシーンにオイオイ・・ (;´д`)ノとツッコミたくなったり、軽い認知症のあるおばあちゃんの食事などの世話するシーンとかビリー少年の性格をよく表してるなと思ったり、おばあちゃんが大昔受けていたバレエレッスンを家でちまちましだしたりするシーンにほろりときたり、男子たるものがバレエなんぞして!!とバレエに強く反対するマッチョイズムなお父さんとビリー少年との対立するシーンややり場のない怒りで( ºДº)キーッとなるビリー少年の心の叫びなど、なんか若いなぁーうふふ(´∀`)となります
 バレエ教室の先生であるウィルキンソン夫人ですが、ビリー少年のお兄ちゃんから揶揄されるように、ビリー少年の労働者階級とは違う中流階級(イギリスの階級は日本やアメリカとはまたちょっと違うそうです)の奥さんで、煙草をバンバカ吸いながらレッスンを指導する一見やさぐれキャラなんですが、実は旦那さんが職場で浮気したりするは仕事も自宅待機中でアルコールびたりで家庭内別居状態のフラストレーションをバレエでストレス発散してると娘がビリー少年に打ち明けたりしてます(^ω^)  
 ビリー少年はバレエの才能を秘めたダイヤモンドの原石であると見抜いたウィルキンソン夫人は、無料でビリー少年の個人レッスンを買ってでたり、英国ロイヤル・バレエ団のバレエ学校に入学を推薦したりするといったりという気風の良さがあったりします(*´ω`*)
 
   ビリー少年の亡くなったお母さんについて、作中で少し語られますが、ビリー少年の音楽やダンス好きはお母さんからの遺伝や影響が強そうですね(大昔、バレエレッスンをしていた経験やビリー少年のお母さんと映画を観て帰宅すると2人で踊り狂うおばあちゃんからの遺伝的なものもありそうですが)
   かくして、ビリー少年はウィルキンソン夫人の推薦で、英国ロイヤル・バレエ団のバレエ学校に入学するためのオーディションを前日に迎えます!
ーが、炭鉱の労働者なんだけども、スト活動に参加中のビリー少年のお兄ちゃんが過激な活動をする影響から警察に捕まり、ビリー少年は裁判を受け釈放されるまでを見に行っていたので、オーディションに行けなかったのです(´;ω;`)
 ビリー少年はどうなるのでしょうか...( -ω- ) ンー・・・と結末知っていても、ハラハラ落ち着きません(;´∀`)
  炭鉱のストに参加していてお金もなく、つつましいを通り越して侘しいクリスマスにバレエ教室のあるホールに友達と出かけたビリー少年が、やってきたお父さんの前で、無言の主張のダンスを力いっぱい踊るビリー少年のシーンがたまらなくカッコよくて大好きです!!
あと、奨学金が得られてもロンドンまでの旅費など必要ですし、炭鉱の労働者仲間たちのカンパなど集まったり、つつましいビリー少年の家にあるお母さんの形見らしき貴金属をお父さんは質入れしたりしますが、とても足りないのでビリー少年の将来のために、スト活動する派閥に居たお父さんは意を決してスト破りの派閥に入り炭鉱で働くことになり、スト活動派の過激派っぽい立ち位置のお兄ちゃんに見とがめられますが、最後は親子で抱き合って泣き崩れるシーンがたまらなく切なかったです(´;ω;`)
 お母さんが亡くなったり、炭鉱のストの騒動でお父さんの心はいつしか閉ざされ頑なになっていたんですが、ビリー少年の変化のおかげで、また昔の朗らかなお父さんに戻ったんだろうなあ…と思います(^ω^)
  ビリー少年以外にゲイであることや女装癖を隠してた友達のマイケルがラストにプロのバレエダンサーとしてマシューボーン版の「白鳥の湖」(マシュー・ボーン版では、王子やオデット姫、悪魔の娘である黒鳥オディール、白鳥たちなどが男性ばかりで構成されてまする)の舞台に立つビリーの姿を劇場に恋人と観にきてるシーンや最初はビリー少年に対してちょっといじわるだったお兄ちゃんが泣きながらロンドンへ向かうビリー少年を見送るシーンか(´;ω;`)ブワッとなりましたね
  
 さて、当ブログもお陰様で4年目に入りました(*´ω`*)
 日々の退屈な気分や物ぐるおしいけど、なかなか大きな変化に繋げられなくてモヤモヤする気持ちを鎮めたりするために、ブログをちまちま書きはじめたワケですが、4年目に突入するとは思いませんでしたが、やや飽きっぽいのに4年目を迎えられて嬉しいです(^ω^)
    これからも内容が相変わらず、ふにゃふにゃヨチヨチ歩きで危なっかしいゆるーい内容になると思いますがどうぞよろしくお願い致します!
   

海外のマスキングテープ☆

とあるネットショップさんで海外マスキングテープを買いました!(シールはオマケ)
海外のマスキングテープ
観葉植物モチーフ
ブルー系の蝶々モチーフ
食物モチーフ
香水瓶モチーフ
   どうもです(*´ω`*)
Netflixオリジナルアニメ「バキ」をちょっと観ました!
 高校生になった範馬刃牙が主人公のシリーズで地下格闘技トーナメント後の世界中に散らばる5人の超凶悪犯罪者がそれぞれ死刑に処されるのですが、5人に起きたシンクロニシティから「敗北を知りたい」と全く関係がないのに同時期に脱獄が不可能な特別な刑務所から脱獄し、地下格闘技トーナメントで優勝したバキの住む東京に集まりだします:(´◦ω◦`):ガクブル
  5人の超凶悪犯罪者ですが、ちょいちょい映画「羊たちの沈黙」のレクター博士が収容されてる精神病院や移送先でのネタが散りばめられてます(;´∀`)
   この5人の超凶悪犯罪者の脱獄のニュースを知らせに来た徳川財閥の当主で地下格闘技トーナメントの主催する格闘技マニアの徳川光成爺さんからバキにもあらされます(´・ω・`)
  バキや東京近郊に住むバキと拳を合わせてきた男たちが5人の超凶悪犯罪者たちに立ち向かいます!!
    原作漫画のこのシリーズを完全に読破はできてないんですが、だいたいは読んでるのでアニメの流れが分かります(^ω^)
  高校で体力測定の授業に出たバキですが、修行メインの暮らしをしてきたので進級が危ういくらい学校に出席してないため体力測定の方法がろくに理解できてないのと、体力が凄すぎてちゃんと計測出来ないシーンが((( *艸))クスクスなりました(;´∀`)
 続きが楽しみ!!

  さて、少し前に海外のマスキングテープをネット通販で買いました!
  関連性のないバラバラなモチーフですが、気に入ってます(*´ω`*)
なかでも、ブルー系の蝶々モチーフと香水瓶モチーフのマスキングテープですね(´∀`)
 香水瓶モチーフのマスキングテープですが、なんだかどこかで見たことのある香水瓶だったりします(;´∀`)
 水彩画タッチで繊細で素敵で、うっとりしまする(`・ω・´)
 
  

夏バテ予防に唐揚げ定食を☆

夏バテ予防に唐揚げ定食!!
    どうもです(^ω^)
海外アニメの「フィニアスとファーブ」を( ゚ ρ ゚ )ボーと妹1号と犬達とみたんですが、バカバカしいナンセンスだけど独特なユーモアがあって۳(´◉ω◉`)ブフォwww!?となりっぱなしでした!
 エージェントPこと、青緑色のペットのカモノハシが可愛らしいこと(*´ω`*)抱っこして( *´∀`))´ω`)スリスリしたくなります(*´ω`*)
  さて、先日ですが、あまりの酷暑でデブで食い意地張ってるにも関わらず食が細くなってるんで、出先で唐揚げ定食を食べました!
   ご飯のお代わりが自由らしいのですが、暑くてあまりご飯が食べれないので、トレーのご飯茶碗のご飯1杯だけで十分満腹でした(;´∀`)
あと、お味噌汁がめちゃくちゃ熱いし唐揚げは本当に揚げたてアツアツで、口の中を火傷してしまい、冷めるまでしばらく待ってました(ノ∀`)アチャー
 

ちまちました日用品☆

協和紙工株式会社の除菌アルコールウェットティッシュ2種
Gel corporationのキッチンアルコール除菌付け替え
クイックルワイパーハンディの取り替え用シート
1番使いやすいコンタクトレンズの洗浄液
山田化学株式会社のコンタクトケース 蓋一体型
汗臭予防に薬用石鹸ミューズ
ファブリーズのキッチン用(無香料)
   どうもです(*´ω`*)
映画「ジュラシックワールド2」を見に行く前に、「ジュラシックパークシリーズ」の「ロスト・ワールド /ジュラシックワールド」「ジュラシックパーク3」を見ておさらいしました(`・ω・´)ゝ
 「ロスト・ワールド/ジュラシックワールド」はシリーズ2作目の作品で、前作に出ていた皮肉屋だけども女性や子供に優しく接するカオス理論学者のイアン・マルコム博士が再登場します!
 マルコム博士ですが、ジュラシックパークシリーズのキャラクターで私が1番好きなキャラクターだったりするんで、彼が活躍するこの作品はだいのお気に入りです(*´ω`*)
 「ジュラシックパーク3」は、1作目に出ていた恐竜を研究してる古生物学者のアラン・グラント博士が再登場し、とある夫妻に騙されて再びあの島に上陸し、夫妻の子供である島に不時着した少年をなんとか探し出して島から脱出するという物語です(^ω^)
 こちらは、肉食恐竜がたくさんうろつくような島に不時着してしまってから2ヶ月経つのに、パーク内に残された施設やら物資を活用してロビンソン・クルーソーみたいにサバイバルしてたくましく暮らしている少年の描写が好きですね(´∀`)
 あと、1作目に出ていたとあるキャラクターの結婚相手のおかげで最後、めちゃくちゃ助かるという伏線も好きです(*´ω`*)
   
 さて、ちまちました日用品を買いましたが、変わり映えしません(;´∀`)
変わり映えはしませんが、なくてはならない必需品だったりしまする(`・ω・´)ゝ
中でも、薬用石鹸ミューズですが、デブで汗っかきなんで身体を洗う時に使うと普通の牛乳石鹸より、汗臭さがマシになるので大事なひと品です(^ω^)
  
  
   

ダイソーのコピック風のカラーマーカー☆

コピック風のダイソーのイラストマーカー(全20色だそうです)
やたらとグレー系が多い
ダイソーのスケッチブック
ダイソーやセリアで買ってる カーボンインクで水に流れないインクを採用してるゼブラ株式会社のサインペン 筆サイン(極細)
似顔絵描いたときに人物の頬にちょっとチークを塗ってまする
   どうもです(´∀`)
先日、久しぶりに「ガツンとみかん」という棒アイスキャンディーを食べましたが、本当に美味で・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・としばし陶然としてました(;´∀`)
みかんのさわやかさに甘さが あっさりしているんで、暑い時期で食も細くなりぐったりしていても食べやすくて、本当に甘露です(^ω^)
     さて、暑いすぎて外出も極力控えてますので、退屈しのぎにちまちまと落書きしてたりするんですが、今年の1月あたりから発売されだして、ネットで話題になっていた100円ショップのダイソーのアルコール性インクのイラストカラーマーカー(全20色)を幾つか買いました!
  すごく人気商品みたいで、なかなか全色20色が揃わなくて弱ってます(´・ω・`)
   コピックマーカーっぽいカラーマーカーという感じなんですが、もうちょっと色数があればなぁ(´・ω・`)とか思いますが、1080円でざっくり色が揃ったアルコール性インクのカラーマーカーが手に入るので、お得だと思います(*´ω`*)
  コピックと同様に、使う文具によると色塗りすると主線のペンのインクを溶かしてしまい、主線が滲むとかあるので、コピックなどのアルコール性インクのカラーマーカーと相性の良いインクのペンをおすすめします(^ω^)
  コピックからもミリペンタイプのマルチライナーや万年筆タイプのドローイングペンなど主線用のペンが出ていますので...
 私は今のところ、退屈しのぎの落書きなんで、たまたまあった水に流れにくいカーボンインク採用のZEEBRAの宛名書き用サインペン 筆サイン(極細)を使ってますよ
 完璧に主線が滲まないわけではないんですが、滲みにくい方ではあるかなと思います
  あと、ダイソーでついでにスケッチブックとZEEBRAのカーボンインクのサインペン買いました!
  チークはセリアで買ったものですが、人物のほっぺたや肘とか膝なんかを塗るとイキイキするので落書きに使ってます(*´ω`*)
 元ネタは、ディズニー映画「白雪姫」の白雪姫の血色を良く表現したいけど、なかなかいい方法が無かったところ白雪姫の描いてあるセル画に女性の制作スタッフが手持ちのチークを塗ってみたところ、セル画の白雪姫がイキイキしたというエピソードを子供の時に何かで観たので、参考にしてます(^ω^)