新 ゆるすぎ日記

独女によるゆるすぎる日記です(*´ω`*)
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

セリアで見つけた 吸水コースター

セラミック製のコースター
表側 セラミック製なので水滴を吸い込みます
裏側にはコルクの滑り止め加工
コースターに飲み物載せるとこんな感じ
   
どうもです(;´∀`)
前にちょっと書きましたが 以前、毎日のようにLINE電話やSkypeでやり取りしていたけど、急に行方をくらまして音信不通になっていた友達と再会しまして、また週に数回の割合で友達とLINE電話をしてます
 電話してますと、過干渉な家族に囲まれて窮屈な暮らしをしている私を見かねた東京でサラリーマンしている暮らす友達に「東京で暮らすべき!」と強く言われましたΣ(;´Д`)
  アドバイスは嬉しいけども、私は飼い主ではないけどもチワワの梅ちゃんを置いてきぼりは心配だし、人の多い場所が苦手だし、簡単な電車やバスの乗り換えもなんか危うい田舎者だし、引越しやらの資金ないし、新天地でポンコツ過ぎる私に出来るような仕事あるかわかんないしで、アドバイスに((((;゚Д゚)))))))と躊躇しまくりです(´;ω;`)
   もし費用を貯めて仕事見つけれて、ハムスターのネネちゃんと梅ちゃんを連れて引越しできたら、絵葉書の専門店や様々なお店、東京の文学館、美術館や博物館などの催しものにフットワーク軽く見に行ったりしてみたいな……と妄想して・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・
  ただ、ハムスターのネネちゃんととチワワの小梅ちゃんを連れていきたいのですが、賃貸物件でペットOKなところは私には借りるの凄く凄く難しいでしょうから、なんとかしたいなぁ(´;ω;`)
  
  さて、パソコン置いてるテーブルに置く、コースターを買おうかと思っていました
 ネットで評判の良い3COINSさんの珪藻土のコースターを、買おうかと思ってましたが、フラリと百円ショップのセリアさんに寄った際に、セラミック製のコースターを見つけて間に合せに買って使ってみますと、なかなかいい感じなんで愛用してます(*´ω`*)
グラスの水滴をスッと吸い込み、いつの間にかキレイに乾くというのが嬉しいです(o´罒`o)
 裏面がコルク仕様で滑り止め加工されてるのもポイントです(o´罒`o)

秋めいた季節の絵葉書☆

秋めく絵葉書
可愛らしい落ち葉で遊ぶダックスフンド
ヅカオタの家族からのお土産の宝塚歌劇公演100周年記念切手
  
 どうもです(*´ω`*)
先日、夜中に妹1号とテレビを見てまして、マダガスカルの国名が出てきて、その流れで地理をからめたギャグを放つ海賊の姿をした芸人のゴージャスさんのネタ「マダガスカル!」としたんですが、妹1号に伝わらない上に、ゴージャスさんの名前を失念して、よく伝えられてなくて、ジタバタしてましたが、( ゚д゚)ハッ!とゴージャスさんの名前を思い出して、妹1号に言いますと、「(゚⊿゚)ケッしょーもな!」と言われちゃいました(´・ω・`)
 ゴージャスさん、すごいと思うんだけどな~(´・ω・`)
  
 さて、ちょっと用事してきた帰りに秋めいた絵葉書買ってきましたよ~(*´ω`*)
秋めいた絵葉書は、一年の中でもかなりたくさんの絵葉書が出ますので、売り場で眺めてるだけでも(*´艸`*)うふ♡となります!
  一年の中で、春と秋が大好きな私は、ニコニコと和みながら、海外の友達に絵葉書にメッセージ書いてますよ(*´ω`*)

ぶきっちょが百円ショップのヘアアレンジ用品を使ってみたよ☆

百円ショップで見つけた前髪を形づくるマジックテープ式のヘアアクセサリー
小さいお団子作るタメのヘアアクセサリー
ポンパドールな前髪を作れるヘアアクセサリー
買ってアレだったヘアクリップ
  
どうもです(´・ε・`)
映画「戦場のピアニスト」を観ました(´・ω・`)
今回はネタバレします(;´∀`)
ポーランドのワルシャワに暮らすあるユダヤ人家族の長男はピアニストとして知られている人物で、両親や姉や弟たちと幸せに暮らしてましたが、ナチスドイツからの圧力がだんだんと強まり、ユダヤ人ばかりを狭い地区(ゲットー)に強制移住させて押し込め たりしだします
 ゲットーで暮らすユダヤ人たちは所持するお金に制限があったりすることから、飢えや恐怖に悩まされだします(´;ω;`)
  そのうち、ユダヤ人のなかにナチスドイツの手先となり同胞を取り締まる人達も出始め、主人公の青年はそういう恵まれてる人達の入れるレストランでピアノの生演奏をする仕事にありつきますが、稼いだお金は右から左に毎日の食費に消えていくんですね……
血気盛んな弟は、ナチスドイツに擦り寄る寄生虫なユダヤ人がのらくら飲み食いするレストランでピアニストとして働く主人公を非難したり、反発する描写があるんですが、どちらの立場も分かるから複雑な気分になり(*'へ'*) ンーとなりまする
   ある日、ゲットーに押し込められたユダヤ人たちに数回目の強制的に移動させる命令がナチスドイツから発令され、主人公の家族も移動するための貨物列車を待っていました
 貨物列車にいざ乗ろうとした時に、たまたま主人公の知人で、ナチスドイツの手先になっている人が、主人公を列から引っ張り出して、主人公は家族と離れ離れになってしまいます(´・ω・`)
  実は、家族やその他の人達が乗せられた貨物列車というのは、ユダヤ人を絶滅させるための強制収容所行きの地獄ゆきの列車だったんですね……(´;ω;`)
 家族と離れ離れになり、独りぼっちな上に、ピアニストとして働けない時代だし、主人公は周りのユダヤ人たちの手助けで、肉体労働をはじめますが、ピアニスト上がりの主人公はヘマしてばかりだし、体力もないから、あまり体力を使わない部署にまわされますが、あまりに辛い毎日に友人の手助けで、ゲットーの仕事場から脱出して、ポーランド人やドイツ人が住む娑婆にでます
  友人知人の支援で、匿われてましたが、ある日、隣人に気づかれてしまい、隠れ住んでいた部屋から逃げ出して、緊急時用に渡されてたメモを頼りに、あるおうちを訪ねて、また隠れ住むのです
  連合軍とナチスドイツの交戦で、隠れ住んでる部屋のある地域も危険な状態になりますが、主人公が隠れ住む部屋は、支援者の友人知人が外から鍵を掛けてたので、逃げ出せない!というピンチになりますが、砲弾が部屋の壁に穴をあけて、そこからなんとか逃げ出していきます
  そんなこんなで、助かったけど、空腹を抱えて誰も居なくなった病院で、食べ物を求めて家探ししてると、ある缶詰めを見つけて、なんとかそのへんの物で開けようと奮闘してますと、ナチスドイツの将校が彼を見つけます
  彼の職業を聞いて、ピアノを弾かせたドイツ人将校は、主人公に食べ物を与えたりしますが、戦局の悪化からその地域から撤退することになり、また隠れている主人公にしばらく隠れ住むことの出来るように主人公が後生大事に抱えていた缶詰めを開けるための缶切りと一緒に食料を差し入れにきて自分のコートを着せて、別れを告げます(´・ω・`)
    ドタバタがあったものの、主人公は無事に終戦を迎えて、国内が平和になり落ち着くと、ピアニストとしてオーケストラと共演したりするのでした……
  一方、主人公に食料を差し入れしたり、コートを着せたりしていたドイツ人将校は、強制収容所から開放された主人公のことを知る人物に、助命してくれるように言伝を頼むんですが、主人公に将校は名乗ってませんでしたし、主人公を知る人物にもソ連の兵士にさえぎられて名乗れず、のちにソ連軍によるナチスドイツ軍の収容所で亡くなったとテロップが流れます(´;ω;`)
   ネタバレしましたが、主人公に親切だったドイツ人将校は実際には、普段から虐げられているポーランド人などを危険を冒して色々と助けたりする人物で人々から尊敬されており、ソ連軍の収容所に入れられた際にも、彼の身柄を開放して欲しいと人々から嘆願されていたそうで、映画みたいに助命を主人公に求めてはいないみたいですね……(*'へ'*) ンー 
生きるために敵にへつらい、 同胞を取り締まる生き方を選ぶ人とか、差別されるユダヤ人を支援する人、ただ痛めつけられるだけではなくて、ゲットーで武装蜂起する人、戦局が悪化してるのに、絶滅させる計画があるユダヤ人に食料など差し入れする敵の人と色々な人間の良い面や邪悪な面が描かれていて、考えさせられましたね……(´・ω・`)
   あと、贅沢はできないけど、家族で軽口めいたユダヤジョーク飛ばしながら、和やかに暮らす様子がすごくなごみました
   
  さて、髪の毛カットする前に、セミロングの長さの髪の毛でしたので百円ショップのセリアさんで見つけたヘアアレンジをするアクセサリーを買って試してみたんですが、私の髪の毛がやや太くてしっかりした剛毛だからか、前髪用のアクセサリーは思うように使えず、お団子作るアクセサリーは、イマイチ、髪の毛の長さなどが足りずで、お団子作れないし、前髪を盛るアクセサリーもよく使えなくて凹みました(´;ω;`)
  品物に原因があるとかいうわけではなくて、私の髪質や長さに加えて、手先が不器用だか上手く使えなかったと思います(´・ω・`)
  ただ、画像の1番最後のヘアクリップは、サビが浮いてるし、接着剤の跡がはみ出しまくりなどひどい造形で、商品の品質が昔と比べ物にならないくらい向上した百円ショップの商品なのに、久々にアカン感じのものに遭遇して驚きましたね(;^ω^)
   あんまりあれこれ悪く言うのを避ける私なんですが、このヘアクリップは本当にひどいなぁ~と思いました(´・ω・`)

旅の小さなヒント☆

百円ショップのセリアさんで見つけた化粧品の小分けセット(スパチュラとスポイト付き)
ビジネスホテルに滞在する際に詰め替えたところ(ボトルの1つは食器洗剤、もう一つは洗顔フォーム)
同じくセリアさんで見つけたコンタクトレンズのケース(BBクリームや皮膚科のローションを入れて使いました)
外せないドイツの入浴剤メーカークナイプのバスザルツシリーズ
ダイソーさんの旅行用コンタクトレンズの保存液とケース
一泊二日分の使い切り基礎化粧品セット
筋肉のこわばりや肩こり腰痛を精油でほぐすお気に入りのクナイプのバスザルツ
百円くらいで買える使い切りの顔用パック(ビタミンのマスクが皮脂のテカリを鈍らせてくれたりしてお気に入り)

どうもです( ゚∀゚)
この一週間ほど、かなり体調弱ってまして、友達からの連絡に返信できなかったりしましたが、なんとかヨチヨチヨロヨロと歩くように連絡返していたりします(;´∀`)
映画「グッバイ レーニン!」を観ました(*´ω`*)
東西ドイツがまだ存在していた頃、社会主義の東ドイツのある家庭では、医師の父親は、家を出て西ドイツの女性の元に走りっていってしまいます(´・ω・`)
   2人の子供を抱えて東ドイツに残された奥さんは、一時期、ショックで心を病み入院したりしますが、回復してからは、熱心な社会主義者として、ピオネールに所属する子供の世話や様々な人の陳情書を書く手助けしたりする社会奉仕に身を捧げます
  月日は流れ、子供達は大人になります    
 ある日、お母さんは、長年の功績から政府の建国40年の式典に招待されて会場に向かう途中で、息子が政府を非難する平和的なデモに参加していて警察に暴力的に連行されているのを見てしまい、心臓発作で倒れてしまいます(´・ω・`)
  周りにデモ隊を警棒でボコボコにしながら捕まえて連れていくとか、道路を塞ぐために並んでる軍隊は居ますが、倒れたお母さんをたすけようとする人が現れず、救命処置が遅くて、以来、長くお母さんは昏睡状態に陥りますが、ある日奇跡的に覚醒します!
 しかし、お母さんが昏睡状態になっている間に、東ドイツをめぐる社会情勢や市民の暮らしぶりは大きく変化を迎えてだし、ベルリンの壁が崩壊して、東西ドイツの融合となります
 お母さんの記憶障害があったりする上に、心臓の状態は意識が回復したものの悪いままなんで、医師から一ヶ月くらいしか身体がもたないことやショックを受けるとまた心臓発作を起こす恐れがあると告げられ、青年はお母さんが昏睡状態だった間に起きた大きすぎる社会変化が、お母さんの精神や肉体的なショックで命に関わる!と、ベルリンの壁の崩壊や東西ドイツの融合は無かった、東ドイツのままだと、お母さんに思い込ませるために、青年は、お母さんの前に居る間は、リサイクルショップで買ってきた東ドイツ時代のレトロで大人しいデザインの服を着たり、自宅に帰ってきた寝たきり生活のお母さんのための小部屋を昔の東ドイツ風に古道具屋さんなどで家具やら雑貨やらを揃えたり、映画監督を夢見る職場の相棒が東ドイツ時代の番組のテープを取り寄せてダビングや編集したり、相棒が変装して番組のレポーターやアナウンサーになり、嘘の東ドイツニュースをビデオ作成してお母さんに見せたり、製造中止になった東ドイツ時代の食べ物に似たものを昔の瓶やラベルを使い、偽装したりします(;´∀`)
  イマイチ協力を渋るお姉さんやお母さんが入院していた病院に勤務するロシアから来た看護婦さん(青年の恋人になります)東西ドイツの融合から青年が就職した新しい職場で出会った映画監督を夢見る青年の相棒、お母さんの古い友達や元同僚たちに頼み込んで、まだ東ドイツのままだと本当に細やかに様々な工夫を凝らして、奮闘するんですが……(´;ω;`)ウゥゥ
  時間の流れを誰にもせき止められないように、時代の変化の流れが青年たちの奮闘もむなしく、お母さんの病室として使っている自宅の小部屋にも流れ込みだします
 後半、お母さんの薄れていた記憶が蘇り、驚きの事実が語られます!
実は、お父さんは家族を捨てて西ドイツに居る女性の元に走ったとお母さんから言い聞かせられてた青年とお姉さんですが、実はお父さんは家族で西ドイツに移住して暮らすために先に東ドイツから脱出して、ながくお母さんと子供たちがやって来るのを待っていたり、手紙を出してきてたんですが、東ドイツから合法的に出国するためにビザを申請しても何年もかかるなどから、お母さんは出国を諦めてしまい、子供達にお父さんが家出したと言ってたんですね(´・ω・`)
   色々あって、いつも東ドイツ時代のニュースとかのビデオを編集したりしてくれる映画監督を夢見る相棒に頼んで、お母さんがショックを受けすぎない感じにソフトにわかりやすく編集したニュース映像などを繋げたりして、お母さんが昏睡状態だった間に起こった変化を作って貰い、親子で観るのでした……
  家庭内の家族間の心の壁や、東ドイツと西ドイツの人の心の壁が取り払われて行く描写も丁寧に、そしてユーモラスに描かれていて素敵な作品でした(*´ω`*)
  
    さて、心身の休養を求めてビジネスホテルに月1くらいのペースで1泊してるんですが、必ず旅行カバン代わりのマザーバッグに画像にあるチマチマしたグッズを入れていってますよ~(*´ω`*)
  皮膚科のローションを塗ったり、BBクリームを化粧下地にして、その上にリキッドファンデ使うかパウダリーファンデを使ってますが、皮膚科のローションや化粧品のボトルやらケースごと入れて行くのは荷物になりますので、百円ショップの旅行用の化粧品詰め替えセットやコンタクトレンズのケースにちょっと入れて持っていってます(*´▽`*)
  人によると、耳掃除の綿棒に旅行中に使う分のアイシャドーをつけて、小分け袋に入れて旅行に持っていくテクニックを使うとかΣ(;´Д`)
  入浴剤は必ず持って行くんですが、ドイツのクナイプのバスザルツを愛用してまして、時にお気に入りなのは、ワコルダー&ウィンターグリーンの筋肉をほぐすハーブの精油が入ったのが好きですね(*´ω`*)
薬とはまた違うのですが、腰痛や背中でヨタヨタしながらビジネスホテルに滞在しまして、その時に使いましたらなんだか痛みがちょっとやわらいだから、( ³ω³)ファッ!となりましたね(;´∀`)
宿泊した晩と朝風呂用に2包持っていってますよ
  あと、使い切りの基礎化粧品やコンタクトレンズのケアセットも重宝します!  
  あと、寝る前と翌日シャワーして身繕いする時用にする一枚ずつ使い切りタイプの顔用パックも大事です(`・ω・´)キリッ
あと、画像を撮り忘れたんですが、外せないものの1つが、使い慣れたシャンプー&コンディショナーの使い切りセットですね
私はホテルに備え付けのリンスインシャンプーとか使うと、猛烈に頭がかゆくなるんです(´;ω;`)
  あと、頭皮には合うけど香りが(´;ω;`)ウッ…となるものもありますから弱ります(´・ε・`)
  それと、切手と滞在先で買った絵葉書やレターセットで家族や友達に手紙を書くのもオススメです(o´罒`o)
  近年は、リーズナブルなビジネスホテルにはホテルの名前が印刷レターセットされたが余り置かれないらしいので、手紙魔の私は文具や切手をアドレス欄のあるスケジュール帳に挟み込んでますよ(*´艸`*)
 
 ーとベタな話しか書いてませんが、もし、旅行の荷造りのコツや持っていくと捗るグッズがありましたら、教えてください(*´ω`*)

ダイソーの鍵付き貯金箱☆

百円ショップのダイソーさんの鍵付き貯金箱
別のデザイン
   
どうもです(´;ω;`)
先日、よくLINE電話する仲の友達と色々話してまして、アラフォーの私はこれからの身の振り方をどうするかとか、タイミングが心が弱っているところに不安の余りに途中で(´;ω;`)ウゥゥと泣き出してしまいまして、友達に迷惑かけてしまい、情けなかったです(´・ω・`)
 その翌日、昨日のことは何も無かったみたいに残業して帰宅途中の友達から電話が掛かってきて、なんだかε-(´∀`*)ホッとしましたね(;^ω^)
 
  さて、少し前に遠出した際に百円ショップのダイソーさんにて、鍵付きの貯金箱買いました(;´∀`)
  銀行からお金をおろして、ビニール製の透明な小袋に食費やら雑費と小分けにして、数ヶ月に1回の通院の皮膚科のお金とか月末に必要になるカテゴリーのお金などすぐ使わない分はこの貯金箱にしまっています(;^ω^)